ヨソ様の最新記事一覧はこちらでどうぞ(´・ω・`)

なんたらかんたらを見て2ちゃんねるに行きたくなった方はこちらをどうぞ

2007年02月21日

('A`)ドクオとクーが同棲するようです川゚ -゚) その14

http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1171712383/

その1  その2  その3  その4  その5
その6  その7  その8  その9  その10
その11  その12  その13  その14 ←いまココ  その15
その16  その17  その18  その19  その20

104 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:11:08.32 ID:iMm8qGc00

       /  ./  /|    
     _|  ̄ ̄ ̄ ̄.|  |___ 
   /  |_____.|/  /
    ̄ ̄~  |し  |  ̄ ̄
        し⌒ J

こちらスネーク、スレ支援に成功した

107 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:12:53.35 ID:iMm8qGc00

       /  ./  /|    
     _|  ̄ ̄ ̄ ̄.|  |___ 
   /  |_____.|/  /
    ̄ ̄~  |し  |  ̄ ̄
        し⌒ J

こちらスネーク、スレ保守に成功した

110 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:14:00.04 ID:4HwGNz410
侵入者だ!

111 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:14:15.83 ID:XqIs72wZ0
!!

112 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:14:19.31 ID:gBh/1h/p0

       /  ./  /|    
     _|  ̄ ̄ ̄ ̄.|  |___ 
   /  |_____.|/  /
    ̄ ̄~  |し  |  ̄ ̄
        し⌒ J

こちらスネーク、wktkに成功した

116 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:21:21.40 ID:1PuQlhS/0
これは…………

119 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:22:27.44 ID:XqIs72wZ0
スネーク!応答しろ!スネーク!スネーークッ!!

123 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:26:50.12 ID:iMm8qGc00

>>119
      /  ./  /|    
     _|  ̄ ̄ ̄ ̄.|  |___ 
   /  |_____.|/  /
    ̄ ̄~  |し  |  ̄ ̄
        し⌒ J

ところでこの段ボールを見てくれ。こいつをどう思う?

125 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:31:01.76 ID:XqIs72wZ0
>>123 足が出ていては敵に見つかるぜ。詳しい話はミスターXにセンドしてくれ

126 : 愛のVIP戦士:2007/02/18(日) 00:31:04.33 ID:jzfc6Vk10

>>123
       /  ./  /|    
     _|  ̄ ̄ ̄ ̄.|  |___ 
   /  |_____.|/  /
    ̄ ̄~  |し  |  ̄ ̄
        し⌒ J

すごく・・・・愛媛みかんです





322 : 1:2007/02/19(月) 18:29:52.49 ID:bb0ADei90

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_


326 : 1:2007/02/19(月) 18:35:43.66 ID:bb0ADei90


('A`)ドクオとクーが同棲するようです川゚ -゚)
―――1月16日(火)



328 : 1:2007/02/19(月) 18:40:07.99 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


('A`)「今、なんつった?」

川゚ -゚)「渡米するのをやめようかなって。」

('A`)「どうしてまた?」

川゚ -゚)「私なりに考えたんだ。」

329 : 1:2007/02/19(月) 18:44:58.73 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ

 
川゚ -゚)「ドクオが言う通りに私にはまだ甘えられる時間も環境もある。
    その期間を夢を叶える為の下地をつくる為に使うのが
    ベストかなって思った。」

331 : 1:2007/02/19(月) 18:50:03.31 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ

 
川゚ -゚)「でも、こうも考えた。
    そこまでして夢を叶える必要はあるのだろうか、と。」

334 : 1:2007/02/19(月) 19:00:22.89 ID:bb0ADei90

  _ _______
  | 川゚ -゚) (A`)
 ( ̄⌒ ̄ ⌒  ̄ ̄⌒"|
  |       ノ   ,,    |
  (    ,,      ノ   
 ヾ________)


