ヨソ様の最新記事一覧はこちらでどうぞ(´・ω・`)

なんたらかんたらを見て2ちゃんねるに行きたくなった方はこちらをどうぞ

2006年12月28日

ξ゚听)ξツンはメンクイのようです その1

http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1167303610/

その1 ←いまココ  その2  その3  その4  その5  その6
レスなしで読みたい方はこちら蛇屋さん)

1 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:00:10.39 ID:0Kb2zcrw0
私は津手麗子(つでれいこ)16歳の高校二年生。
自分で言うのもなんだけど私は、
成績優秀にして、容姿端麗。
才色兼備にして、完全無欠。
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。

…いえ
立てば桜、座れば薔薇、歩く姿はラフレシア。かしら?
それくらい私の美貌は周りの者を魅了する。

全ての女性はつき従い、
全ての男性は跪く。
皆は私のことをツン様って呼ぶわ。

そして私のおじい様は、
日本最大の財閥、津手グループの総帥。
私には、
権力、知力、財力、そして美貌。
全てを兼ね備えた完璧な存在。

その辺の男達なんて釣り合わないわ。
そうね、一国の王子くらいだったら
私をお誘いする権利はあるかもね。

そして、

私の好きなものは美しいもの。
私の嫌いなものは醜いもの。

3 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:00:39.27 ID:0Kb2zcrw0
朝。

閑静な住宅街にひっそりとそびえ立つコンクリートの建物。
そして四方に無機質な鉄の網がそれを囲う。
その周りを一方に向かって歩く若い男女たちの姿。
男たちは学生服に身を包み、
女たちはセーラー服に身を包んでいる。
彼らは皆、例外なく校門の方へと足を進めていく。

そう、ここは、県立VIP高校。
県内では中堅といったところのランクの高校である。
目立ったところといえば、
サッカー部が県大会三位。
吹奏楽部は県大会準優勝。
といったくらいの、ごく平凡な高校である。

しかし、その平凡な光景の中に、
その光景とは不釣合いな異様なものの存在があった。

4 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:01:08.33 ID:0Kb2zcrw0
それは、アスファルトの上で、
朝日に照らされ白く輝いていた。
そのフォルムは緩やかな流線型を描いている。
その長さは、周りのそれとは比較できないほどに長い。
そしてそれを囲うように
ヘルメットを被り青い服を着た男達が、
それと同じく白く大きなバイクを走らせている。
その車体には、大きく『VIP県警』と書かれていた。

そう、それはフォード社製、リンカーン・タウンカーリムジン。
海外のセレブやハリウッドスターも愛用している車種である。
その全長は、7メートル76センチにも及ぶ。
そして、その中には数人の人影があった。

「じいや。あとどの位で着くのかしら?」

「はい。お嬢様。道路の状況にもよりますが、
 あと数分ほどで着くかと思います。
 県警に公道を封鎖するように要請いたしますか?」

「…いえ、結構よ。それには及ばないわ」

6 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:01:51.74 ID:0Kb2zcrw0
そして、その白く、大きな車体は
『VIP県立高等学校』と書かれた門の前に止まる。
それに気づいた付近にいた若い男女達は、
我先にと集まり大きな群れを作っていく。
しかし、その動きは統制されていて、
一直線に空白のスペースを挟むようにして並ぶ。

そして、不意に、その白い車の扉が開いた。
その中から二人の黒服を着た若い男性が飛び出してくる。
どこから取り出したのか、
彼らは赤いカーペットをその直線の空間に敷き詰める。


突然、けたたましいファンファーレが鳴り響いた。

「お嬢様のおなぁ〜り〜ぃ!!」

そして誰が叫んだのか、その声が聞こえると
リムジンの中から一人の少女が現れる。

8 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:02:20.48 ID:0Kb2zcrw0
「きゃあああああああっ!!ツンお姉さまぁ〜っ!!」
「ツン様!!プレゼントを…どうぞお受け取りください!!」
「ぼ…僕をののしってくださいフヒヒヒヒヒ」
「お嬢様…今日もお美しい…」

