ヨソ様の最新記事一覧はこちらでどうぞ(´・ω・`)

なんたらかんたらを見て2ちゃんねるに行きたくなった方はこちらをどうぞ

2008年01月04日

やる夫で史記を学ぶ【重耳伝】 前編

http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1199120360/

【司馬遷伝】  【管仲伝】  【驪姫伝】  【重耳伝(前編)】 ←いまココ  【重耳伝(後編)】
【范雎伝(前編)】  【范雎伝(中編)】  【范雎伝(後編1)】  【范雎伝(後編2)】

1 :1:2008/01/01(火) 01:59:20.71 ID:lyD0bg0y0
あけましておめでとうございます。
第4話投下します。
まとめて下さったブログは以下です。

なんたらかんたら様
http://nantara.seesaa.net/article/75176731.html

ベア速様
http://vipvipblogblog.blog119.fc2.com/blog-entry-122.html

3 :1:2008/01/01(火) 02:00:01.45 ID:lyD0bg0y0
【漂白の覇者:重耳】
晋の献公の時代、側室の驪姫は献公の寵愛を嵩に自分の子を世継ぎじしようと策謀し
太子申生を自害に追い込み、重耳、夷吾、二人の公子の命も狙った。(第三話)
そのため重耳は母の国へ、夷吾は魏へ亡命する。

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \      <カーチャンの国に世話になるおwwww
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


4 :1:2008/01/01(火) 02:00:56.75 ID:lyD0bg0y0
この重耳には5人の有能な部下がいた。
中でも叔父の趙衰(ちょうし)は特に有能だった。

              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \
       l⌒ヽ (●)(● )    .|  常識的に考えて・・・
        ヽ、 \(__人__)     |
     //   \ (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ヽ {         |           ヽ\__
     | l l|,, ___,{        /           \__)_
      ゝ____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )
                 ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄

              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \
       l⌒ヽ (>)(< )    .|  常識的に考えて・・・
        ヽ、 \(__人__)     |
     //   \ (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ヽ {         |           ヽ\__
     | l l|,, ___,{        /           \__)_
      ゝ____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )
                 ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄

       ____
     /ノ   ヽ、_\     <どこが有能なんだよ!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


6 :1:2008/01/01(火) 02:02:15.90 ID:lyD0bg0y0
母の国の君主は喜んで重耳一行を迎えた。

    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,
    /_____  ヽ
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |
   |  ・|・  |─ |___/    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |` - c`─ ′  6 l   <  いつ出てくの?
.   ヽ (____  ,-′   \________
     ヽ ___ /ヽ
     / |/\/ l ^ヽ
     | |      |  |


7 :1:2008/01/01(火) 02:03:15.27 ID:lyD0bg0y0
それから間もなく母の国の君主は、咎如(こうじょ)を攻め二人の公女を手に入れる。

   ______.  ,.. --──-- .._  _.. -──‐-、
   i'::::::::::::::::::::::::::>'          `<::::::::::::::::::::::::/
.   ! :::::::::::::::::::::/              `、:::::::::::::::::/
   丶:::::::::::::::::/        ,.__     丶:::::::::::/
    `、:::::::::::/     ,.r '"´  ```ヽ、  `、:::::/
      丶::: /    /:  〃" `ヽ、:::、::ヽ.  V
      V  ,.,..'::'::/ ハ/      \:l::!,::ヽ. `、
       ,' /,'::/;ィ'  ●    ● リリ !:l/ /
      .{ {  l:::i'_{ ,,⊂⊃、_,、_, ⊂⊃_.l:|/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        `ヾニl:::ト->‐─--.._,.-‐-‐`\l:l   < お世話しますお♪
       ___  !::l/::::::::::::::::::::|:::::::::::::::,.-iリ      \_____________
.     ,'´::::`i ヽiT ‐、_, -‐-.!、_,.-‐'´   }
.      ! ::::::: {  `ゝ_   _     _  _/
     `、::::::::`、   ,.' ̄       ̄ ヽ、
      `、 :::::::ヽ/    -‐_"./    \
         ゝ.::/             _       ヽ、_
         ,r'"    _.. ‐、, '´)_,..( `i'´ヽ、_.-‐'
         `ー---∠._:::::::`ー'::::::::::`":;;;..-‐'


8 :1:2008/01/01(火) 02:05:24.59 ID:lyD0bg0y0
姉を重耳に、妹を趙衰に娶わせた。

                ........                  , -───-= 、
             :, :<´ ̄ ̄ ̄ : >^\:.._         /         \
        ...:/: : : : : : : : : : /: : : : : `ー' : i-、.    /                 \
       :f´ ̄ ̄ ̄:}'⌒ : : : : : /: : : : : : : : : : : :│:ヘ__  /               ヽ
      :|: : : : : : : :| : : : : : : / : : : : : : : : : : /: : : l: : :', ヽ/                 ヽ
      :|: : : : : : : :| : : : : : /: : : : : : : : : / / : : : :} : : :l: :ヘ                    丶   いただきま〜す
      :| i: : : : : : :|ー―: :/: : : :/ : : : : / /{: : : : .′ : | : : :.   、                l
      :| |: : : : : : :lミヽ、/: : : :/ : : : :./ / }: : : /: : : :.| : : ハ._ノ'′  `、            |     
      :| |: : : : |: : | : ∨: : : :/ : : :/j:/  i : : ∧ : : : | : : : i● )    "ー--      /
      :| |: : : : |: : | : .′: : /: : /,x≦{  | : / │ : : :| : : j |       (● )     /
        :j: }: : : : l: : |r┤: : :/ : : ,イ{_ノ::}   | /心イ : : :.l : :∧|  j   /////     /
     .:/:八: : : :h: :| r{: : :/: :/〈{ { : W   j/ん/:} : : : l/ }}-‐'"ヽ.    )     /
     :/: ′ヘ : : |ヘ |ヽ|: :/:W }  ゞ-'    ム/: :|: : / ヘ j ` ー-`ー-一'′    /、
         :\:{ ヾ、W{: : : :|    __   }: : j/ |.:.:.:.:ヘ ヾ              /ノ.:.\
            _>ー―f^:ヘ : : :| 、  _ ,   イ | : :/}: }.:.:.:.:.:iヘ             ,//.:.:.:.:.:.:.\
        ,イノ⌒\ `  ヽ、:{    l>、 }: /j/ ,j/.:.:.:.:.:.:|  `ー-= -      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\


9 :1:2008/01/01(火) 02:07:53.97 ID:lyD0bg0y0
そして5年の歳月が流れた。

\  \\        _        // / /
<            , -=ミ;彡⌒`丶、          >
<            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶        >
<         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       >
<         l::::::rィノツノtゝミン、ノノン、:::::::l       >
<         !:::::: '"^'"`~`  ヾ( l::::::ノ       >
<         ',::::j ==ュ  r== 〈::::::j        >
<         fヾ}, ィ赱、 i i r赱ミ  l:イ        >
<         lと',  `"" ,l l `""  ,リぅ!        >
<         ヽ-ヘ  ,ィ''。_。ヽ、  /_ン'        >
<            ', / _lj_ }  ,'          >
<            l、 ^' ='= '^ /!          >
<            l ヽ. `""´ ノ l、          >
<          _, ィ{  `' ― '´  }ヽ、        >
  / /                   \\ \ \
     ___
   / ー\ 
 /ノ  (@)\ 
.| (@)   ⌒)\ 
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト,  
 \   |_/  / ////゙l゙l;  
   \     _ノ   l   .i .! |   
   /´     `\ │   | .|  
    |       | {   .ノ.ノ   
    |       |../   / .


10 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:09:24.91 ID:hDdKcfnqO
やらない夫wwww

11 :1:2008/01/01(火) 02:10:20.52 ID:lyD0bg0y0
重耳には二人の子供が産まれ、平穏な生活を楽しんでいた。

      _ i'i,,,/7-、,_
     ヾ、゙ヽ ゙' '/彡
     =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、   <トーチャン・・・体が・・・体が熱いよ〜
   ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l,
  ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_
  '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ
  l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙
  Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ
  .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,
  r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ
  ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉
  r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_
  .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ
              ゙ー゙´


       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  <で?
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ


12 :1:2008/01/01(火) 02:12:21.84 ID:lyD0bg0y0
ちょうどその頃、晋の里克大夫の使者が書簡を持ってくる。

 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j        <書簡を持ってきました・・・
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /
  ≡≡    ,イ
.       / !
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.