川゚ -゚)「ふと自分の今の状況を考えて気付いた。
    私にはドクオが居て、ドクオも私を
    受け入れてくれている。」

336 : 1:2007/02/19(月) 19:06:11.00 ID:bb0ADei90

  |.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:....~"'''‐- ...,,,_..:. .. .:. : :;;;;;i| |: : :: :. :. : :. .:. :. : :. .:. :  .  . i             i
  |.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:..:. .:..::....~"'''‐- |iiiii|}={}-o: :. :. : :. .:. :. : :. .:. :  .  . ',           ,'
  |.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:..:. .:.:. .:.: .:. :: : : :|,i,i,i|];;}~"'''‐- ...,,,_.:. :. : :. ;;;;  : .   . .'、          .'
 ̄i.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: :: :. .:.: : : :: : : : : | |: : :. :. :: : :. .~"'''‐- ...,,,_| |;}:  .  .  .` 、     ,. '
文|.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: .:.:. .:.: .:.: :: : : : : | |: : :: :. :. : :. .:. :. : : [];;{}‐- ...,,,_.   .,, "''''''"
_i.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: :: :. .:.: : : :: : : : : | |: : :: :. :. : :. .:. :. : :. :| |: :: .:. : : ::~"''||‐- ...,,,_
.:.::}.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: :: :. .:.: : : :: : : : : | |: : :: :. :. : :. .:. :. : :. :| |:: :  .     ||:: : .
;;;;;}.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: :: :. .:.: : : :: : : : : | |: : :: :. :. : :. .:.: :. ... ._,,,,...| |-‐'''"""~~" ||''ー- .,
  |''‐- ...,,,___,.、-ー'''"~~""''ー- .,_,. --ー'| |~~"' ,_,,,... -‐'''"~    | |        ||
  |                     ' .,,_  {;;;;}     ~"'ー-、..,,,_    | |        ||
  |.:.:: .:.: .:. :: :: :: :: : :: : :: :: :: : : :: : : : :{;;;;} : : : : : : :  :   |_|: .       ||
  |.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:..:. .:.:: .:.: .:. :: : : : : | |: : :. :. :. : :. .:. :. : :. :|_|:. :  .     ||
  | i田l`i  i;;i|V|~"i   [LL]`;-;illi`i  | |   /~|''i`lli  {「「]`i | |      i~||田llii;;}
  |"~'~~""~'"~'"~'"~'"'~`'"~'"~`'~`~~'~"'~| |~"'~"'~`~""`'~"~"~`'"`| |"'~`"''""`''"||"~' ~ ` " '
,__,i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,....................    ----------─────'''''''''''''''''''''""""""""~~~~~~~~~ ̄
                                                 _,,...-‐''"~
                                           _,,...-‐''"~


川゚ -゚)「私には今のこの生活だけでも十分じゃないだろうか?
    この家は火が使えないのは面倒だし、周りには何もないが
    ドクオがいて、おかえりなさいって言ってあげられる生活も
    悪くないって思った。
    何も無理して叶うかどうかも分からない夢に時間を浪費して
    親のお金を食い潰す事もない。
    そういう風に折り合いつけて生きていくべきなんじゃないかな、って。」

337 : 1:2007/02/19(月) 19:08:44.88 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


