ヨソ様の最新記事一覧はこちらでどうぞ(´・ω・`)

なんたらかんたらを見て2ちゃんねるに行きたくなった方はこちらをどうぞ

2010年05月15日

唯「あ、けいちゃん先生!」桑田佳祐「はいはい。」 その4

その1  その2  その3  その4 ←今ココ  その5




672 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:03:41.89 ID:III0AAFt0
桑田「よし・・・みんな!」

澪「はい、なんですか?」

唯「くわっちょイェーイ!」

紬「イェーイ!♪」

桑田「三日後のライブに向けてな。応援になるかはわからないけど、曲を用意してきた。」

梓「歌ってくれるんですか!?」

681 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 21:09:39.87 ID:u54Rc4Da0
紬「マ…マンピーの…Gスポット?」

674 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:04:50.72 ID:III0AAFt0
桑田「ああ。」

澪「そういえば、桑田先生の歌って直接聞いた事なかったよな。」

唯「わーい!歌って歌ってー!」

桑田「よし!」

桑田は持って来たアコギを抱き、あぐらをかいて座る。
取り囲むようにして、HTTのメンバーその関係者達が座った。

桑田「じゃあ、聞いて下さいー!YaYa(あの時代を忘れない)!」

678 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 21:08:27.07 ID:vkdZHanP0
追いついた!しかもYa Ya来た!

683 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 21:10:48.23 ID:V4VHkJb+0
おいとけばいいんだろ?



680 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:09:31.17 ID:III0AAFt0
‘胸に残るいとしい人よ’

唯「・・・わぁ・・・」

紬「凄い・・」

‘飲み明かしてた 懐かしい時・・・’

梓「・・・」ポォォォ

澪「・・・・」(本当に、凄い・・)

憂「お姉ちゃん達・・こんな上手い先生に教わってたんだ・・」

685 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:12:51.98 ID:III0AAFt0
‘互いにギター 鳴らすだけで わかりあえてた 奴もいたよ’

律「・・・くすっ」

澪「ん、どうした?律。」

律「・・いや、なんか今の歌詞、私達みたいだなって思って。

澪「・・・互いに・・ギター・・ふふ、そうだな。」

律「パートは違っても・・みんな楽器を鳴らせば・・」

澪「あぁ・・。」

690 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:18:28.22 ID:III0AAFt0
律「なぁ澪。」

澪「なんだ?律。」

律「音楽やってて・・・良かったよな。」

澪「・・あぁ。」

律「・・そして・・・」

澪「ん?」

律「くわっちょと出会えて、良かったよな・・」

澪「・・・」

律「・・・」

澪「・・・あぁ・・・。そうだな・・・」


そして。

コンテスト当日の朝。

698 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:26:46.09 ID:III0AAFt0
桑田(・・・朝か・・)

桑田(今日であいつらともお別れなんだな・・)

桑田(・・・)

桑田(最後になるのか・・・)

桑田(考えてみれば、あいつらのライブを見るのは最初で最後なんだな。)

桑田(・・・)

桑田(行くか。)



会場

707 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:33:49.94 ID:III0AAFt0
澪「わ・・・・わ・・・・」

紬「どうしたの?澪ちゃん?」

澪「だだだだだって・・・・・こ、こんな広い会場で」

律「リハでも来たじゃんか。」

澪「い、いざ本番だと思うと足が竦むんだよ!」

梓「大丈夫ですよ澪先輩!今の私達なら!」

唯「そうだよ!絶対優勝だよ!」

澪「う・・うん・・・」

716 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:39:52.17 ID:III0AAFt0
さわ子「あら、みんな揃ってるわね。」

桑田「遅刻者はいないな。」

律「一番遅刻しそうな人がよく言うぜー!」

桑田「なんだとこのデコスケ!」

律「変態パーマ!」

桑田・律「ぬぅぅぅぅー!」

紬「本番当日まで変わらないわねぇあの二人は♪」

澪「ムギもいつもと変わらない気が・・」

唯「わー!出店があるみたいだよー!凄いー!」

澪「唯も・・・。」

梓「・・・」ゴォォォォ

澪「梓はなんだか燃えてるし・・・」

澪「・・・私も、気合入れないとな。」

724 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:44:10.65 ID:III0AAFt0
(控え室)