         ____
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  <え・・・あ・・・うん。ありがとう・・・
     \:::::::::   |r┬-|  / 
    ノ::::::::::::  `ー'´   \


13 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:13:12.98 ID:hDdKcfnqO
ちょwwww

14 :1:2008/01/01(火) 02:14:15.45 ID:lyD0bg0y0
そこには父、献公の死と驪姫が暗殺されたことが記してあった。

         / ̄ ̄\  なんかあったのか?
       /   _ノ  ヽ 
.      |    ( ●)(●)
       |     (__人__)
.      |       ` ⌒´ノ               /  ̄ ̄ ̄\   トーチャンとメス豚が死んだお
      |        }                /   ー   ー \  ほっとけばいいお
      ヽ       }              /   (●)  (●)ヽ ___________
    /⌒ヽ、     ノ               |   ⌒(__人__)⌒| | |               |
__/   ノ \_ィ ´  ∫               \    `⌒´ / | |               |
| |  /   /    }     ∬              /⌒)   ー‐  ⌒ヽ| |               |
| | /   /      |i    ┌‐┐           / _/       |ヽ  | |               |
| | ( 〆⌒ ──r─≒、 .| =|            (__ ̄'⌒イ^イ^)´),Y´Y|_|__________.|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   __,| |  |_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


15 :1:2008/01/01(火) 02:15:45.11 ID:lyD0bg0y0
さらに帰国し即位するよう記されていた。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  シシシシシシシシッ
  |    /| | | | |     |   やっと俺の時代がきたおwwww
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄


      ____
     /_ノ ' ヽ_\   
   /(≡)   (≡)\   <これでクソ不味い飯ともお別れだおwww
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

       ____
     /_ノ   ヽ_\ 
   /( >)  (<)\   <野郎ども!!さっさと帰って即位するおwwww
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


16 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:16:55.98 ID:hDdKcfnqO
糞まずい飯wwwwwww

17 :1:2008/01/01(火) 02:17:55.55 ID:lyD0bg0y0
しかし叔父の趙衰が待ったをかける。

      / ̄ ̄\   馬鹿か!お前みたいなアホ誰が即位させんねん!偽りに決まってんだろ!!
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)     常識的に考えて・・・・・・。
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/.. >>@ | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J


18 :1:2008/01/01(火) 02:20:19.95 ID:lyD0bg0y0
しかた無しにこの申し入れを断る。

               _______
    :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
  :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :
    | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :  趙衰・・・断ってきたお
 | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/
 | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
 | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
 ヽ__)_/ :  /            \   ハァハァ....


20 :1:2008/01/01(火) 02:22:28.50 ID:lyD0bg0y0
一方晋では、重耳が帰国しないため弟の夷吾に書簡をしたためることになる。

.             _  .. -──- ..  _
            | | | | |  l | | | |   |
            | | | | |  l | | | |   |
            | | | | |  l | | | |   |
            | | | | |  l | | | |   |
            | | | | i==i | | | |   |
            | |_j L〈{互}〉LLLL_  |
            {}{-─────-}{}{}{}i}
            ィi ___     __,,... ミミi;リ、
           / ll´ rtァミ、 ,rヒrァュ‐ }ii:|;ミュ、   <夷吾様に書簡をしたためましょう。
          ,;'/;:;! | `´ / ;  `´   |i:ハミミi
        //;:ijハ .   .__,_ )     |i!リハ}ハ
           //;:j/;::ハ  ,,rj''ik;;:;,、   iリ'}}i:;:}!;:|
       ノ;:';:ji'/;::;:ハ,;' ´三 ` ヾ;,..イi};:iリi;}i;:}|
.     /;:ji;;j'/;:// {ハ{!\ ji! ,.; ,i! |il;:};:,ソイ;:|
     /;jソ''///::::::::|\ j;i{;i´  l! |ハ;:j}' ij;:i|
      /;::/ ''"  |::::::::::|  \ ハ   | }:::}` j;;j}
   _,,.-''     |::::::::::|   / 、|   | |::::ハ  ` .
- ´   ;:.     |::::::::::|  /  |\  } |::::}ハ    `


21 :1:2008/01/01(火) 02:26:11.92 ID:lyD0bg0y0
書簡は夷吾の元に届けられる。

       ./\___/ヽ
      /;:''''\ '''' /.\
 ミ ミ ミ |::::::(●)  ,、(●).|      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //   ブサイクな顔して何言ってんだぷーwwwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

       /\__/ヽ  
 .    /;:''''/ '''' \\ 
..     |::::::(●)  ,、(●)| 
    /    (__人__)  \    
    |      ` ⌒´    .|    さっさと帰って即位すんぞ
    \     ∩ノ ⊃  /   
    (  \ / _ノ |  |    
    .\ “  /__|  |  
     . \ /___ /


22 :1:2008/01/01(火) 02:27:10.68 ID:lyD0bg0y0
しかし腹心が待ったをかける。

               >   ̄ ̄  <__
              /     O    ´  )
           /        _   `ヽ 、   <待ちなさい。国内にも公子はたくさんいますし
.          /        //  、__ノヽヽ      外には兄、重耳がいるのに
         l         |.|       | .l___  それを差し置いて夷吾様にと言うのも変ですぞ。
         l        ____ノノ      `┬‐'
         /        ー‐ '         lヽヽ
       ∧  / /  ヽ )      /\  レ' ノ
       /::::∨ ヽ_、____ノ´.、    /:::::::::.、 |'´
        /:::/  〈:::::::::::::::::::〉  〈:::::::::::::::〉!
.      //    .\::::::::/    \:::::::/ .|
.    /         ` ´         ` ´ ヽ
    l                       )
     ー 、___、    __    - 、     , -‐-‐'
        `ー‐ ´ `ー´    ̄ ̄


23 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:27:57.38 ID:hDdKcfnqO
誰だよコイツwwwwwwww

24 :1:2008/01/01(火) 02:29:40.82 ID:lyD0bg0y0
だが夷吾は聞かない。

         /\__/ヽ    
     .   /;:''''/ '''' \\ 
   ..     |::::::(●)  ,、(●)|   
       /    (__人__)  \ 
       |      トエエエイ    |        バーカwww兄上は帰国を断ったんだよwwww
       \    |r┬-|   /   
         |  .  `ー'´ ./             今が絶好の機会だろーがwww
      _/        ./
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


25 :1:2008/01/01(火) 02:30:52.76 ID:lyD0bg0y0

               , ‐ 、,.- 、
             /    ヽ ヽ
                / _     |.  l
    _   _   l. |  ヽ     |    <では万全の備えをするため、秦の穆公に援助を取り付けましょう。
  /:::::::::ヽ´::::ヽ  |. |  ┃!    {     夷吾様が即位したら何か見返りをすることを条件にしてですが・・・
.  !::::::::::::::::j::::::::::|  l `ー‐'     ヽ
  |::::::::::ー 'ヽ.ー.\ \ヽー‐_、   _ノ
.  i::::::::::::::::::::::\:::::.ヽ/./:.く.、  ̄
  !::::::::::::::::::::::::::ヽ/,ィ/:.:.:.:.ヽヽ
   \::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ!|:.:.:.:.:.:.V
    ヽ:::::::::::::::::::::_::>. 〉:.:.:.:.:.:.:|、
      丶::::::::::::{_,___/ヽ:.:.:.:.:.ノノ
          ` ー‐‐‐-ゝ .rニ, |
                l |   }. l
               / |   ! `ー-‐ 、
           ノ  ヽ ヽ._ ⌒)_)'
          (__(_)__)    ̄


27 :1:2008/01/01(火) 02:33:13.24 ID:lyD0bg0y0
夷吾は秦の穆公だけでなく、国内の方にも手を打つため里克大夫に恩賞を出すことを決める。

       /\__/ヽ
      /      :::::::\
     |          .:::|
    / / ''''   \''、::::\       <よし穆公には河西の8つ都市を献上。
    |  (●),  、(●)   |        里克には領土を授けよう。
    \    (__人__)   /
     |    ` ⌒´    |
   _/_______i |_ 
.. /  ヽ,,⌒)      (,,ノ   \


26 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:32:49.69 ID:hDdKcfnqO
これ見てるの俺しかいねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

29 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:33:45.04 ID:X322/0OF0
俺も居るよ
じゅーじは微妙に人気があるよな

32 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:36:06.60 ID:hDdKcfnqO
>>29
じゅーじって読むのか!
ずっとちょーじって読んでたwwwwww

35 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:39:23.97 ID:6KfGQMRjO
>>32
ちょーじで合ってるwww

31 :名無しのF:2008/01/01(火) 02:34:50.82 ID:RwEg520dO
読めない漢字が多くて俺涙目www

40 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:43:13.77 ID:X322/0OF0
ずっとじゅーじって読んでだぜ・・・ハズカシス
まぁ口に出さない品

41 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:44:59.02 ID:hDdKcfnqO
>>40
確かに口にだす機会ないよな…

30 :1:2008/01/01(火) 02:34:47.53 ID:lyD0bg0y0
そして夷吾の使者は秦に向かい援助の申し入れをする。
穆公はそれを受け入れた。