それらの声援の横をすり抜けるように、
彼女は優雅に、微笑みながら、ゆっくりと、
赤いカーペットの上を歩いていく。

そのくるっとカールした髪は、美しい金色で、
朝日の光を受けきめ細かく輝いていた。
そのツンとつりあがった眼は、大きく、
ぱっちりとしていてまるで人形のようだった。
その雪のように白い肌は、
透き通っていて、太陽の光を反射する月のようだった。

そして、彼女は周りの者に声を掛ける。


ξ゚ー゚)ξ 「皆さん、ごきげんよう」


ξ゚听)ξツンはメンクイのようです〜オープニング





9 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:03:13.15 ID:0Kb2zcrw0
第一話 嵐の転校生!!の巻


ここは校舎二階のとある教室。
その入り口には『2年3組』と書かれたプレートがあった。

教室では整然と規則正しく、スチール製の脚に
木製の板で出来た机が、6×6のマス目のように並んでいた。

しかし、その中には異様な一角があった。

その一角のフローリングの床の上には、
虎模様のフサフサとした毛皮のカーペット。
さらにその上には、
繊細な装飾が施されたマホガニー製の机。
そこには「L」と「V」の文字が交差した、
モノグラム柄の筆記用具が置かれている。
そしてその傍らには、ロココ調の彫刻が
背もたれと肘掛けに施された大きめの椅子。

その上には先程の少女の姿があった。

10 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:04:16.82 ID:0Kb2zcrw0
('A`)「ツン様。肩をお揉みしましょうか?」

ξ゚听)ξ 「そうね。お願いしてもらおうかしら?」

( ><)「ツン様。紅茶が入ったんです!!」

ξ゚听)ξ「ご苦労様。あら?今日はダージリンね」

( ^ω^)「ツン様!!ぼ…僕をののしってください!!フヒヒヒヒ」

ξ゚听)ξ「口を閉じろ。この薄汚いオス豚め!!」
  _  ∩
( ゚∀゚)彡「おっぱい!おっぱい!」

ξ♯゚听)ξ「黙れ」

その彼女はクラスの男子を従えて座していた。
それ以外にも、孔雀の羽を仰いでいる上半身裸のイケメンや、
バイオリンでクラシックを奏でる黒いタキシードの男など、
様々な男を従えている。

男子ばかりではない。それを囲うようにして女子達も
皆、目をハート型にして何やらキャアキャアとはしゃいでいた。

12 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:05:02.74 ID:0Kb2zcrw0
(;,,゚Д゚) 「…相変わらずだなゴルァ…」

(;*゚ー゚)「…みんな最初は、ああじゃなかったのに…」

川 ゚ -゚)「…エロイムエッサイム…エロイムエッサイム」

そうやら、その例外もいるようであるが。

( ´∀`)「みんな〜。席に着くモナ!」

ガラッ、と入り口が開き、そこから
茶色いジャケットを羽織った中年の男が入ってくる。
彼女の周りを囲んでいた者は、皆一斉に各々の席へと着いていく。

( ´∀`)「じゃあ、出席を取るモナー」

13 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:05:43.33 ID:0Kb2zcrw0
( ´∀`)「擬古」

( ,,゚Д゚)「はいゴルァ!」

( ´∀`)「乳山」
  _  ∩
( ゚∀゚)彡「おっぱい!おっぱい!」

( ´∀`)「独田」

('A`)「はい」

( ´∀`)「内藤」

( ^ω^)「フヒヒヒヒ」

( ´∀`)「和間内」

( ><)「はいなんです!!」

五十音順に次々と男子の名前が呼ばれていく。

14 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:06:20.81 ID:0Kb2zcrw0
( ´∀`)「椎田」