('A`)「折り合いをつけるねぇ。」

川゚ -゚)「す、すまない。
    言い方が悪かったか?」

('A`)「別にいいさ。
    それより、口調がいつものに調子に戻ったな。」

川゚ -゚)「え?あ………ごめん。」

338 : 1:2007/02/19(月) 19:14:04.33 ID:bb0ADei90

                                      _,,
                                      //"i
                                     // .:|
                                     ,i',' .:|
                                    ,i','  |
                                   /    |
          ,ー、        ll        !!     /ー、   |
          i, i'    ,,..-ー─''─────"───’-i, i' - ,...、|
          'i i'   / /             . .   i, i' . :.:. \_____,,,
          i,i'  /,'ニl.lニl,iコ    /Vοsんττκα'i i' τγ   i,_,,...、、、-ー'' ̄
      _______||__/ー 、 //     ロ ロ ロ ロ ロ ロ. i,i' ̄ ~`ヽ.:.:.ノ
  -=={二ニニ=(◎)(   )'            {二ニニ==(◎)==ニニ二}─────ーー--==,─
      `''─--i'iーヽ__..''::.:.:..:.:.. .: .:. .: :. .:.. :.. :. . .:      i'i;彡 -------::;、___,,...、、、-ー''"” ̄
     ,.,,    i i'  ll___ll\;;;;_________,,..、-'i i'ヽ;;;_;;:,i'" ̄ ̄  ,;:;..:;;
___,;,`;:::,.;:;;:;;___,i i',.__\__\|___________;:;:;:;:;_______________i i'i《《(ロ))______,,.;::,.;:;`;:;;___________
          .l,_,l   , '《,7ヽ                .l,_,lヽ,《__〃
              i《《(ロ))
              ヽ,《__〃


('A`)「なぁ、お前はさ、向こうでやりたい事があるんだろ?
    だから無理言って大学辞めて向こうに行くって
    親説得したんじゃないのか?
    それが怖くなったから辞めて手近にいる人と一緒に
    暮らしますってのは、筋が通ってなさすぎじゃねぇか?」

342 : 1:2007/02/19(月) 19:46:43.31 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


('A`)「そりゃあなぁ、分かるさ。
    自分の目標に向かって歩き出す一歩目の怖さはさ。
    なまじ、親に少なくはない負担をかけて期待を背負って
    歩き出すのなんて怖いもんだろ。
    でも、いいのか?
    せっかく挑戦出来る条件が揃ってるのにそれを自分から
    放り出したら、たぶんお前はいつか絶対に後悔すると思うぜ。」

川゚ -゚)「………一緒に暮らすのは嫌?」

('A`)「そうは言ってないだろ。」

343 : 1:2007/02/19(月) 19:50:43.42 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


('A`)「………。」

川゚ -゚)「………。」


川- -)「わかった。もういい。
    今の話は忘れて。」

('A`)「いいのか?」

川゚ -゚)「うん。」

345 : 1:2007/02/19(月) 19:53:27.11 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


('A`)「………。」

川゚ -゚)「………。」

346 : 愛のVIP戦士:2007/02/19(月) 19:54:40.64 ID:6YBcsIyX0
……

347 : 1:2007/02/19(月) 19:55:44.86 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


川゚ -゚)「ねぇ、たまには飲まない?
    ドクオの好きなお酒買ってきたんだけど。」

('A`)「あぁ、いいぜ。
    お互いにちょっと酔った方がよさそうだもんな。」

川゚ -゚)「………。」

348 : 1:2007/02/19(月) 19:58:12.73 ID:bb0ADei90

      _______
.      |i:¨ ̄ ,、    ̄¨:;i|
        |i: /ヘ\    :i|
       |i:〈`_、/´_`>.、  :i|
      |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|
.        |i`::;:':::::;;;;;:;':::::::::::i|
.       |i:::`::::´:::::::::::::::::::i|
.      |`ー=====一゙|
       `ー―――‐一´


('A`)「あ〜、やっぱこれはうまいわ。
    モスカートダスティ最高!」

川゚ -゚)「口当たりが甘くて飲みやすいね。」

349 : 1:2007/02/19(月) 20:00:08.35 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


('A`)「そういやこれ、
    前に会社に居た部長さんに教えてもらった酒なんだよな。」

川゚ -゚)「居た?
    その人、会社を辞めちゃったの?」

('A`)「噂の域を超えないけど社長と意見が合わなかったらしくて
    名目上自主退職だったけど、実際は解雇されたんだとか。」

川゚ -゚)「そうなんだ。」

351 : 1:2007/02/19(月) 20:04:59.33 ID:bb0ADei90

      _______
.      |i:¨ ̄ ,、    ̄¨:;i|
        |i: /ヘ\    :i|
       |i:〈`_、/´_`>.、  :i|
      |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|
.        |i`::;:':::::;;;;;:;':::::::::::i|
.       |i:::`::::´:::::::::::::::::::i|
.      |`ー=====一゙|
       `ー―――‐一´


