ヨソ様の最新記事一覧はこちらでどうぞ(´・ω・`)

なんたらかんたらを見て2ちゃんねるに行きたくなった方はこちらをどうぞ

2007年08月26日

(´・ω・`)はメールを打つようです その3

その1  その2  その3 ←いまココ  その4

207 :「夏」:2007/08/26(日) 00:41:11.64 ID:PA9lLIBU0
僕としぃが付き合い始めて半年以上の時間が過ぎた。

季節は巡り、また夏が来た。
思えば、彼女と出会ったのはこの季節。
こんなにも早い一年を過ごしたのは生まれて初めてだ。


僕は街を歩いていた。

この街には相変わらず息苦しさしか覚えない。
実際の広さ以上に大きく感じて、圧迫されてしまう。

猛暑日の気温も相俟って、
コンクリートで囲まれているにも拘らず、あたかも砂漠のようだ。
砂漠を走る旅人は、都会に住む全ての人々。
彼らは生きる事だけに精一杯で、早回しのビデオを見ているようだった。

そんな土地でも、僕だけのオアシスは存在している。

210 :「夏」:2007/08/26(日) 00:43:03.71 ID:PA9lLIBU0
ある日、僕はしぃに質問した事がある。


(´・ω・`)『「好き」って、どんな響きの言葉なのかな?』


困らせてしまうような、無茶な質問だなと自分自身でも思った。
けど、僕はずっと気になっていた。
耳にする事が出来ない自分の気持ち。
こんなくだらない質問にも、彼女は真剣に答えてくれた。


(*゚ー゚)『上手く説明出来ませんけど、凄く、綺麗な響きの言葉ですよ。
    文字で伝えられるだけでこんなに嬉しいんですから、
    そんな言葉の響きが、綺麗じゃない筈がないでしょう?』


そう教えて貰った時、
僕は心の底から納得して、それからは彼女に想いを素直に伝える事にした。

215 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:44:56.05 ID:uaVbt1JFO
『好き』って…
本当に…素敵な響きだよな………

221 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:46:30.43 ID:H7aFE+zr0
>>215
だけど言われた事がない。何という不思議

217 :「夏」:2007/08/26(日) 00:45:10.79 ID:PA9lLIBU0
途中でポケットに手を突っ込んだ。
中にある硬いそれを取り出し、再認するように中身を見る。

光を屈折させて輝く石。
その石が填められた銀色の輪を手にして、何度も汚れていないかチェックする。

彼女に渡そうと思っていた指輪。

恐らくは人生で一番高い買い物だろう。
いや、買えない物を手にする為には、安過ぎる買い物とも言える。

出会ってからたったの一年しか経っていないけれど、
僕は今日、プロポーズをしようと思っていた。

駆け足過ぎるかも知れない。
もっとじっくりと愛を深めていくべきなのは十分に分かっている。
だけども、僕は自分の感情を抑えられなかった。

僕は彼女に夢中になっていた。

224 :「夏」:2007/08/26(日) 00:47:52.34 ID:PA9lLIBU0
待ち合わせの木の下に急ぐ。

駅前の通りに植えられた桜の木は、もう花が散ってしまって葉桜になっている。
その姿もまた趣き深い。

澄み渡った青空は、ビルとビルの隙間からしか見えない。
余計な物も多いけれど、それでもやはり美しい景色を目にする事が出来る。

この街は僕を受け入れてはくれないけれど、
一握りの安息の場所があるから、やはり嫌いにはなれなかった。

交差点が迫っていた。
長い横断歩道。僕はいつもドキドキしながら渡っていた。
でも、しぃと交際し出してからはそんな恐怖は薄らいでいる。


潜んでいる危険は、何も変わっていないのに。


225 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:47:55.87 ID:8RkrE8fuO
マジかよ…

226 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:48:06.91 ID:Im37vsr2O
うおお!!

231 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:48:42.99 ID:cmItezjV0
おい、ちょっと……

232 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:48:45.45 ID:/OzKYiLq0
バッドエンド?

233 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:49:00.53 ID:vCWY7C0X0
え?なにこの胸にこみあげる不安

234 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:49:09.24 ID:5ANtUlBZ0
それはだめだ!