(*゚ー゚)「はい」

( ´∀`)「須名」

川 ゚ -゚)「………はい」

( ´∀`)「その他名無しの女子ども」

「ちょwwwwww」

次に女子の名前に差し掛かる。
そして、彼女の名前にさしかかった。

(;´∀`)「…ええと…津手…様?
      ご機嫌はいかかでしょうかモナ?」

ξ゚听)ξ「今日もいい調子ですわよ、茂名先生」

何故このクラスの教師、茂名は
彼女に対してここまで低姿勢かというと、それには理由があった。

15 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:07:01.47 ID:0Kb2zcrw0
それは、一年前のことである。
VIP高校に入学した彼女は、入学早々、

ξ゚听)ξ「この机と椅子、私に相応しくないわ」

とか言って、自分に割り振られた机と椅子を
勝手に従者達に撤去させて、その代わりに
マホガニー製の机と豪勢な装飾の椅子を設置したのだ。

これに怒ったのは、当時の担任だった教師。
彼は新任したばかりで、まるで絵に描いたような熱血教師。
その彼は、彼女にキツイ口調でそれを咎めたのだ。

しかし、それがマズかった。
その一日後、彼は不審な失踪を遂げる。
そして三日後、彼は某山道の路上で発見されたが、

「おいなりさんが…おいなりさんが近づいてくる…」

とか、訳の分からない言葉を発して
精神に異常をきたしてしまっていた。
そして、彼は教職から退かなくてはならない状況になる。
パンツを被ったTバック…いやVバックの男が…と、
彼は後に語っていたがその真相は定かではない。

16 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:07:58.36 ID:0Kb2zcrw0
その後、津手グループが影で動いたとか、
教師の間で様々な噂が立ったが、
ともかくその事件から、彼女に対して
教師達の姿勢は低くなってしまったようだ。

( ´∀`)「では、ホームルームの前に、
      皆に言いたい事があるモナ」

そして、彼はこう続ける。

( ´∀`)「今日、君達のクラスに、
      転校生がやって来るモナ!」

その台詞を受けて急に教室は騒然となる。
生徒達は皆一斉に近くの席の者と言葉を交わす。

(;´∀`)「ちょww皆落ち着くモナ!」

それでもその喧騒は静まらなかったが、
ここに一人、周りの者とは違う事を考えている者がいた。

17 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:08:35.68 ID:0Kb2zcrw0
ξ゚听)ξ「…転校生…ねえ…」

それは、ただ一人豪華な空間に囲まれて座っていた彼女だ。
その表情は周りの者とは違い、落ち着いていた。
そして彼女はこう思った。

転校生?
周りの者はみな私を差し置いて、
まだ見ぬ人物に注目している。

…だが関係ない。私は今まで例外なく、
その美貌で周りの者を魅了してきた。
ならば、その転校生とやらも私の虜にしてやる。

そして、周りが静まり返ったあと茂名はこう続けた。

( ´∀`)「やっと静かになったモナ…
      では、入ってきなさい」

男か?女か?そんなことはどうでもいい。
私の姿を見た瞬間、そいつを跪かせてやる。

そう思った瞬間、彼女の目に、その姿が飛び込んでくる。

18 :VIP皇帝:2006/12/28(木) 20:08:59.22 ID:0Kb2zcrw0

             r'  ヽ
            d   :b
            _ノ_  _、_
            /´:,′ ._l_  `) ヽ
         { , ^Y   |   Y^  }
         ソ ‐'^、 ハ ,^'ー 1
          ヽ、  ,' l `r'   /
       _    辷ノ l ;,__ッ'′  _
   ,. '' ̄   ̄`ヽ!_   l   jレ''´ ̄     ̄`ヽ
   {、 __    ; ` .::. _ ´:,     _,ィ ,{
   !  / ト、`ー―'t'   `r'   `ッー--‐'' イ、   }
   { ;  | `ー....,;_l.    l   _'__... -''´ { l、 |
   | ;  }    { `ー‐''^ー―'''´|     | l  |
   .!  /    l       l   i      ヾ  |
_,。_}  ,'    |       |   |     ヽ {_,。、
'、_....  l}   |   |    l  |     }  ..._ぅ'
   `ー┘   _| _l l |    |  _ト、_    └-'´
        'ー'⌒ ̄⌒ー^⌒⌒ーー'