('A`)「趣味が酒って言うくらいに酒豪な人でさ、
    家に連れ込まれて朝まで飲まされたもんさ。」

352 : 1:2007/02/19(月) 20:09:50.98 ID:bb0ADei90

         .___
 _ ∧∧  .!|\__\ .r──‐、          f'ゝ、 ̄`.、     ∧_∧
 ||l (,,゚Д゚)  ||/ ! i  |.|.    |. ̄ ̄//.|   | ヾ.,,f ̄ ̄i:. ̄\. (´∀` )、
 ||l::/ つつ,ヾ\|__.i___/ L..f^i __j   // |   |   \rヾ三三i  ⊂ ⊂  ):I
  L二/⊂〜ヾ;' !i' ̄ ゙̄||ヽ.───//i  |   |:.   ヾ.三三r、---、\   | |
  ./    / ||   ,.||_,|ζ   // :| /.    \    \ヽ i三三i三三i.ソ
  |" ̄ ̄./  /三三三/θ   //  |./..     \    \ヾ三三i三三i
  |     || ̄ ̄ :| ̄ ̄ ̄||:  ̄ ̄|:|  /        \     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |___|| ̄ ̄ :|::::::::::::::::||:  ̄ ̄|:| ./            \  ||:       |
      .||:.     ̄| | ̄      .|:|_/               \l||_____|
           ./ | \


('A`)「普段は酒ばっか飲んでて遊び人っつーか詐欺師みたいな
    胡散臭い人にしか見えなかったんだけど、
    仕事になるとこれがまた急に真面目な顔になるのな。
    今のオレの上司さん達を部下に従えてすごく働いてた。
    今でも話に上がるようなすげぇもの作ったんだぜ。」

354 : 1:2007/02/19(月) 20:13:41.87 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


('A`)「その部長さん言ってたよ。
    一生使えるようなもの作ったもんね、って。
    ”これから君がやっていくのは、そういう仕事なんだぜ。”
    胡散臭い子供っぽい笑顔で部長さんはそういってたよ。
    へへへ。」

川゚ -゚)「………。」

355 : 1:2007/02/19(月) 20:15:53.21 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


川゚ -゚)「ねぇ。」

('A`)「ん?」

川゚ -゚)「ドクオにとって”仕事”って何なの?」

358 : 1:2007/02/19(月) 20:19:42.89 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


川゚ -゚)「ドクオを見てるとね、仕事が人生そのものみたいに見える。」

('A`)「いや、そこまで仕事に重点置いてるつもりはないぜ?
    仕事もテキトーだし。」

川゚ -゚)「嘘。」

359 : 1:2007/02/19(月) 20:23:31.84 ID:bb0ADei90

;;;;;;:;;;;;;;:;;:;;:;:;:;::;;:;::;:;;::;:;:;;:::::;::::::::::::::::;;:::::::::::::::::: :::: ::: : :: : : : :
;;;;;;:;:;:;::;;:;::;:;;:;:;;:::::;:::::::::;::;:::::;;::::::::::::: :::: ::: : :: :: :  : : :  :
;::;:;;::;:;:;;:::::;::::::::::::;:;:::::::::::: ::::: :::: ::: :: : : : :  : _____
:;:;;:::::;::::::::;;:::::::::::::::::: :::: ::.: : :: : : : :       |  レ  |
;;:::::::::::: :::: ::: : :: :: :  : : :  :            |.    |
:::: :::: ::.: : :: : : : :                 ̄ ̄ ̄
::::::: :::: :: :: :  : :                  カチコチカチコチカチコチ
:: :::: ::.: :  : : :
::::::::: ::: :  ::
: :: :  : : :
               