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           / /" `ヽ ヽ  \
       //, '/     ヽハ  、 ヽ
       〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
       レ!小l( ●) (●)从 |、i|  <いいお!援助するお!
        レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   ,,,   
          ヽ、  ゝ._)   j /  /⌒_)    
          ヘ,、 __, イ   ノ  ノ 
     __._ /、.    ⌒´ 、`   /
   (⌒               |_,,,ノ
    ""''''''ヽ_         |
         |           |
         |         |
         i      ̄\ ./
         \_     |/
          _ノ \___)


33 :1:2008/01/01(火) 02:37:09.76 ID:lyD0bg0y0
こうして夷吾は晋に帰国し即位、恵公(けいこう)と名乗った。

 _____________________ 
 |                              | 
 |                              | 
 |           恵  公  !       |
 |                              | 
 |                              | 
 |________________________|
 ||  ||  ||  ||  || /||\||___|/`||  ||  ||  ||  ||
 ||  ||  ||  ||  ||;:'''|| ''||~~||\||  ||  ||  ||  ||
 ||  ||  ||  ||  |||:::(||) || ,||○||\ ||  ||  ||  ||
 ||  ||  ||  ||/ ||  || (_||人||_)||  ||  ||  ||  ||
 ||  ||  ||  |||  ||  ||  |⌒||  ||  _||  ||  ||  ||
 ||  ||  ||  ||   ||  ||  || ||  ||/ ||  ||  ||  ||     
 ||  ||  ||  ||  ||/;.;|| ヽ || ||ヽ ||   ||   ||  ||  ||    
 ||  ||  ||  ||  ||l;.;.;||;.;.| || || `i||  ||  ||  ||  ||
 ||  ||  || く||ヽ'!.||.;.;.;||  || ||!:! ||  ||  ||  ||  ||
 ||  ||  ||  ||ヽ'!||.;.;.|||  ||「||||L ||   ||  ||  ||  ||
 ||  ||  ||  || L||;:;:;|||  || ||  ||   ||  ||  ||  ||
 ||  ||  ||  ||  || !;::||;_||ノ ||  || ||  ||  ||  ||
 ||  ||  ||  ||  ||  ||入ノ|| ||   ||  ||  ||  ||  ||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


34 :1:2008/01/01(火) 02:39:10.75 ID:lyD0bg0y0
だが兄を差し置いての即位である。
恵公は一抹の不安を感じていた。

      /\\\
     /// \\\
  〃( (`⌒) =|==\
 彡ゞ'(て@ ) ). =|== |
 彡弋 八_ フノ ノ=|==/
 .川川||/;:''''/ '''' \\ 
.. 川川||::::::(○)  ,、(○)|  恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い
  川川|    \__/ .\
 川川  u    \/    |
.    \_______/ 


36 :1:2008/01/01(火) 02:40:58.48 ID:lyD0bg0y0
恵公は国内の地盤強化のため重耳派とみられる重臣の粛清をする。

               r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、                      /\__/ヽ  
────────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐    .   /;:''''/ '''' \\ 
| ー───────ヽ_,ノ||  ||_...._||_...._| ─────── |   ..     |::::::(●)  ,、(●)| 
| DEATH NOTE .   ヽ_,.ノ||.-‐.ヽ_,.ノ            |       /    (__人__)  \
| ──────────. : `ー'` ──────── .|       |      トエエエイ    |  俺が浄化するぷー
|  里克大夫         :   マスオ            |       \    |r┬-|   / 
| ──────────‐ :. ──────────‐ .|--r'⌒! ̄ `":::7ヽ.  `ー'´ ./  バン
|  丕鄭          :                 .|   ヽ | :::::::::::::ト、 \    ./ヽ   バン
| ──────────‐ :. ──────────‐ .|    .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、


38 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:42:36.88 ID:hDdKcfnqO
一人いらないやつが書かれてるwwwww

39 :1:2008/01/01(火) 02:42:57.30 ID:lyD0bg0y0
里克、丕鄭は死亡。丕鄭の子、丕豹は秦に亡命し敵討ちの機会を狙った。

      (⌒⌒⌒)
      |||
     _____
   /::::::::::::::::::::::::::\ 〜
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 〜
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_| 〜
  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ 〜
  |::( 6∪ ー─◎─◎ ) 〜
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴) 〜
  | ∪< ∵∵   3 ∵> ムッキー !! 恵公覚えとけよクソが!!
  \        ⌒ ノ______
    \_____/ |   | ̄ ̄\ \
___/      \   |   |    | ̄ ̄|
|:::::::/  \___   \|   |    |__|
|:::::::| \____|⊃⊂|__|__/ /
|:::::/        | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕


42 :1:2008/01/01(火) 02:45:36.69 ID:lyD0bg0y0
そればかりか、恵公は河西の8つ都市を秦に献上するという約束も無視せていた。

.       , - '' "´ ̄    ;;  ``ー-、_
       i        , -;‐;-、      i
       ',      ,i;';';';';';';';'i、_   /
        ヽ, -''"´ ̄ ヽ;';';';';';'ノ  ̄、_/
         {  ___=ニ≡≡ニ=_   }
         jr ' 二 ニニ===ニニ二ヾ、j
        (_r<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;> 
..          |::::::(●)  ,、(●)|    <え?8つ都市の献上?
         /    (__人__)  \        ・・・。あれ釣り。
         |      ` ⌒´    |
         \          /
       _ .|:::::`ー-、_`_二_´,..-'´|
    __ノ彡ノー|:::ミ:::::::::::::::::|||::::::::::彡:|くミヾ、
--−'´⌒_,-":::::::ヽ_:::::::三::::::|||::::::三:::::j:::ヽ、_⌒ヽ、
, -‐'i"::´::::::::::::::::::::::::`:::ー::::-:::!!!:::-:::‐:´::::::::::::ヽ、_⌒ヽ⌒ヽ、_
:::::::::::';:::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○::ー、_   `ヽ
:::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、__ノ
:::::::::::::::';:::::○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_:_:_::_:_:_:_:::::::○::::::i::::\
::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  ||   |::::::::::::::::;':::::::::ヽ
::::::::::::::::ハ:::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、__j:ヾ、__j::::::○:::::l::::::::::::::',
:::::::::::::::i:::::';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r"゙ヽ::r"゙ヽ::::::::::::::|::::::::::::::::i
::::::::::::::i::::::::';::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__ノ::l_ _|::::○:::::!:::::::::::::::::'


43 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:48:17.23 ID:hDdKcfnqO
釣りかよwwwwww

44 :1:2008/01/01(火) 02:48:31.65 ID:lyD0bg0y0
恵公の3年、晋は大旱魃に襲われた。
恵公は秦に食料援助を求める。

       /\__/ヽ
 .    /;:''''/ '''' \\
..     |::::::(●)  ,、(●)| +  
    /    (__人__)  \     <食料送ってくれ!!
    |      ` ⌒´    |
    \            \
   /               ヽ
  /   ,   __r‐f2=ェ―‐f―――――i――――t====f~i=
r‐‐|    |'''ー´ ~~~~~~~~~~~~~~l^l^l^l^l ソ――――' ̄ ̄ ̄
l|  \    ̄ ̄ ̄ ̄⊃ー―'´ ̄`‐‐‐‐´
,l,,,,,...=`ー―‐、__三)    |\/
    |            |


45 :1:2008/01/01(火) 02:49:05.69 ID:lyD0bg0y0

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、y ⌒ヽ
             /    `ヽ ヽ  \  リ}
         //, '/ヾ´\ヽ ヽハ 、 ヽ  i|
         〃 {_{ .⌒  リi }i,リ| l │ i|   |
         レ!小lO○  ○O从 |、i|   i|
          レ⊂⊃ ┌-┐⊂⊃ |ノ   .r| ウェギャビィ・・・
             ヽ、   ._ノ   /{i|    .i|
            ヘ,、 __, イ  {ii、   リ
         γー/フ |ヽ  / .iー/フ.、小レリ
         {  / /    /  / /  .i


46 :1:2008/01/01(火) 02:50:17.82 ID:lyD0bg0y0
秦ではこの件について議論する。

              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
               / /" `ヽ ヽ  \
           //, '/     ヽハ   ヽ
           〃 {_{ ー_, 、ー, リ| l │ i| どうしたらいいお?送るべきかお・・・?
           レ!小l( ●) (●)从 |、i|
            レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   
               ヽ、  ゝ._)   j /
            (⌒\(mm ィ´ヽ
            |ヽ、 ノ゙  ノi⌒\|
            ソ /⌒ヽ人/⌒ヽノ
                (^|゙  '|=y  ゙|
             ヽソ,__|_,、,レ'__j


47 :1:2008/01/01(火) 02:51:19.29 ID:lyD0bg0y0

           (´⌒`´⌒`´⌒)
           |        |  
           |_______| _
         (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ     <恵公厚かましすぎ・・・
        (    )  l _ l   |)    送らなくていいだろう・・・常考・・・
        (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ
         `ー´   ___  ノ
          \  )\_/ (ノ
           \_____/


50 :1:2008/01/01(火) 02:53:45.54 ID:lyD0bg0y0

                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′
.           ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/  民は関係ない・・・送るべき・・・。
.            j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/    
              V: :lヽ、   _     /j/!/
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧
  _____    /! !::!: : : :! ̄  ̄ ̄/. : : : : :/://:!
  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧   /. : : : : :/://.:::l
.   ∨                ∧ /. : : : : :/://.::::::l


62 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:06:09.13 ID:QNzPPoR/0
>>50
長門=百里イ奚(ひゃくりけい)
秦の穆公(ぼくこう)を支えた名臣

64 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:07:36.43 ID:hDdKcfnqO
>>62
ほぅ、詳しいな!