          むきむき〜ん


19 :彼女と初詣:2006/12/28(木) 20:09:26.26 ID:lYFDHQhN0
wktk・・・ってちょwwwwwwwww

20 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:09:27.18 ID:0Kb2zcrw0

             r'   ヽ
            ( `・ω・)彡クルッ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            _ノ_  T、_       <  そうだね、プロテインだね!!
            /´:,′ ._l_  `) ヽ      \____________
         { , ^Y   |   Y^  }
         ソ ‐'^、 ハ ,^'ー 1
          ヽ、  ,' l `r'   /
       _    辷ノ l ;,__ッ'′  _
   ,. '' ̄   ̄`ヽ!_   l   jレ''´ ̄     ̄`ヽ
   {、 __    ; ` .::. _ ´:,     _,ィ ,{
   !  / ト、`ー―'t'   `r'   `ッー--‐'' イ、   }
   { ;  | `ー....,;_l.    l   _'__... -''´ { l、 |
   | ;  }    { `ー‐''^ー―'''´|     | l  |
   .!  /    l       l   i      ヾ  |
_,。_}  ,'    |       |   |     ヽ {_,。、
'、_....  l}   |   |    l  |     }  ..._ぅ'
   `ー┘   _| _l l |    |  _ト、_    └-'´
        'ー'⌒ ̄⌒ー^⌒⌒ーー'


21 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:10:19.34 ID:0Kb2zcrw0
ξ;凵G)ξ「嫌ァあああああああああ!!!!」

思わず彼女は泣き叫んだ。
その白い肌には、ぽつぽつと、
じんましんのようなものが浮かぶ。

どうやってその姿勢で入ってきたかは分からないが、
その筋肉の塊は、丸太のようなものに跨り、
そして全裸のまま後ろに手を回した変なポーズで
こちらに背を向けていた。

(;´∀`)「こちらが転校生の社木くんだモナ…
      っていうか、君、服を着るモナ…」

身の丈は190cmはあるだろうか。
その筋肉は、鋼のようにギラギラと輝いていて、
岩のようにゴツゴツと隆起している。
そして、その胸毛は密林のように生い茂っていた。

(`・ω・´) 「美しい…今日も調子がいいようだ…」

彼は自分の躰をうっとりと眺めている。
大胸筋がどうとかと、彼は呟いていたが
茂名の言葉にハッと気づき、彼はこう答えた。

(`・ω・´)「はっ!?これは失敬。
      …レディも居る中でこの格好は下品だった」

23 :彼女と初詣:2006/12/28(木) 20:11:04.27 ID:lYFDHQhN0
全裸って玉見せてるじゃねーかwwwwwwwww

22 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:10:52.32 ID:0Kb2zcrw0
そして、どこから取り出したか分からないが
彼はその素肌の上から、ネクタイを着ける。

(`・ω・´)「これでよし…と。
      ジェントルメンである私としたことが、
      なんという失態を…」

(;´∀`)「いやいやいやいや!
      下を履きなさいモナ!下を!」

その光景はクラスの中を混沌の渦へと巻き込んでいた。
女子達の悲痛な叫びが教室をこだまする。

(*//ー/)「きゃ〜っ!!なんて破廉恥なの!?」
      (…ギコくんのより大きいかも…)

(;,,゚Д゚)「…って指の隙間からしっかり見てるぞゴルァ」

川 ゚ -゚)「…ジャンボフランク…」

手を覆いもせず直視している女子もいるようだ。

24 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:11:29.01 ID:0Kb2zcrw0
(`・ω・´)「…ん?ここの制服はブレザーではないのか?」