237 :「夏」:2007/08/26(日) 00:49:34.63 ID:PA9lLIBU0
耳が使えない代わりに、目を引っ切り無しに配っていた横断歩道。
慎重に、慎重に細心の注意を払っていた。
いつ車が来るか、前を見ているだけでは音で判断出来ないからだ。


僕は夢中になり過ぎていた。
世界はもう一つあったと、はしゃぎ過ぎていたとも言える。


信号が青なのをおざなりに確認すると、何気ない気分で道路に足を踏み出した。


会いたい、早く会いたい。


注意をする事も、何もかも忘れてしまって。

神様に与えられた大切な情報源である両目は前方しか見据えていないで。


渡ろうとしているのは、実は自分だけで。


僕は視野まで狭めてしまっている事に気が付けなかった。

238 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:49:49.79 ID:QgzCqsGeO
これは……鬱ルートか!?

246 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:50:38.02 ID:E0uqZGEo0
うわあああああああああああああ

247 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:50:41.97 ID:/OzKYiLq0
…やめてくれ…たのむ

251 :「夏」:2007/08/26(日) 00:51:29.73 ID:PA9lLIBU0
想像を絶する衝撃。


信号を無視して突っ込んできた車が、歩く僕を勢い良く撥ねた。
目の前の世界が、今度はビデオのスローモーションを見ているかのようになる。

一瞬の事過ぎて訳が分からなかった。

目に映る全てがゆっくりになって見える。
人々の青ざめた顔が、この期に及んでよく見える。

静かで穏やかな僕の世界に悲鳴なんて聴こえてない。

段々と視界が白んでいく。
痛みは感じない。
恐らくは、脳がそれを受け入れていないせいだろう。

現実なのだろうか、それとも夢なのだろうか。
考えても考えても区別は付かない。
何一つ、証拠となる音が存在していないのだから。


宙に舞う捩じれた身体が地面に叩きつけられたところで、
僕の意識は、ぷつりと途絶えた。

254 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:52:30.35 ID:i13MKFxsO
う、う、うわあああああああ

258 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:52:44.18 ID:RIDYCoEB0
俺涙目wwwwwwwwwwwwww

259 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:52:48.93 ID:4ckDMY7X0
何だよお前ら!うわああってなんだよ
眠いのに今寝たいのに読みたいじゃねーか
だから朝まで保守してよねええええっ!

260 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:52:50.29 ID:UxemDmbo0
なんという…

262 :「?」:2007/08/26(日) 00:53:17.39 ID:PA9lLIBU0

ここは、どこなのだろう。

もしかして、どこでもないのだろうか。


確証はないが、目を閉じてはいない。
それなのに、何故か漆黒の闇が広がっていた。

懸命に記憶を辿り、何があったのかを思い出そうとする。

答えを探せば探す程涙が流れそうになる。
それは、どうしてだろう。


幾つか記憶を引っ張り出して、一つの結論に辿り着いた。

僕は事故で死んだんだ。

271 :「?」:2007/08/26(日) 00:55:12.65 ID:PA9lLIBU0
僕は泣きたくなった。
同時に、笑いたくなった。
クリスマスの日とは違う意味で、そうしたくなった

こんなにあっけなく死ぬだなんて。
生きる目的が見つかった途端に、死んでしまうだなんて。

情けなくて、悔しくて、悲しくて。
自嘲と自責と自愛を筆頭に、様々な感情が入り組んで、
僕を訳の分からない気持ちにさせていた。

泣きたい、笑いたい、やり場の無い怒りを露にしたい。
でも、どういう事かそれは出来なかった。

理由を考える。
だが、そうしようとするだけで解答を見つける事が出来た。
頭を抱えようと脳から命令を送っても、呼応して動く腕が無い。

今の自分は意識しか存在していないのだ。

263 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:53:25.60 ID:EpP3A0o70
鬱展開は阻止できなかった…

273 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:55:23.34 ID:Im37vsr2O
いやもう、本当勘弁してください

278 :「?」:2007/08/26(日) 00:57:20.11 ID:PA9lLIBU0
(´・ω・`)(何だここは……死後の世界か?)