52 :1:2008/01/01(火) 02:55:19.54 ID:lyD0bg0y0
秦は仕方なしに食料援助を飲んだ。

        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \    
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   んふーふふふ んふふんふ
     〃 {_{ ⌒  ⌒ ,リ| l │i|   食料だけでいいのかお?
      レ!小l( ●) (●)从 |、i|
      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   私はいらないかお?
  ,ー-、  ヽ、 丶_ノ   j /    
  ヾ-、,.i   ヘ,、 __, イ
  〈  ノ //´ Yヽ!    \
  |  i .レ'/    '´ ̄ ̄//丶
  l  .|.ヘ/    .,    //  ヽ
  | (  \  /_ , -ー´ゝ、   !
.  i  .ヽ  ノヾκ      i   !
  .|  .Υ´   ヽ     ,.イ   !
  |   ii      `ー‐'' /|   |


53 :1:2008/01/01(火) 02:56:00.29 ID:lyD0bg0y0

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


54 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 02:57:05.43 ID:hDdKcfnqO
やwwwwwwるwwwwww夫wwwww

55 :1:2008/01/01(火) 02:58:06.54 ID:lyD0bg0y0
それから2年。こんどは秦が大旱魃に見舞われる。
穆公は晋に食料援助を求める。

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    <食料援助たのむお・・・
         〃 {_{ _ノ   ¬_,リ| l │ i|
         レ!小l ゚⌒  ⌒゚ 从 |、i| 
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    
             ヽ、  ⌒´    j / 
            ヘ,、 __, イ 


56 :1:2008/01/01(火) 02:59:22.40 ID:lyD0bg0y0
晋ではこれを議論する。

       /\___/ヽ  
 .    /;:''''/ '''' \'''';\ 
..     |::::::(●)  ,、(●)::::::|   すぐに食料送ったほうがよくね?
    /    (__人__)    \
    |      ` ⌒´    .  |
    \     ∩ノ ⊃    /
    (  \ / _ノ   |  |
    .\ “  /___|  |
     . \ / ____ /


57 :1:2008/01/01(火) 03:00:53.88 ID:lyD0bg0y0

                               _  ‐、
                           _.  ´  /
              _  , -、_       /    /
       ( ̄  ー 、_ .l l:::::`ー! !  \   |    /
      \     \`' 、::::ヽ\.  > ‐´  ―´
          \    ノ.|\ ` 、 、ー、ー、  `ー
          `ー/,.‐´::::|ヽ、__.入 、`l |  ̄ 、`ー 、      <恵公様、それはなりません。
             | |:::::::::///  . .:\`!.| 、 _ノ   } .〉
           { ! i:::://:/  ......::::/| |, !    .┴ヽ.___
            `! }::| |::| \:::::::<。__| |:ヾ !         )
         _ .ノ /:::ヾ、:、ー'___ -::ヾ.!:| |   ` ┬-イ  ̄
         (__| |::::::::::!.|ヽ `ー‐ ´:::::〉´/ _   / r'
            ヽ`ー、:::| !::::` ー-‐ニ{ | ´ `ヽ./ .{
             rヽ !:`ー、 、::::::::// ).} _ .ノ/_/
                \_! !:::::ヽヽ 〈/ ン´   ヽ
              / ヽ`ー、::::::::| |   /- 、 \
              (_/  ヾ 、 /ヽ 、_/    `ー'


59 :1:2008/01/01(火) 03:03:34.94 ID:lyD0bg0y0

            _.  -―-- 、l   `ヽ
          /          \-、  l
.          〈    >   <  、l  |    <秦は今や侮りがたい国。
           V´   ヘへヘへ   l! /        いつか天下に号令するかもしれません。
             !.   |::::::::::::::::::!    /       叩くなら今です!
          |   ├-- 、::::/   !/
            !、 \ヽ __У  , '
        ,. -- 、 ヽ\ ヽ     /
     (::::(・)::::\. l. |. l   , '
        ` ー‐- 、::ヽ! |  |   /
         , ‐‐-' ー'  ム‐ 、
         v'⌒ー  __   ̄`ヽ
           ヽ.__ノ   ヽ _ノ


58 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:01:36.61 ID:hDdKcfnqO
つか、こいつの部下なんでポケモンなんだよwwww

60 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:04:37.95 ID:X322/0OF0
ブレーンがポケモンってある意味絶望的な人材不足だなwwww

61 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:06:04.00 ID:hDdKcfnqO
恵公おわってんだろwwwwwww

63 :1:2008/01/01(火) 03:06:18.96 ID:lyD0bg0y0
これは穆公と恵公の側近の器の違いである。

            _.  -―-- 、l   `ヽ
          /          \-、  l
.          〈    >   <  、l  |
           V´   ヘへヘへ   l! /     ソーナンスwwwwwwww
             !.   |::::::::::::::::::!    /
          |   ├-- 、::::/   !/
            !、 \ヽ __У  , '
        ,. -- 、 ヽ\ ヽ     /
     (::::(・)::::\. l. |. l   , '
        ` ー‐- 、::ヽ! |  |   /
         , ‐‐-' ー'  ム‐ 、
         v'⌒ー  __   ̄`ヽ
           ヽ.__ノ   ヽ _ノ

               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                    `ヘ:ゝ    .'    小/      ・・・。
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
              /  | l:l   l     l   l::l l


65 :1:2008/01/01(火) 03:08:29.24 ID:lyD0bg0y0
翌年、恵公は秦に攻めは行った。

                    バ カ に ご 注 意 !
   ┃     |
   ┃     |────
   ┃,、   ,.,,|  ̄ ̄ ̄    
    ノ ''ー''~ /|==== _       /\__/ヽ 
  ヽ´ ー,.ノv, ヽ二,,.. -ッ        /;:''''/ '''' \\
  ノ | _   ',    (´        |::::::(●)  ,、(●)|
  )   `´レ.  ヽ., (~       /    (__人__)  \
 /     \    ̄`~゙`''''~゙`'''' |      トエエエイ    |
 `ヽ   /^、(ヽ::゙フ    .     \    |r┬-|   / 
   )/∨  /~(             ヽ.  `ー'´ ./
 /..┃   /  /                   /、
   ┃  ゝ/   _,,         `~ヾ´   ,,.   ゙''丶
   ┃  (_,. -''~´   `゙''ー 、,,,_ _,,,.. _    `゙ヽ´ ~゙゙`ヽ  )
   ┃     |             `~゙'''ー.、. )     `´
   ┃     |                

66 :1:2008/01/01(火) 03:11:22.42 ID:lyD0bg0y0
秦は前に父を殺された丕鄭(ひてい)の子、丕豹(ひひょう)を大将とし
穆公自らも出陣した。

    / ̄ ̄ ̄ ̄\
    彡彡ノ((((^^)))))
    彡ミ ー○---○ |        <父の仇・・・討たせていただく!!
    ミ(6  .( 。。) |
    ミ (∴  (三)∴)
  / ̄  \,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ ̄\
  |__|           |_|
  .|  |            | |
  .|  |            | |
 (___)三三三[口]三三]_)
/(_)\::::::::::::::V:::::::::::/
|      |::::::::::::::|:::::::::::|
|._____|;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;|
      (___)、__)


67 :1:2008/01/01(火) 03:12:44.03 ID:lyD0bg0y0
晋軍と秦軍は韓原の地で激突した。
秦軍は最初旗色が悪く、穆公まで負傷するありさまだった。