(;´∀`)「いやいやいやいや!
     そういう問題じゃないモナ!」

茂名は何とか服を着るよう説得ようとしたものの、
彼は他に赤いフンドシしか持参してなかったらしく、
仕方なくそれを履かせてこの場を収めた。

(;´∀`)(転校してきた理由が何となく分かったモナ…)
     「それじゃあ、君の席は…」




(;´∀`)「津手…様…の横の席に座ってもらおうか」

ξ;凵G)ξ「嫌ァあああああああああ!!!!」

彼女は再び悲痛な金切り声を上げる。

25 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:12:07.47 ID:0Kb2zcrw0
彼女の最も嫌いなものは「醜いもの」。
そして、それには余分な筋肉も含まれる。
男子の筋肉はうっすらと付いている位がよい。
体毛の存在などはもってのほからしい。

('A`♯)「何だとぉ!ツン様の隣!?けしからん!!」

( ><)「新参が生意気なんです!!」

(* ^ω^)「ツン様…僕を踏みつけて下さいお…ハァハァ」
  _  ∩
( ゚∀゚)彡「おっぱい!おっぱい!」

その男子のブーイング(一部除く)にも関わらず、
彼は彼女に近づいて行く。

(`・ω・´)「麗しいレディ…隣に失礼するよ」

ξ゚听)ξ「…!?」

そう声を掛けられると、彼女は小刻みに体を震わせる。
そこで彼女はハッ、とした。

27 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:12:43.03 ID:0Kb2zcrw0
そうだ、私は津手麗子。
そうだ、私は完璧な存在。
冷静に見れば、この男はちょっと変なだけじゃないか。
私の隣に来たのが運のツキ!必ず跪かせてやる!

そう思い、彼女は自分を取り戻す。
だが、しかし異変はすぐにやってきた。

(`・ω・´)「…美しい…」

彼は彼女の顔をまじまじと見つめる。
彼女は少し目が(キモさのあまり)眩みそうになったが、
それを、ぐっとこらえる。

(`・ω・´)「…美しすぎる…」

彼は、なおも彼女の顔に自分の顔を近付ける。
キモさに吐きそうになりながらも、
それ来た。と彼女は心の中でガッツポーズを取った。
周りでは男子と女子がなにやら騒いでいる。

28 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:13:12.33 ID:0Kb2zcrw0
(`・ω・´)「…君の瞳に映る僕の上腕二頭筋が…」

ξ;゚听)ξ「………!!」


何ィイイイイイ!!?
上腕二頭筋!?何それ!?
…いや、それよりもコイツは私の美しさよりも
自分の醜い筋肉に見とれているだとォオオオ!?
お、落ち着け。 そ、素数を数えるんだ。
素数は孤独な数字…私を落ち着かせてくれる。
2、3、5、7、9……9は素数じゃないっ!
(思考時間0.01秒)

ξ;゚听)ξ「ちょっ…ちょっとあんたっ!?
       私を見て何にも感じないの!?」

(`・ω・´)「ん?何かって?別に、
      僕の上腕二頭筋はいつもどおり調子が良いが?」

ξ♯゚听)ξ「そういうことじゃないっ!」

31 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:13:53.09 ID:0Kb2zcrw0
彼女の言葉をよそに彼は横の席に座り、
そのままうっとりと自分の鋼の肉体を見つめていた。
その彼を彼女は呆然と見つめていた。
目の前の人間は明らかに、彼女にとって異質だった。

そして、一限目の授業が始まったが、
彼は相変わらず自分の筋肉を見つめている。
いや、むしろ、おもむろに立ち上がり、
そのまま前に進み、教壇に立ち、
アドミナブル・アンド・サイのポーズを取る。
(参考ttp://club.pep.ne.jp/~mikami1/pose_adminable-and-thigh.jpg)
彼曰く、

(`・ω・´)「ああ、すまない。しばらく座っていたら
      腹筋と大腿四頭筋の調子が気になってね。
      どうやら調子がいいようだ。気にしないでくれ」

とのことらしい。

こうして波乱の一時間目は終わる。

33 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:14:53.08 ID:0Kb2zcrw0
休み時間。