意識しかない事を理解すると、今度は考察をする。
自分が死んだのか生きているのかも分からない。
だとしたら、これは果たして何の現象なのだろうか。

(´・ω・`)(夢だったのか……? いや、僕は確かに事故に遭って……)

それは間違いのない事だ。
痛みは覚えていないが、あの光景は瞼の裏に焼き付いている。

(´・ω・`)(意識不明になって、長い夢を見させられているのかも知れないな)

あれも違う、これも違うと堂々巡りをしていると、
突如として、聞こえない筈の声が聞こえた。
正式には、意識の中にその声が流れ込んできた。



( ^ω^)ノ『おいすー』

(;´・ω・`)『うわぁぁぁぁぁぁぁあああ!?』


279 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:57:23.15 ID:Uds3xt+rO
なにこの乙一的展開
やめてぇえええ

281 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:58:01.47 ID:/OzKYiLq0
ちょwwwwwww内藤wwwww

284 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:58:27.41 ID:knnwWRu9O
予想の斜め上

287 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:58:35.23 ID:YWyedkNlO
これはまさかの急展開

289 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 00:59:07.96 ID:E0uqZGEo0
何でいまさら来るんだwwwwww

292 :「?」:2007/08/26(日) 01:00:12.02 ID:PA9lLIBU0
間抜けな声と共に、その主が暗闇から浮かび上がってきた。

人間、だろうか。
少なくとも僕ら人類と同じ外見をしている。


(;´・ω・`)『な、何だお前はっ!』

( ^ω^)『おまwwwwwwwそんなに焦るなおwwwwwwwww』

驚きを隠せない僕とは裏腹に、異様に明るい調子で笑う男。
ますます頭がこんがらがってしまう。

(;´・ω・`)『どこから来たんだ!? 答えろ!』

( ^ω^)『落ち着けお。どこからも何も、僕はお前の傍に最初からいたお。
      いんや、正しくはお前の中にだお』

(´・ω・`)『僕の中にだって?』

293 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 01:00:42.07 ID:Uds3xt+rO
その発想はなかったわwwwwwwwww

295 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 01:01:05.62 ID:qg7iziDJ0
( ^ω^)『ショボンの中・・・あったかいナリ・・・・・』

296 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 01:01:25.68 ID:sxm1Z0EEO
まさかこっからカオス化!?

298 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 01:01:59.54 ID:vCWY7C0X0
作者は何を狙ってるのか

300 :「?」:2007/08/26(日) 01:02:15.95 ID:PA9lLIBU0
( ^ω^)『そうだお。聞いて驚け、僕はお前に宿る言霊なんだお!』

ビシッ、と指を差しながら男は答えた。


(´・ω・`)『言霊って……言葉に宿っている精とやらか?』

( ^ω^)『その通りだお! 知識があって助かるお。
      説明の手間が省けてラッキーだおwwwwwっうぇwwwwwww』

(´・ω・`)『で、その言霊が何の用なんだ? ここはどこなんだ?
      僕は今どうなっているんだ? それと……』

( ^ω^)『質問を纏めてから言えお! 僕は三行しか把握出来ないお!
      僕は事故で植物状態になっているお前の意識そのものに話し掛けているんだお。
      言霊の実力舐めるなおwwwwwwwwww』

男の笑いは、何故かは知らないが不快には感じられない。
そもそもこれが実際に起きていることだとまだ認識していないからだろう。

信じたい、との気持ちがあったのは確かだが。

306 :「?」:2007/08/26(日) 01:04:31.02 ID:PA9lLIBU0
(´・ω・`)『意識を失っている、と言う事は僕はまだ生きているのか』

( ^ω^)『流石は大卒、理解が早いお。
      正確には、意識が体から離れてしまっているんだお』

(´・ω・`)『本当だろうな? 夢とかじゃないだろうな?』

( ^ω^)『それはねーおwwwwwwwww
      証拠は無いけど、僕の言葉を信用しても大丈夫だお』

(´・ω・`)『そうか、良かった』

男からの返事を受け取ると、安堵して話を止めた。
虚言かも知れない。
でも、こうして思考を繰り広げることが出来る。
夢ではこうはいかない。非現実的だが、僕は男の話の全てを信じた。

だが、男はまだ僕に用事があったようで、
何やら捲し立てるように叫んだ。


(#^ω^)『全然良くないお! 僕の話はまだ終わっちゃいないお!』

309 :「?」:2007/08/26(日) 01:06:36.46 ID:PA9lLIBU0
(´・ω・`)『何だ、まだ何か言う事があるのか』

(#^ω^)『ありありだお!心して 聞けお!』

男が言葉を紡いでいく。


(#^ω^)『僕は言霊としての役目を全うするためにお前に宿っているんだお。

      ところがお前は耳が不自由で、話す事が出来なかったんだお!
      結局一度も言葉に乗って自分の力を発揮出来なかったお!