                 ('A`)
           __(つ ____ _____|| ̄ ̄ ̄ ̄|
            |\   、/   / \   ヽニニ||  iヽ-ヽ . |
            |  \   ̄ ̄   .\.    |L,,,`jl  |,,,,,|


川゚ -゚)「仕事が適当なんて言いながらでも毎日帰ってくる時間は
    早くないじゃない。
    それに忙しい時期は土日も休まず働くんでしょう?」

('A`)「本当に忙しい時期はな。」

361 : 1:2007/02/19(月) 20:28:48.40 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


川゚ -゚)「私はきちんと就職した事がないから偉そうには言えないけど………
    少なくとも、仕事なんていうのはあくまで人生の一部でしかないと思う。
    なのに、どうしてかなぁ。
    ドクオもブーンも、仕事ばっかり。」

('A`)「………。」

川゚ -゚)「ブーン、普段から帰る時間が遅かったんだって。
    帰ってきてもデレちゃんは寝てる時間で
    デレちゃんとブーンが会う事は滅多になかったって
    ツンは言ってた。」

362 : 1:2007/02/19(月) 20:30:11.71 ID:bb0ADei90

    川゚-゚)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


川゚ -゚)「ブーンが家族を養うために必死だったのも分かる。
    でも、それでもツンはブーンに早く帰ってきて欲しいって思ってた。
    それって我侭かな?」

('A`)「………。」

364 : 愛のVIP戦士:2007/02/19(月) 20:34:08.86 ID:Dpwz6ALs0
バランスは大事だよな…
待つの辛いおね…

366 : 愛のVIP戦士:2007/02/19(月) 20:35:11.10 ID:ChJdF/LN0

  ./⌒ヽ 仕事?ボコボコにしてやんお・・・
  ((.;.;)ω^)=つ≡つ
  (っ ≡lヽ,,lヽ
  /   (    ) もうやめて…
 ( / ̄と.、   i
      しーJ


365 : 1:2007/02/19(月) 20:34:46.45 ID:bb0ADei90
('A`)(そういや、自分の事ばっかりであの二人の事は
    考えた事もなかったな。)

            |__       ____________         |
              /  ./|      |~~| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|~~|         ||\
             | ̄ ̄|  |      |: |        ||        | :|         ||  \
             |    |  |      |: |        ||        | :|         ||    |\
     ____    |    |  |      |: |        ||        | :|         ||    |  \
   . / /|/| |_  |゚ |        .|_ノ      ||       ヾ_|         ||0   .|   \
 / ./|||| |  |∠/| |  |        .|~ヽ       .||.        /~|         ||    |    |
 | ̄| ||||/|/::/(二).|  |____.|,,,,|_____________||____________,,|,,,,|_____________||    |    |
 |  |/|||| |/| ⊂ノノ__|/                ________ __ \   |    |
 |  | ||||/|/|  木                   /※※※※※※※※\ <\\ \,|...   0|
 |  |/|||| |/  ゚ ゚ ゚                     / ※※※※※※※※※ \\> \ \..   |
 |  | ||||/                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \_|
 |_|/          ξ゚ -゚)ξ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|                      
/               ノ つ          /_,|                  
             ( | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|                       
                  |_|            |_|                     


('A`)(デレちゃんを寝かしつけた後、
    ブーンが帰ってくるまでの時間、
    ツンはどんな気持ちで待ってたんだろう?)

370 : 1:2007/02/19(月) 20:59:07.87 ID:bb0ADei90

  |         |  |
  |         |  |_____
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|
  |         |  |   / /|
  |        /\ |  /|/|/|
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|
  |  /  /  |文|/ // /     
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/      /⌒ヽ)
/|\/  / /  |/ /       [   _]  
/|    / /  /ヽ         三____|∪ 
  |   | ̄|  | |ヽ/l         (/~ ∪
  |   |  |/| |__|/       三三  
  |   |/|  |/         三三   
  |   |  |/         三三    
  |   |/                 
  |  /                  
  |/                   


('A`)(仕事のことで頭がいっぱいになっていたブーンは
    どんな顔をして家路に着いていたんだろう?)