             / /":::c:: ヽ  \
         //, '/ :::c:: :::c::ハ 、 ヽ
         〃 {_{ \ 、/,リ| l │ i| <ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!
         レ!小l( ○) (○)从 |、i| 
           レ:::c:: 、_,、_, :::c:: |ノ    
             ヽ、c ゝ._):c: j / 
            ヘ,、 __, イ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::c:::::∨yヽ/::::c::::/,1
         |ノ''::":::c:::::ヽ/::::::c::: r" /
        /:::::c:::::::::c:::::::::::::c:::::::::`:y ゝ
        {:::::::::c::::::::::::::::c::::::c::::::::::} |
        ゝ::::::::::c:::::::::::c:::::::::c:::::::丿/
         `|1::ー':::::::c:::、:::::__,.ィ' 」"
         /:::c::::c::::::::::c::::c:::/ /
        ,.ゝ::::::c:::::::::c::::::c:::::/ ノ
        /:::::c::::::::::c::::::::c::::ヽ/
      /"''ー―-----―'''"ヽ、
     /  /  i!  |  | ヽ   ヽ,
     /  /   |  |  ヽ  ヽ、  ヽ.
    /  i   |  ヽ   ヽ   ヽ、 ,ゝ
    |  |    ヽ  ヽ  ヽ  _,ゝ"
    |__|__,.-|_,.-+─┴‐'",.入
      | :::c::.-__ |  ヽ:::c::‐''"  ヽ


68 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:13:42.90 ID:hDdKcfnqO
ぶつぶつ…

70 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:14:50.77 ID:X322/0OF0
こっちが ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!! だw

69 :1:2008/01/01(火) 03:14:40.28 ID:lyD0bg0y0
だがジワジワと反撃に転じ、深入りしすぎていた恵公を捕まえたのである。

         _,r''''ー‐--------------....,,,,,,,,,,,,,____
        /   ; ,r‐'''''''''''''''''''''‐‐‐----...,,,,,,,,,,__  ̄ ̄''‐--..,,,__
         /  ,'',i´                 ̄''''‐‐--...,,___  ̄''''‐--..,,__
      /  ,,;' l                          ̄''‐--..,,,_  ̄''‐-..,,,_
     _,/,' .;'  `ヽ、                             ̄''‐-..,_   ̄''‐-..,,__
   i'''´,-' i ,i r''´ヽ !                                    ̄'‐-.,_    ̄''‐-.,_
   l, ;ri'´,ri ,i′  ヽ!                                     `ヽ、    "''7
   ! l ! l ! i,    |                               / ̄ ̄\   `ヽ、   /
   ! l ! l ! i,    |                              ノ三ニヽ,_.  \   7ー /
   ヾ i l ヽ,!   /                              (J)(J )    | /  ./
     ヾ! /     ヽ、                           (__人__)     .| ./ ./   
      / i.    ヽ |                            {`⌒ ´     |,/ /    
      し|       .ソ                            {         | /
       |  r- 、  /                              ヽ、     /./
       し´  し                                 .ン    ヽ/
                                            //    |
                                        (⌒二_/ |  .  |


71 :1:2008/01/01(火) 03:16:34.01 ID:lyD0bg0y0
そして恵公を、国威高揚のため神の生贄に捧げると布告する。

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ \ 、/,リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i| 
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    
             ヽ、  ゝ._)   j /      <セクハラをした恵公を生贄にするお!!
            ヘ,、 __, イ            
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V_,.-========j:::::/,1
         |ノ''::        : r" /
        /            `:y ゝ
        {   :: ::       :: ::  } |
        ゝ     ノ、      丿/
         `ヾ ー'     :ー.ィ' 」


       ____
     /      \
   / ─    ─ \    <自分自身にも言ってほしいな・・・
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


72 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:17:30.82 ID:hDdKcfnqO
吹いたwwwww

75 :1:2008/01/01(火) 03:21:35.96 ID:lyD0bg0y0
しかしその後、周王朝の天子の勅使が穆公の元を訪れ
恵公の命を助けるよう申し入れる。

            __,,..、、- - - .、、...,,___
       ,,、‐''"~ ̄            ̄``''‐、、
     /                      \
    /                         ヽ
   /                           ヽ
   /  / ~~` '' ‐- 、、 ,,__   __ ,,..、、 -‐ '' "~~\  ヽ
   |  /    __           ̄       __   ヽ  |
  .|  {  ´   ‐- ....__    __... -‐   `   } .|
  .|  〉,,・^'' - .,,      ~  i ~    __,,.- ^`・、.〈  |
./ ̄|  /,/~ヽ、  `'' ‐--‐ ,.| 、‐-‐'' "~   _ノ~\,ヽ | ̄ヽ
| (` | / ヽ,,_____`‐-、_、..,,___ノ八ヽ___,,.._-‐_'"´___,, ノ ヽ .|'´) |
| }.| ./'   \二二・二../ ヽ  / ヽ、二・二二/  'ヽ | { |
.| //| .|          / |  |. \         | |ヽヽ|
.| .| | .|        /    |  |.    \       | | | .|
|ヽ.| |      /     .|  |.     ヽ      .| .|./ .|
 |  .| |     /      |  |        ヽ     |  | /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ .| |    /       .|  |       ヽ    |  | /  |  恵公を
  .ヽ.| |    /     '二〈___〉二`       ヽ   |  |./  <
    | |          `-;-′         |  |     |  助けてもらおうか…
     iヽ|.      ,,... -‐"`‐"`'‐- 、、     |/i       \_________
     |  ヽ     /...---‐‐‐‐‐----.ヽ    /  .|
     |   ヽ.    ,, -‐ ''"~ ~"'' ‐- 、    /   |
    .|    ヽ         !          ./   .|
    ,,|     ヽ.         |        ./     |、
    |\.     ヽ            /     /.|
   .|.  \.      ヽ、____   ___/    /   .|
   '     `            ̄ ̄       ´     '


76 :1:2008/01/01(火) 03:23:37.61 ID:lyD0bg0y0

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/   u ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒ 、⌒,リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i| ちょ、ちょっと待つお・・・側近と相談するお・・・
          レ⊂⊃ 、_____, ⊂⊃ |ノ    
             ヽu  ゝ. _)   j / 
            ヘ,、 __, イ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r"


77 :1:2008/01/01(火) 03:24:52.36 ID:lyD0bg0y0
しかたなく穆公は恵公と和議を結ぶ。
前に約束した河西の8つ都市を秦に献上し、晋の太子の子圉(しぎょ)を人質に差し出すこと。

                ,r‐、           , - 、
               /∠、ヽ-‐ '´ ̄ ̄`/∠> }
               ‘ ー--/ /" `ヽ ヽ 、--‐'
                //, '/     ヽハ  、 ヽ
          ヽゝ     〃 {_{. _ノ  ヽ、_ ,リ| l │i|   r''7 ´     ギャハハハハハハハ釣り返上しろ・・・
             \_ レ!小.l(>) (<) ,从 |、i|_  !
          r‐ 、r-y'⌒)`Vレ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ ヽノ∠_(⌒ヽ   ,. - 、
      r⌒ヽ、`Y′r'   >‐''ヽ、 丶_ノ  ノノノ `~''‐、r丶〕  レ'´,/⌒)
     (⌒'''‐   -.、  )、/     , _`ー- イ、'     ヽ  r´ __   /⌒i
      ` ''‐ 、  , く {   /   ,.-‐-、   \    }  ゝ 、  __,,. ‐'´
             ̄ \ \'、 / y      ヽ ト.、\  /´/ ,.イ ̄
           <.´ \ `y' /    Y   ヽ \ `く/ /‐-ゝ
            `7 \__ノ{.    |     }|! - ''^' -‐'´ヽ、
            ,ノ     ヽ、_.,人 _ ,ノ '    `     「 ̄ ̄``
        ∠7   ̄"〜‐1    ∧    ト、「`''ー-ゝ  ヘ>
                  ヽ/V  \人ィ/  〈>


78 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:25:46.47 ID:hDdKcfnqO
穆公自重しろwwwwww

79 :1:2008/01/01(火) 03:26:31.11 ID:lyD0bg0y0
恵公はこれを承諾し、帰国を許される。

                       /\__/ヽ  
                 .    /;:''''/ '''' \\ 
                ..     |::::::(●)  ,、(●)| 
                    /    (__人__)  \  次は負けねぇー・・・
                    |      ` ⌒´    |
                .    \_______/
                    /       ___/   \
                   /   ヽ       7 /   \__
             /~⌒~ ̄|  , -‐'\     /  \    '     ̄\
           /      | `ー―-、ヽ   ノ -―'~ ̄ 、       \
          /       /      `ーV -‐' ̄      ヽ         |
          /                ||          \           |
          |                ||                   |`、
        /`-、   /          ヽ||/          ヽ   ー、_ノ \
       /       、           ||/           |/      \ \
       /        V        \. ||            /         ヽ ヽ
      |         ヽ        ヽ/ヽ、          人          |  |
      |        / \、_     /  \       /  ヽ         |  |
      /       ノ /    ̄`ーー'   l  、 ̄`ーー-ー'    ∧        l   |
     (       / /\  入   /   |   |     / )  /  \      人  |
    /    \ ,/    \     l、_ 人_ _,|    -‐',/l /    `ー、_>-‐'~   |