さわ子「みんな、今日の出番表よ。」

律「おー!どれどれ・・え!最後じゃん!」

澪「え!!」ガクガクブルブル

桑田(生まれたての小鹿のようだ)

梓「盛り上がるも盛り上がらないも・・私達次第って事ですね!」

紬「燃えてきた♪」

唯「熱い!熱いよムギちゃん!」

紬「そーれボォー、ボォー、♪」


キャッキャッツ

725 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 21:45:24.04 ID:oPovY9Ga0
エンディングテーマはIF I EVER HEAR YOU KNOCKING ON MY DOORね
すまん気分で言ってみた

727 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 21:46:12.36 ID:/kzWmvaOP
最後は希望の轍だろ

743 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 21:51:54.74 ID:/kzWmvaOP
何気なくロックンロールスーパーマンとかジャストメンインラブあたりが合ってると思うのね

750 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 21:56:05.16 ID:oPovY9Ga0
わすれじのレイドバックもいいな

755 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 21:57:45.06 ID:a9Fojq6P0
澪「たぶん本当の未来なんて知りたくないとアナタは言う♪・・・・」

758 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 21:58:49.90 ID:RChEnxtv0
>>755
ここでそれかwwww

742 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:51:52.02 ID:Y/JKailY0
桑田(・・そう、この感じ。)

桑田(この緩い雰囲気が、お前たちの最大の持ち味なんだよ。)

桑田(他のバンド、全体が緊張している。)

桑田(そんな張り詰めた控え室で、お前らだけはいつもの、素の姿でいられているんだ。)

桑田(プロになるよ。お前らは。俺じゃあ止められん。・・俺が手を貸さなくても、いずれ、絶対上に行くんだろうな。お前たちは。)

彼女達のポテンシャル、才能。
それを見ていられるのも、もう今日一日だけ・・・。
ここまで来て、桑田が祈るのはただ一つ、これだけだった。



桑田(絶対優勝しろよ!みんな!)

747 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 21:55:11.46 ID:Y/JKailY0
コンテストが始まった。
各バンドの演奏は三曲ずつ、ライブ形式で行われる。実践での実力を見る意向のようだ。

憂「凄い・・みんな凄く上手いよ・・」

純「うん・・本格派って感じ・・・」

憂「大丈夫かなぁ・・お姉ちゃん・・」

和(唯・・・)


桑田(・・・)

桑田は、少し離れた場所でコンテストの様子を見ていた。
寸感では、ガールズのアマチュアにしてはなかなかレベルが高い。
しかし。
客席を眺めてみると、各バンドの演奏毎に、
恐らくそれぞれのファンであろう集団しか盛り上がっていないのが伺える。

773 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 22:07:10.12 ID:Y/JKailY0
桑田(魅力・・・か。)

歌唱力、演奏力。
各バンド、確かにHTT以上の能力はある。
・だが、初めてビートルズを聞いた時のような、初めてディランを聞いた時のような・・
そして何がなんだかわからない内にこの世界に連れて来られたあの日。HTTの演奏を聞いた時のような・・・

桑田(・・・ん?)

桑田(・・はは、何を俺は、ビートルズやディランと並べて考えてるんだ。)

・・しかし。
きっと陽の目を見ないままで・・見えない力に翻弄され、日替わりの運命に左右され、誰にも知られないまま消えてしまった才能あるミュージシャンやバンド・・・
・・そう、ビートルズやディランは、きっと知らないだけで本当はどこにでもいるんだ・・。

・・元の世界に戻ったら・・・・

桑田(・・うん、そうだな。そうだよな。)

全ては、もう決まった。
後は。彼女達を最後まで見守るのみ・・

プルルルル

桑田「ん?」

781 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 22:11:20.60 ID:CJlKwMuJ0
>・・そう、ビートルズやディランは、きっと知らないだけで本当はどこにでもいるんだ・・。
名言すぎる 心に刻まれた (´;ω;`)

782 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 22:11:36.58 ID:Y/JKailY0
携帯が鳴っている。
こんな時に誰だ・・と思いながら桑田は通話ボタンを押す。