372 : 1:2007/02/19(月) 21:05:05.15 ID:bb0ADei90

_____________,       |
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
. . . . . | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
| ̄| ̄| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 0 ||      |
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |     o。
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |   O ‰
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||      |   _レ'
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||    _|__)(
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   |r- _ (_)- __
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   ||   - __    - __
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   ||   ||  - ___
|  |  | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   ||   ||    ||     |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄||   ||    ||     |
                       \  ||    ||     |
                         \||    ||     |
                           \.   ||     |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\


('A`)(玄関で迎えられたブーンと迎えるツンは
    お互いにどんな顔をしてどんな言葉を交わしたんだろう?)

373 : 1:2007/02/19(月) 21:09:51.46 ID:bb0ADei90

   .(,, ^ω^) ξ(*゚ー゚)ξ
   | <∞>  @@*@@
   |U..V |⊃⊂  ⊃
  .@| : | /∞  ∞\
   ..U..U 〜〜〜〜〜〜


('A`)(お互いにお互いの事を考えてたはずなのに
    どこで何が間違って気持ちは
    すれ違っていったんだろう?)

376 : 1:2007/02/19(月) 21:15:03.02 ID:bb0ADei90

    川- -)  ( A`)
 //\ ̄ ̄ ̄\⊂ノ| 
//※\___\ ノ
\\ ※ ※※ヽ
 \ヽ-─────ヽ


('A`)「クー?」

川- -)「………。」

('A`)「珍しいな。お前が酔いつぶれて寝るなんて。」

378 : 1:2007/02/19(月) 21:19:50.37 ID:bb0ADei90

  iニ二二二二二二二二二二二二二二i.   |
  |;:;.. : i;::,. : ;!..:. : i;::;.:.::.|:;; . .:i::;; :.;:|;; .:;:::!::; i!    |
  |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;; ||    |
  |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;: |!    |
  |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;: |!    U
  |;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,:;_|;:,_,;:_|;:._.,:_|;:._,:;_|;:._,!
                                   i'゙||
                       (- -川   i'゙||
                  ⊆⊂´ ̄ ⊂ソ    i'゙||
        ('A`)   r ― −―‐‐―-−―-ぅ┴||
 |i ̄| ̄| ̄|_と つ,ノ. '′,ノ ,' ノ'   シ′,ノ .(,.    ||
 ||___|_:,|__ ||U U||]|(_,..、_,.:-‐、:;ン、_,._,.ス,_,.j:_,),,__,,||


('A`)「我侭なんかじゃないと思う。
    当然の気持ちだし、それを口に出す権利はあると思う。」

381 : 1:2007/02/19(月) 21:25:12.83 ID:bb0ADei90

          ,, --──-- 、._
      ,.-''"´           \
    /                ヽ、
   /     /\     /\     ヽ
    l   , , ,                     l
   .|        (_人__丿  """     |
   l                      l
   ` 、  /⌒⌒i   /⌒ヽ        /
     `/    |   |    \    /