80 :1:2008/01/01(火) 03:27:50.81 ID:lyD0bg0y0
恵公帰国後、自分が留守の間何事かなかったか尋ねる。

    /\__/ヽ  ( ;;;;(
  /;:''''/ '''' \\ ) ;;;;) 
  |::::::(●)  ,、(●)/;;/
 /    (__人__)  l;;/´   俺が留守の間、なんかあったか?
 |     ` ⌒´    | 
/      ∩ ノ)━・' /         
(  \  / _ノ´ .|  |
.\  " / .__|  |     
  \ / ___ /


81 :1:2008/01/01(火) 03:28:36.55 ID:lyD0bg0y0

             ┌―-  ._
            |  \   |                ,、
            |__\ l__              / \
              /  ヽ /            /\/   /
                ー―ァ ー 、      /ヽ/   ,、   /
              _   /   ∠   ./ヽ/  ,、  / ヽ/
             | `ヽ ̄/  /_ ,、/   ,、/ `´
                  l    \ 7.  l/ _r-、/
                l, _     ̄ ̄` ´ ヽ-――‐- 、     <少しありました。内容は次の君主についてです。
                 / O            , -‐ /
              |   、    O     ./ー' /
.                l   ` ――‐         〈
                \                 /
                   l__ノ、_   ,       _/
                     l ̄八__ノ‐<´_)
                    `.´


82 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:29:32.73 ID:hDdKcfnqO
またポケモンwwwwww

83 :1:2008/01/01(火) 03:29:56.65 ID:lyD0bg0y0

       /\___/ヽ  
 .    /;:''''/ '''' \'''';\ 
..     |::::::(●)  ,、(●)::::::|   んで、誰が選ばれるんだ?
    /    (__人__)    \
    |      ` ⌒´    .  |
    \     ∩ノ ⊃    /
    (  \ / _ノ   |  |
    .\ “  /___|  |
     . \ / ____ /


84 :1:2008/01/01(火) 03:31:19.07 ID:lyD0bg0y0

                       /⌒ヽ _
                   _  L-...=< ´  `ヽ
                   ヒ__ ̄ャっ:::::::ヽr⌒ヽ }
                   ヽ、ヽ T:::::::::::::l   lノ
                     `┌´::::::::::::i
                     _ ノ:::::::::::::::::l     <重耳様という声が圧倒的にございます。
             _,r⌒>-ヽ.rイ {::::::::::::::::::::i
         __,../::l /:::{ /:/ 人 ヽ:::::__:::::ト,
      /´  ̄ /::::::::::V::::∨:::i/::::::`ー゙::Δ }:〈ノ
    /     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_ノ:/
   /      i::::::::::::::/ニ二 ̄]::::::::::::::rフ:::::/
   /      /::::::::::::/::::::::ノ ̄.l:::::::::::/"::::::i
 _i_      l::::::::/ノ:::::/  l:::::::::::il::::::::!
 i::::::/     !:::::/ l:::::i    i::::::::/ !::::::;'
 l::/      L:::l  ト-l    ,'::::::/ l::::::l
  ’     }ニ_/  ヒニコ   _l:::::::l {二 1
       7-:::ヽ_ !:::,、:>、 ├__] ├-..'、
       ‘=┴┘  ̄ ̄  l::::::::ヽ '、:::ャ:、>
                  ヽ=∞"  ̄


85 :1:2008/01/01(火) 03:32:52.16 ID:lyD0bg0y0

       /\__/ヽ
 .    /;:''''/ '''' \\ 
..     |::u::(○)  ,、(○)|    <兄か・・・
    /    (__人__) u\
    |   U  ´ ⌒u   . ..| 
     \     u       ,/ .|




       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


87 :1:2008/01/01(火) 03:35:17.89 ID:lyD0bg0y0
重臣一同は後の禍をさけるため重耳暗殺を提案する。

                 ∴
                 ∴∵∴    ∴
     ∴∵∴          ∴∵∴  ∴∴
       ∵∴∵          ∵∴  ∴::: i^i_i^i_,‐、
               ∵:: .      ∵:.  ::/U::∪:`U ..::∵∴
      ∵∴∵         : . ..    :∵..::(つ/ ⌒ヽ).)  ∴∵
    ∴∵∴∵∴: : .    . :         : . | : | |   |    ∴∵  
. : ∵∴∵     ....... :  .::        . : | :∪ / ノ    ∴     <よろしい!
.. : :∵      ....::  :: . :::::::      . :.:  | ∵| ||    ∵  ∵    兄には死んでもらおう。
.∴∵     ::..::    /\__/ヽ    |∵∪∪  . :     ∴∵
.∵      ∵::   /;:''''/ '''' \\  / . ∵ :: . :       ∵
∵    ∴∵::.   |::::::(●)  ,、(●)| /   ::        .∵
..    ∵∴::   /    (__人__)  \....:∴::     .∵  ∵∴∵
.   ∵:..:.:/⌒ヽ::l⌒`i     ` ⌒´   |.:∵::    .. :    ∴∵
.   :/⌒ヽ|  |;; ;|  |         /::    . :    .∵∴  ∴
.  :(  ヽ;;ヽ__ノ;;; ヽ__ノ !\___/∵ :: . ... . :      .∵    ∴
..∴ >‐ / ̄.. \;;;;ゝ__`ト、.(●)━..:∴::        . :     . ∴∵∴
∴. ( : :/    ,. i〃    l  . . . . . . . . . . .... .. . :    ..:∵∴:
∴∵ ̄|    /.| |、l___ノ    _!_!         .∴:
  ∵  |   | :| |. |        ./∵∴゙i       . :     .:∴∵∴
      | |  |  | |. /.∴∵;;;;/‐‐| .∵∴ :: .. .... . :      .∴∵∴∵
      | | |  U.::、∴∵;;/;)  ゙i∵∴∵:: ... .. ... .. . : :∵∴∵
      | | |    :: . ̄ ̄ ̄   ゙i∵∴∵::.. ...::∴∵∴∵
     / / /      : . . .      ( ̄ ̄.... ::∵
    / / /      : :∴∵ : .    ̄.:∴:.
   .しし’        :: :: ∵: : .


88 :1:2008/01/01(火) 03:37:23.13 ID:lyD0bg0y0
恵公は暗殺のため、刺客を数名重耳の居る国に送る。

                      ''';;';';;'';;;,.,                  ニコニコ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ニコニコ
       ニコニコ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                     ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;; ;;'';;'';;;
                  ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
ニコニコ         /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ /⌒ヽ/⌒ヽ/⌒ヽ            ニコニコ
        ___   .(/ ̄ ̄ ̄\( ^ω^(^ω^(^ω^/ ̄ ̄ ̄\    .___
      /      \/        \./  ̄ ̄ ̄\. /         \ ./      \
   /          \. ⌒   ⌒ /          \  ⌒   ⌒ ./        \
  /   ⌒   ⌒   \(__人__)/   ⌒   ⌒   \. (__人__)/    ⌒   ⌒   \
  |      (__人__)    |     |      (__人__)     |       |.       (__人__)    .|
  \             /     .\             /      \            /



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    <数名じゃねーだろ!!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


89 :1:2008/01/01(火) 03:38:57.45 ID:lyD0bg0y0
だがこれをいち早く重耳に伝えたものがいた。

           /⌒´ ̄ ̄`ヽ
  r―-- 、  /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  |     `Y:.:.l.:.:/.:.:.ハ:.l:.|:l.;.';.:.|.ト.ゝ--一  ー- 、
  |   \ ` |:.:.j:/:.:.;イー|:ト:|:トl:.l.:.|:|:|.         /
.  !     ヽー!://:.;イ:.:死リ ハ|'rテ||.ト|、__/    /
.   ',.     `、'/イ:ヘ|:.|    〉 ハト|  /      /     <重耳様、恵公が命狙ってるます。
    '、  ヽ   V レリl:.!、 ー=‐/ヽリ_/  /   /
    `、     `Y| ` ` ー r'__/´′  ′ /
     `、       ヽ   ′/     / /
      ヽ \  ` ー     ′     ' /
.       \         ,     {
         i     ̄`  ′     !
           ',       ,       i
          ヽ       }        ハ.
            \     ′`      \
             \     、     ′ `ー- 、
                ヽ、   !           ヽ
                  \   ヽ             ',.
                     >、       /     |
                  ノ  、rー―-‐‐┐     |
                 /    .| 禁   則 !     |
                   /     |     |       !
                 /       |_事__項」      .l
                ./        /  |       |