('A`)「ツン様。机の上をお掃除致しましょうか?」

ξ゚听)ξ 「そうね。お願いしてもらおうかしら?」

( ><)「ツン様。ハーブティーを入れたんです!!」

ξ゚听)ξ「ご苦労様。あら?ローズヒップね。丁度目が疲れていたの」

( ^ω^)「ツン様!!ぼ…僕を踏んでくださいお!!フヒヒヒヒ」

ξ゚听)ξ「ほれほれっ!感じてるの?卑しい豚ね」

(* ^ω^)「…そっ…そこはらめぇっ!!ハァハァ」
  _  ∩
( ゚∀゚)彡「おっぱい!おっぱい!」

ξ♯゚听)ξ「殴るぞ」

(;,,゚Д゚) 「…ここにはまともな人間が居ないのか?ゴルァ…」

(;*゚ー゚)「…それはもう、私たち二人だけね…」

川 ゚ -゚)「…フィッシュ竹中さん…(うっとり)…」

35 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:15:28.94 ID:0Kb2zcrw0
それは相変わらずの光景だった。
しかし彼女は、シャキンとかいう、
変な名字の男のことが気になっていた。
取り巻きを適当にあしらいながらも、
彼のほうをちらりと見る。

彼は、またなにやら一人でポーズを取っていた。
その異質さをクラスの皆は感じ取り、
転校生にも関わらず誰も相手にしていない。
だが、彼はそれを微塵も気にすることはなく、
無心にダブルバイセップス・フロントのボーズを取る。
(参考ttp://club.pep.ne.jp/~mikami1/pose_double-biceps-front.jpg)

この男の思考が理解できない。
今までは私の魅力に耐えられる男は居なかった。
なのにコイツは気にするどころか、自分の筋肉に酔いしれている。
この男は一体…

と彼女は疑問に思っていた。

第一話 おしまい





36 :書初め(交通安全):2006/12/28(木) 20:15:36.04 ID:zY+ZJpgKO
これはwwwやばいwwwwww

37 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:16:37.32 ID:0Kb2zcrw0
需要があれば第二話も投下しますがどうでしょうか?


38 :彼女と初詣:2006/12/28(木) 20:16:53.78 ID:lYFDHQhN0
気になるところで切るなwwwwwwwwwwwww
wktkすぎるwwwwwwwwwww

43 :猪(汗かき):2006/12/28(木) 20:17:55.97 ID:0Kb2zcrw0
では、ひっそりと投下を続けたいと思います。


44 :彼女と初詣:2006/12/28(木) 20:18:00.75 ID:lYFDHQhN0
投下してくれwwwwwwwwwww
これは良作の予感






その1 ←いまココ  その2  その3  その4  その5  その6
posted by キティ at 23:28 | このエントリーを含むはてなブックマーク | Comment(7) | TrackBack(0) | \(^o^)/カオス!
(「・ω・)「 お世話になってるヨソ様ー
海の幸 (VIP)
山の幸 (etc)


この記事へのコメント
  1. うはwwwwテラタノシミスwwww
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2006年12月28日 23:31
  2. 作者です。
    ここでもまとめが…
    管理人さんありがとうございます。
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2006年12月29日 00:55
  3. うわぁ、無駄にボディービルの知識が増えたなりぃ・・・
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2006年12月29日 01:07
  4. >米2
    どうも乙乙です

    まだ前作を読んでないので、読んできますNE
    ε=ε=ε=(┌ ^ω^)┘シュタシュタシュタ...
    Posted by キティ@中野人 at 2006年12月29日 02:04
  5. いきなりメチャクチャ増えて宝
    驚いたよキティタン
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2006年12月29日 08:46
  6. ちょwwwwwww歩く姿はラフレシアてwwwwwwwwwwwwwww








    ラフレシアって腐った玉葱の臭いするぞ
    Posted by at 2006年12月29日 10:36
  7. 余談ですが、吹奏楽部に優勝、準優勝は……
    ( ><)<ないんです!!
    うん、まぁ、ほんとに余談ですが。
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2006年12月29日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



最近業者のスパムが多いので『://』を禁止にしました。
コメントにURLを載せたい方は『http://』を抜いたアドレスでお願いいたします。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。