('A`)「それでもさ、
    ブーンも家庭を守るために、家庭よりも仕事を
    大事にしなくちゃいけなかったんじゃないかな。」

382 : 愛のVIP戦士:2007/02/19(月) 21:27:29.80 ID:pt/SmQYg0
もうすでに泣きそうな俺サガット

384 : 1:2007/02/19(月) 21:29:53.78 ID:bb0ADei90

  iニ二二二二二二二二二二二二二二i.   |
  |;:;.. : i;::,. : ;!..:. : i;::;.:.::.|:;; . .:i::;; :.;:|;; .:;:::!::; i!    |
  |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;; ||    |
  |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;: |!    |
  |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;: |!    U
  |;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,:;_|;:,_,;:_|;:._.,:_|;:._,:;_|;:._,!
                                   i'゙||
                       (- -川   i'゙||
                  ⊆⊂´ ̄ ⊂ソ    i'゙||
        ('A`)   r ― −―‐‐―-−―-ぅ┴||
 |i ̄| ̄| ̄|_と つ,ノ. '′,ノ ,' ノ'   シ′,ノ .(,.    ||
 ||___|_:,|__ ||U U||]|(_,..、_,.:-‐、:;ン、_,._,.ス,_,.j:_,),,__,,||


('A`)「あぁ、うん。分かるさ。
    こいつは矛盾だよな。
    家庭を守るために家庭をないがしろにするなんて。」

385 : 愛のVIP戦士:2007/02/19(月) 21:30:23.05 ID:rzqEGkJ10
重いな…

386 : 1:2007/02/19(月) 21:31:02.42 ID:bb0ADei90

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...  ...:: :........ ... .  .....:::...  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'   .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_


つづく





390 : 1:2007/02/19(月) 21:33:23.90 ID:bb0ADei90

今日もお付き合いくださってありがとうござんした。
途中さるくらって投下が遅れてすまんこってす。

どうにもwktkするような展開ではない上に
なんだかんだで限定的な人向けに話が進んでいる状態ですが
次回でもう少し読者間口が(やや露骨に)広げられるかと思いますので
今回ので秋田という読者さんも次回までは読んでいただければ、と。

あと四回の投下で本作は終わりの予定です。
かなりテンション下がり気味に進んでますが
もしよろしければ最後までお付き合いくださいまし。


391 : 愛のVIP戦士:2007/02/19(月) 21:34:05.45 ID:IizFQmNi0
別業種だが似たような環境の俺にはすごくよく分かるわ…
それでケコン流れた事もある

わかるだけに…乙

392 : 愛のVIP戦士:2007/02/19(月) 21:35:26.02 ID:Dpwz6ALs0


難しいよな

394 : 愛のVIP戦士:2007/02/19(月) 21:35:53.71 ID:s38x9up40
とりあえず乙。今日は重かったな

399 : 愛のVIP戦士:2007/02/19(月) 21:46:30.70 ID:dS5cxRiV0
乙ー
俺は重い話も好きだぜ?

404 : 1:2007/02/19(月) 21:56:08.72 ID:bb0ADei90
いやはや、今日も乙レスありがとうっす。
さすがにここのところ、展開的にも重苦しい上に
ごたく並べるまとめに入ってるんで投下しながら
冷や冷やしてますが重い話でもおkって方が居て
安堵しとります。ありがとう。

今日でこのスレは最後になりますが、また次スレで
お会いしましょう。

それじゃあまた。



その1  その2  その3  その4  その5
その6  その7  その8  その9  その10
その11  その12  その13  その14 ←いまココ  その15
その16  その17  その18  その19  その20


posted by キティ at 22:36 | このエントリーを含むはてなブックマーク | Comment(4) | TrackBack(0) | 〆(・ω・ ) ヨミモノ
(「・ω・)「 お世話になってるヨソ様ー
海の幸 (VIP)
山の幸 (etc)


この記事へのコメント
  1. あんた最高の作者だぜ
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2007年02月22日 00:28
  2. 更新されてたッ!
    この作品に巡り合わせてくれたキティたんを様付けで呼びたい。
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2007年02月22日 00:52
  3. キティたん熱大丈夫?!無理しないようにガンガレ
    Posted by at 2007年02月22日 02:51
  4. 前作を見て胃が痛くなった・・・
    この作者すごいな。
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2007年02月25日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



最近業者のスパムが多いので『://』を禁止にしました。
コメントにURLを載せたい方は『http://』を抜いたアドレスでお願いいたします。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。