      そのせいで、僕は言霊として落ちこぼれになってしまったんだお!』


(´・ω・`)『成程。つまり、言霊のニートと言う訳か』

(#^ω^)『うるさいお! 表現が的確過ぎて何も言えないお!』

(´・ω・`)『すまない』

311 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 01:07:05.20 ID:vCWY7C0X0
なるほど

312 :VIPがお送りします。:2007/08/26(日) 01:08:03.22 ID:/OzKYiLq0
…言霊にもいろいろあるんだな

316 :「?」:2007/08/26(日) 01:08:41.59 ID:PA9lLIBU0
冗談を言ったはいいが、僕はこの言霊とやらに罪悪感を感じてしまった。
僕はこんなところでも迷惑を掛けてしまっていたのか。
最後の『すまない』は、二重の意味を込めて言ってみたつもりだ。


( ^ω^)『ともかくだお。このままお前の意識が戻らなかったら、
      僕は永遠に言霊としての力を使うことなくあの世に行ってしまうんだお』

(´・ω・`)『そうなのか……すまないな、宿主が僕なんかで』

( ^ω^)『謝るなお。お前がちゃんと回復しさえすればまだチャンスはあるんだお。
      とは言え、このまま意識が戻ったとしても意味がないお。
      お前が発する事が出来る言葉が一つも無いからだお』

(´・ω・`)『確かにそうだな。目が覚めたからといって、耳まで良くなったりはしない……』

深層で考え込む僕をよそに、
男は『感謝しろ!』とばかりに意識の中に語り掛けてきた。

( ^ω^)『そこでだお、僕は今のうちにお前にプレゼントをしてやるお!
      お前が知りたい言葉の響きを、五文字だけ教えてやるお!』

325 :「?」:2007/08/26(日) 01:10:49.28 ID:PA9lLIBU0
(´・ω・`)『どう言う事だ?』

探りを入れるように男に尋ねる。

(´・ω・`)『知ったところで、その言葉をすぐにでも声にすることは出来ないだろう』

( ^ω^)『それはお前の努力次第で何とかしろお!
      誰かに聞いて貰いながらでいいから、練習して発音出来るようになれお!』

男は怒鳴りつける。


誰かに聞いて貰いながら、か。
僕にとって、その相手となる人物は一人しかいない。


男の誘いに僕は興味を惹かれた。
いや、惹かれたどころではない。
願っても無い好機だ。

ただ気になることが少しばかりある。
男がそうしてまで僕に入れ込む理由は何なのだろうか。
僕はとりあえず、聞いてみる事にした。

329 :「?」:2007/08/26(日) 01:12:41.64 ID:PA9lLIBU0
(´・ω・`)『そんな事をしてどうするんだ。お前のメリットがやたらと少ないぞ』

僕の質問に男は即答した。
おちゃらけた態度は変わらないが、強固なメッセージが届いてくる。

( ^ω^)『うっさいお。何でもいいから働かせて貰えればそれでいいお。
      僕はとにかく、何かをやり遂げてからあの世に行きたいんだお。
      何もしないで消えていくのは寂しい事なんだお』

(´・ω・`)『……そうか』

僕は男の言葉を何度も何度も反復する。

この男は僕に似ている。

言葉の節々から伝わる考えから自然とそう思えた。
僕に宿る言霊なのだから、当然と言えば当然か。

333 :「?」:2007/08/26(日) 01:14:46.67 ID:PA9lLIBU0
( ^ω^)『さぁさぁ、理解したら早く何を知りたいか言えお!
      もう一度だけ言うけど、五文字だけだお!』

男がまるで照れ隠しをするかのように急き立てる。


(´・ω・`)『ちょっと、考えさせてくれないか』


僕は全てのひらがなを思い浮かべた。
五十音、いや、濁点半濁点も含めれば選択肢はかなり広い。


ここで、ある事に気が付いた。

既存の物を探ったって本当に必要な文字は見つからない。


自分が思いつく、大切だと言い切れる言葉を教えて貰おう。
合わせて、きっかり五文字となるように。

341 :「?」:2007/08/26(日) 01:16:31.45 ID:PA9lLIBU0
僕は瞬時に思いついた。

それだけ自分の中で大事な言葉なのだろう。
選び抜いた文字を、男に念じて伝えた。


( ^ω^)『……本当にそれでいいのかお』

(´・ω・`)『ああ、問題ない。
      その五文字が、僕にとっては一番必要なんだ』

(;^ω^)『えーと、もうちょっと捻ったりしないのかお?
      組み替えると色んな言葉になる文字列とか、一杯あるお?』

(´・ω・`)『そんな余計な考えは必要ないさ。
      僕が響きを知りたい、声に出したい言葉はそれだけなんだ』

(#^ω^)『何か知らんけどムカツクお! 非童貞の余裕かお!』

(´・ω・`)『ぶち殺すぞ』

349 :「?」:2007/08/26(日) 01:18:52.76 ID:PA9lLIBU0
( ^ω^)『まっ、お前がそれでいいのなら教えてやるお。
      僕としちゃ何でもいいんだお、うんうん』