90 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:39:35.55 ID:hDdKcfnqO
おいwwwwwww

91 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:39:57.45 ID:cJWSixnn0
良くできてるNE

92 :1:2008/01/01(火) 03:41:06.64 ID:lyD0bg0y0
重耳は逃げることを決意。逃げる先を側近と相談する。

              ____
               /     \
              (/ ⌒  ⌒   \     どこに逃げればいいお?
            /))(●)  (●)  \
          | ((_(__人__)  :::  |
            \ ’ ̄` ⌒´     /
    ____/⌒``ヽ ,,ー‐,,   "⌒ヽ____
   |____し'⌒/ .    .   /"⌒し′__|::|
   |____/        /_______|::|
    |____/⌒ ヽ、     /______|::|
    |____しイ"i  ゙`   ,,/._______|::|
l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|
 | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::|
 |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;|


94 :1:2008/01/01(火) 03:43:22.59 ID:lyD0bg0y0

   ,.- ―--、
   |~_ヽ.╋/ |
 / ̄ _ノ  ヽ\ 
 |  ( ●)(●)|  身を隠すなら大国が有利・・・よって斉の桓公の元に行きましょう。(第2話参照)
. |   (__人__) |             ____
  |     `⌒´ ノ          /      \
.  |        }         /  〜    〜\
.  ヽ        }         /    (○)  (○) \   <スンマセン調子こきました。
   ヽ     ノ         |       (__人__)    |
  /      ヽ  プスッ   /     ∩ノ ⊃   /
 (、 ヽ._ ヽ_.\___.  (  \ / _ノ  |  |
  |ヽ、__).〉|=|==|(⌒)++++][コ==-“ / __|  |
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  \ / ___ /


95 :1:2008/01/01(火) 03:44:30.23 ID:lyD0bg0y0
その夜、重耳は妻に別れの挨拶をする。

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\    <妻よ私は斉の国に行く。
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \     25年して戻って来なかったら他によい相手を選べ。
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー'´     / +


   ______.  ,.. --──-- .._  _.. -──‐-、
   i'::::::::::::::::::::::::::>'          `<::::::::::::::::::::::::/
.   ! :::::::::::::::::::::/              `、:::::::::::::::::/
   丶:::::::::::::::::/        ,.__     丶:::::::::::/   ドゥーン
    `、:::::::::::/     ,.r '"´  ```ヽ、  `、:::::/
      丶::: /    /:  〃" `ヽ、:::、::ヽ.  V
ニニニニニV  ,.,..'::'::/ ハ/   |ニニニニニニニニニニフ
       ,' /,'::/;ィ'  ○    ○ リリ !:l/ /
      .{ {  l:::i'_{ ,,⊂⊃、_,、_, ⊂⊃_.l:|/  
        `ヾニl:::ト->‐─--.._,.-‐-‐`\l:l   
       ___  !::l/::::::::::::::::::::|:::::::::::::::,.-iリ    
.     ,'´::::`i ヽiT ‐、_, -‐-.!、_,.-‐'´   }
.      ! ::::::: {  `ゝ_   _     _  _/
     `、::::::::`、   ,.' ̄       ̄ ヽ、
      `、 :::::::ヽ/    -‐_"./    \
         ゝ.::/             _       ヽ、_
         ,r'"    _.. ‐、, '´)_,..( `i'´ヽ、_.-‐'
         `ー---∠._:::::::`ー'::::::::::`":;;;..-‐'


96 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:45:21.73 ID:hDdKcfnqO
かっこつけんなwwwwwww

97 :1:2008/01/01(火) 03:46:22.13 ID:lyD0bg0y0
その翌日重耳一行は出立した。
まず一行は衛に立ち寄った。

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  えへへっ
    |┃  |r┬-|     |⌒)遊びに来たお!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)


99 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:48:31.39 ID:hDdKcfnqO
そっか、じょーじって放浪した人だったんだよな

98 :1:2008/01/01(火) 03:47:17.72 ID:lyD0bg0y0
たが衛の文公は冷たくあしらった。

        ____
       /      \
     /  ─    ─\
    ./    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |、
r―n|l\      ` ⌒´   ,/ ヽ
  \\\.` ー‐ ' .// l     ヽ
.     \        |      |
.       \ _  __ | ._   |
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|
\      // /<  __) l -,|__) >
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >
      \_| |  <____ノ_(_)_ )


100 :1:2008/01/01(火) 03:49:05.88 ID:lyD0bg0y0
重耳たちはすぐに衛を出る。

       ____
     /      \
   / ノ  ヽ、_    \
  o゚゚o(⌒  ⌒)o ゚ ゚oo\  あれが一国の公子に対する礼儀かお…失礼だお・・・
  |  ' (__人__)      |
  \  `⌒´        /


            / ̄ ̄\
          /       \
          |    ⌒   ⌒
          |     (__人__) 
           |     ` ⌒´ノ  ∬
   .ワ ワ マ    |         }・・・・ ・。。。 ∬ うるせぇな・・・晋の君主になった時滅ぼせばいいだろ・・・
  (_)(_) o00o゚ヽ        }        ゚゚oo
      。oO   ヽ     ノ  ワ      O0o
     (~~)ヽ    〜〜〜〜  マ(_)   (´^ヽO,
    (⌒ヽ            ̄ ̄ ̄(⌒)(゙゙゙)~
      /~゙゙ヾ⌒`ゝ-(~´`(⌒(⌒~ヽ~ ~~、、


101 :1:2008/01/01(火) 03:51:13.97 ID:lyD0bg0y0
旅の途中重耳は腹が減る。

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    | =3  腹減ったから農家に食べ物恵んで来い。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


102 :1:2008/01/01(火) 03:52:17.49 ID:lyD0bg0y0

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)         r‐ ' _ノ
     . |     (__人__)       _ ) (_
       |       ⌒ノ      (⊂ニニ⊃)
     .  |         }       `二⊃ノ  
     .  ヽ____    }        ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ           ;;      わかったよ・・・
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、     (まったく・・・めんどくせぇ)
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ  
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/


103 :1:2008/01/01(火) 03:54:14.57 ID:lyD0bg0y0

                  / ̄ ̄\
                /   _ノ  \
                |    ( ●)(●)
.                |     (__人__)   
                 |     ` ⌒´ノ    よう!そこの農民、食い物わけてくれ。
               .  |         }     断れば・・・わかってんだろ
.                 |         }      常識的に考えて・・・
             __/ニヘ       ' 「L__
        __,,,,==ニニ三三ヘ.      ||三ニ==、__
     /三三三三三rイ◯三ニ|   \__,/ |三三三三ニ==、
     _|三三三ニ/  `ーイニ三;;| ./三\ |三三三三三三;\
    _|三三三=广 \. `i,j! }ニ;|  \三/ :|三三三三三三三|
     |三三三iく  \  { /三=|  :|三|  |三三○三三三三;|
   __/三三三|| \_}ー^三三三|  |三;| |三三三三三三三;;|
 /三三三三;|\__,リ三三三ニ|  :|三;;| :|三三三三三三三;;;|
 |三三三三三|   /三三三ニ=;|  |三ニ|:|三三三三三三三ニ;|
 |三三三三三`==='三三三三三ニ| |三三||三三三三三三三三|
 |三三三三三三三三三三三三三V三三三三三三三三三三三|
 \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
 .  \三三三ム三三三三三三三三三三三三三三三三三三三;|
           |三三三三三三三∧三三三三三三三三三三三;|
          |三三三三三三三| :|三三三三三三三三三三三;|


105 :1:2008/01/01(火) 03:56:28.02 ID:lyD0bg0y0

     / ̄ ̄ ̄ `\ 
     /:\___从__ヽ
     i::/ ''''''  ''''''' i  
     |:/ (●) ,  、(●)|  
     (6    ,ノ(、_,)、   |  
     ヽ    ト==イ  ノ  <いいですよ。ただ・・・このご飯は・・・土入りだけどな!!!!
      \_ `ニ´_,/


106 :1:2008/01/01(火) 03:57:45.64 ID:lyD0bg0y0

          ____
        /      \
       /       ─\
     /          (●) \
     |            (__ノ)  土入り?・・・趙衰どけ。こいつは俺が始末する。
     \       ____/
         /      く
      /        ヽ
      |  _r'゚lニニニl]_ ____/l
fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
|l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]三i三三iF
      | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー' ̄


108 :1:2008/01/01(火) 03:59:38.34 ID:lyD0bg0y0
だが、趙衰は農民に感謝する。

     ___
   / ー\ 
 /ノ  (@)\      <ありがたや〜ありがたや〜
.| (@)   ⌒)\ 
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト,  
 \   |_/  / ////゙l゙l;  
   \     _ノ   l   .i .! |   
   /´     `\ │   | .|  
    |       | {   .ノ.ノ   
    |       |../   /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  なんで感謝するんだお・・・
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /


109 :1:2008/01/01(火) 04:00:26.49 ID:lyD0bg0y0
趙衰は言う。

   。  ::     :  . .  .. : . .  + :   。  ..   ..  ...○
             ☆ ;        :  :  .  。☆  .   .   ..   .     
       +  。   +    ☆   。 : .  .  . .。     +    :  *   
  :        .☆    .  .  .  .  . ★ .☆    *
        :     :。  。☆ :   ☆ 。  .  . : :  :    : 。 : : :
     +     : .  .  .  .  .  :   .     .。 +  
       .       . .  。  +   .   .    。  . .  . : : . .

        / ̄ ̄\    :    :.    .   .    .  。   .  .
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |    よく考えろ・・・土を貰うとは領土をもらうこと。だから貰ったまでだ・・・
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


110 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 04:01:12.85 ID:hDdKcfnqO
なるほど…

111 :1:2008/01/01(火) 04:02:31.33 ID:lyD0bg0y0

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも今は食べ物がほしいお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



   / ̄ ̄\
 /       \
 |         | <だまれ
. |         |  ___
  |          | /     \
.  |         } 、,:' /,';;;}: ; , \
.  ヽ        }` : ;ヽ ,.、_ノ ,; ' ‐ \
   ヽニニニニノ ,`冫<____〉イ'; 、  |
  /;:::::::::::::::::::: ̄`ー- ,/::::| //  (⌒)
/::/:::::::::::::::::::::/‐-//_::::::ノ //  /i ヽ
::::イ::::::::::::::::::::::/ //   ̄ /       ヽ___i


113 :1:2008/01/01(火) 04:03:52.47 ID:lyD0bg0y0
こうして一行は斉の国に到着する。
桓公は重耳一行を喜んで迎えた。

        ______
       /  ⌒  ⌒ \
 r、r.rヽ. /  (⌒)  (⌒)\
r |_,|_,|_,|/  :::::   __´___  ::|   お待ちしておりました。どうぞごゆっくり。
|_,|_,|_,|_,|       `ー'´   .|     (重耳って管仲に似てるな・・・)
|_,|_,|_人 (^ i        /
| )   ヽノ |
|  `".`´  ノ
   入_ノ
 \_/
   /
  /


114 :1:2008/01/01(火) 04:05:13.74 ID:lyD0bg0y0

          ____   よろしくだおwwwwwwwww
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


116 :1:2008/01/01(火) 04:06:21.85 ID:lyD0bg0y0
そして一族の娘を重耳に娶わせた。

   /  ̄`Y  ̄ ヽ
   /  /       ヽ
  ,i / // / i   i l ヽ
  |  // / l | | | | ト、 |       <よろしく・・・ 
  | || i/  ノ ヽ、 | |
  (S|| |  (●) (●) |
  | || |     .ノ  )|
  | || |ヽ、_ 〜'_/| |



       ____
     /      \
   / ─    ─ \     <ちがうよね・・・うん・・・違う。あいつじゃない・・・。
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


117 :1:2008/01/01(火) 04:08:06.50 ID:lyD0bg0y0
翌年桓公が死ぬ。内乱があいつ(ry    [第2話参照]
そして5年の歳月が流れる。

  /  .i        | ニニ |       i  ヽ、
  /  .i        |_|___|        i   ヽ.
    .i           i.         i   |
    i           i          i   |
   .i         ___,,,i..、、.__       i.   |
   i     _,,.-‐'"~      `゙゙`ー-、..__  i.   |
  、i _,.-'"´                ``ー、..  |
   Y'´                       `ヽ、i_
 ヽ ヽ                          `ヽ.        ____
  ヽ ヽ=================================---‐゙       /     \
   |: ヽ//_`ニ,,,_ /   /:::://  |::|∠''ニ"|| ̄| |::::∧1 |.       |        |
   .|: .|/::iiii〇 /-,, /:::://_,,-//::iiiii〇i ||>| |::/-ヾ、、       |   ま   .|
  |  |: |ヽ_ / ヽ /:::://  //ヽ _.ノ .|/ ///__ー'´,!`゙゙ー-    |   だ   .|
  .|  | |,.  /,.. // /  / 、.._ ,ノ| / / _.ノ /\_      |   ま    |
 \|  ヾ ヽ ̄   /     /         /´ /          |   だ   .|
 \|  ヾ ヽ      !           ./-‐"|.          |   だ   .|
  \| .| ヽ ヽ     L  _        /| ||  .|         ∠   ね   |
  \| .|ヽヽ ヽ     `        ,.イ::|__|.            |        |
  \| .| ヽヽ ヽ ´´ ̄ ̄ ̄ ̄``  ,.イ|: |/ ``ー-、.__         \     /
  \| .| |、ヽ ヽ   ー―‐´   ,..イ::|`‐、``‐、_  / )          ̄ ̄ ̄
 \/ / / ヽヽ ヽ\     _,/  |ヾヽ. `‐、 .`/ /
\// /  |ヽヽ. ヽ:::::ヽー::‐:':::   : ソ  ヽ.  `/ /
  // /   | ヽヽ ヽ::::::::::::::::   : /  | |  / /
  / / ヽ、 | ヽヽ ヽ::::::.     : /   | || / /ー-、._
  / ヾ ヽ|  ヾヽ ヽ:::::.   /    //||/ /      `~゙゙`ー、._
  ‐--ヾ |ヽ  ヾヽ ヽ::   /--、   | | |/ /


118 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 04:09:05.62 ID:hDdKcfnqO
リョーマwwwwwww

119 :1:2008/01/01(火) 04:09:26.98 ID:lyD0bg0y0
一向に晋に戻ろうとしない重耳に,、側近は別の国に身を寄せることを決意する。

            / ̄ ̄\
          /   ヽ_  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)   あの馬鹿・・・酒と女に溺れやがって・・・・・・切り離してやるぜ!!!!
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


120 :1:2008/01/01(火) 04:10:32.10 ID:lyD0bg0y0
その発言を偶然侍女が耳にする。

          ,. -───-: 、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::\
          / '':::::::::::::::::::::::::::::::''''' ヽ
         !::::::::::ィ::ハ:::;::::::::::::::::::::::::::!
       i::|:::i::/l/  i;::ト、:、:::i:::::::::::::::i
       |::i/レ'-i''  'ヽi-ヾ,ヽ!:::::::::::::l
       |::ハ -‐-   -─- i::::::::::::::l    あかん・・・聞いちゃまずいこと聞いてもうた・・・
       |::::::l|  |     |  | |::::::::::::::!
       |::::::ヽ | r---、! l,.!::::::::::::::l
       l::::::::::::`;'-'=,‐,='r''i~!:::::::::::::::|
         !:::::::l、::r'"´'. ' l ' i::::::::iヽ:::l
       i:l、:::|./、_____,l::::;l:/‐'ヽ!
        '!ヽ;i'>l____,.//-‐'''"ヽ
            !/ |.VVVVVVVV.lV\!. i
         |  |        |    l


121 :1:2008/01/01(火) 04:13:20.82 ID:lyD0bg0y0
ちょっと一息入れます。
今回は長くしすぎました・・・スイマセン・・・
後もうちょっとありますので
お暇な方はご覧ください。

では、ちょっと一息入れさせていただきます。

122 :VIPがお送りします。:2008/01/01(火) 04:13:39.49 ID:X322/0OF0
今更だけど「土を貰うことは〜」って狐なんちゃらって人じゃなかったっけ

124 :1:2008/01/01(火) 04:22:26.21 ID:lyD0bg0y0
>>122
いえ、趙衰ですね。
著書にはそう書いてありますので・・・





【司馬遷伝】  【管仲伝】  【驪姫伝】  【重耳伝(前編)】 ←いまココ  【重耳伝(後編)】
【范雎伝(前編)】  【范雎伝(中編)】  【范雎伝(後編1)】  【范雎伝(後編2)】


posted by キティ at 11:07 | このエントリーを含むはてなブックマーク | Comment(4) | TrackBack(0) | (´・∀・`) ヘー
(「・ω・)「 お世話になってるヨソ様ー
海の幸 (VIP)
山の幸 (etc)


この記事へのコメント
  1. >>22はマルノームだろ・・・条項
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年01月04日 15:05
  2. このシリーズ面白いのになんで米が少ないんだ?
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年01月05日 09:19
  3. 淡々と進むから、米を漬けづらいのではなかろうか
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年06月05日 23:09
  4. 簡潔で良いが簡潔過ぎる。67点くらい
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年04月01日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



最近業者のスパムが多いので『://』を禁止にしました。
コメントにURLを載せたい方は『http://』を抜いたアドレスでお願いいたします。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。