男はそう言うと、僕の意識の中で望んだ文字が反響した。

初めて聴いた音。
思った通り、響きのいい言葉だ。
こんなにも言葉が綺麗だなんて、知らなかった。


( ^ω^)『一応言っておくけど、それは別に聴こえている訳ではないお。
      あくまで脳が響きを認識しているだけだお。その辺をちゃんと分かれお』

(´・ω・`)『分かってるさ。そのぐらいはね』

( ^ω^)『おk。だったら構わないお。
      それじゃ、僕はこの辺でさよならするお!
      と言っても、お前の中にいるんだけどwwwwwっうぇっうぇwwwwwww』

(;´・ω・`)『いるのかよ』

( ^ω^)『それが言霊の宿命ってやつだお!』

362 :「?」:2007/08/26(日) 01:21:30.77 ID:PA9lLIBU0
男は僕に発声のアドバイスも教えた。
舌を使い方だとか、喉の震わせ方だとかを逐一説明する。
結局理解し切れなかったが、言い終えた男は何故か満足そうだった。


( ^ω^)『んじゃ、本当にお別れだお』


そう言い残して、男の顔は薄らいでいった。
その姿も見えているのではなく、僕が認識しているだけなのだろう。


( ^ω^)『言っとくけど、お前の意識が元に戻るかどうかなんて分からんおー!
      もし戻ったら、ちゃんと練習しておけお! 絶対だお!
      それまで僕は待ってるおー!』


男の言葉がフェードアウトするように消えていき、とうとう、聞こえなくなった。
初めから聞こえてなどいなかったけれど、僕達は声で会話していたように思えた。

僕はそんな意識の中でしか使えない言語で、男に最後の一言を添える。


(´・ω・`)『……ありがとう』


その言葉も奇遇な事に五文字だった。

375 :「?」:2007/08/26(日) 01:23:44.66 ID:PA9lLIBU0
僕は意識の世界を漂った。
どこまでも続く暗黒の世界を、ただ漂っていた。

永遠とも呼べるその時間。

その間中、ずっと言霊に聞いた言葉の響きを繰り返していた。
何度思い返しても飽きる事は無い。

僕は意識が戻る事を願い続けた。
時々諦めそうになる事もあるけれど、
彼女の顔を思い出ぜば、そんな考えは吹き飛んでしまう。

彼女は僕が何時如何なる場面にあっても希望でいてくれる。
僕が勝手に思っているだけなのだが、それでも幾分か救われた。


しぃを思えば、僕は、いつまでも待ち続けられる。





その1  その2  その3 ←いまココ  その4


posted by キティ at 16:53 | このエントリーを含むはてなブックマーク | Comment(4) | TrackBack(1) | 〆(・ω・ ) ヨミモノ
(「・ω・)「 お世話になってるヨソ様ー
海の幸 (VIP)
山の幸 (etc)


この記事へのコメント
  1. いいよ〜〜〜いいよ〜〜
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2007年08月26日 19:49
  2. ダメだ。良作過ぎてその4が押せない。
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2007年08月26日 20:39
  3. >三行しか把握出来ない
    ビッパーw
    Posted by 名乗るのマンドクセ('А`) at 2007年08月27日 21:33
  4. あいしてる

    かな?
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2007年09月15日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



最近業者のスパムが多いので『://』を禁止にしました。
コメントにURLを載せたい方は『http://』を抜いたアドレスでお願いいたします。
この記事へのトラックバック

まとめ紹介 18
Excerpt: 某掲示板のまとめサイトを無許可で紹介するコーナーです。 個人的に気に入った物だけを紹介します 【アルファルファモザイク】 オーシャンズ1 【ハム速 2ろぐ】 「俺」っていうエロゲ買ったんだが..
Weblog: Nicholas†blog 2.0
Tracked: 2008-02-24 22:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。