桑田「はいはい?」

唯「あー!くわっちょやっと繋がった!今どこにいるのー!?」

桑田「どこって、客席でライブ見てんの。」

律「唯、ちょっと変われ!・・・くわっちょ!」

桑田「デカい声出すなデカい声を。」

律「今すぐ控え室に集合!」

桑田「え?」

律「部長命令だ!・・・じゃあな!」ガチャッツー・ツー・・

桑田「なんなのよあいつは・・・」


呼び出された手前、無視する事も出来ず桑田は控え室へ向かった。

788 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 22:14:23.51 ID:ajN15ln20
桑田「来たぞー、みんな。」

紬「あ!お待ちしてました♪」

梓「遅いですよ先生!!」

桑田「何よ何よ。」

唯「えへへー・・・」

澪「せーの!」

全員「じゃーん!」

桑田「・・・え?」

桑田が渡されたのは真っ白なアコースティックギター・・・
それにマジックで書かれた全員からの寄せ書きだった。

797 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 22:19:06.86 ID:ajN15ln20
桑田「これを俺に・・・?」

律「へへー、なんかくわっちょには世話になりっぱなしだったからさぁ、
何かお返ししなきゃなーって。」

桑田「律・・・」

唯「くわっちょ、今日までありがとうー!」

澪「先生には・・ほんと、何て言って良いのか・・」

梓「安物ですけど、みんなでお金出し合って買ったんです。真っ白なギター・・
なかなか見つからなかったですけど。」

紬「先生に、何かお返ししたくて・・」

桑田「みんな・・・」

802 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 22:28:16.01 ID:ajN15ln20
寄せ書きとは言っても、ぐちゃぐちゃに色んな言葉や絵が描かれていて、
一つ一つ読むのには時間がかかりそうだ。

律「まぁ、なんつーか・・これからもよろしくな?くわっちょ?」

桑田「・・・全く、バカ共が、コノー・・・」

澪「桑田先生?」

唯「あははー、くわっちょ照れてるー!」

せっかく、せっかく気持の整理がつきはじめていたのに。
こんな事をされたら・・・
こんな事をされたら何が何でもこの世界にいたくなってしまうじゃないか・・・

・・話そう。
この子達に本当の事を・・
もう、二度と会えなくなるかもしれない事を・・

桑田「・・・みんな。」

律「なんだ?くわっちょ。」

桑田「信じられないかもしれないが・・」

スタッフ「放課後ティータイムさん!そろそろ準備お願いします!」
澪「あ・・・」

808 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 22:34:55.87 ID:ajN15ln20
律「なんだよ、くわっちょ?話なら早く・・」

桑田(みんな・・・)

桑田「・・・信じられないかもしれないが!お前たちなら絶対に優勝できる!さっさと演奏して来い!バーカ!」

梓「なんですかそれ(笑)」

唯「うん!頑張る!」

澪「うん・・・行こう!先生!聞いてて下さいね!」

紬「行って来ます!」

律「・・はは、まぁ、よくわかんないけどさ、話ならこの後でもゆっくり聞けっからさ。また後でな?くわっちょ。」

桑田「・・・」

律「じゃ、行ってくるわ!」

810 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 22:38:29.43 ID:RChEnxtv0
これから演奏だし言えないよなぁ

811 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 22:41:09.75 ID:8iDiIeVX0
男なら粋で優しい馬鹿でいろ、か・・・

812 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 22:43:21.32 ID:ajN15ln20
桑田「・・律。」

律「何?」

桑田「客席・・・ぶっ飛ばして来い!」

律「・・・」

桑田「・・・」

律「・・ふふ、わかったよ、センセ!!」

タッタッタッ・・・

桑田「本当に・・・バカ共が・・・・」

ステージ袖でスタンバイに入ったメンバーを目に焼き付ける。
そして寄せ書きのギターを握り締めながら・・桑田は客席に向かった。

運命の、最後のライブが始まる。

819 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 22:51:34.55 ID:ajN15ln20
アナウンス「次は桜高軽音楽部・・・放課後ティータイムの登場です!」


憂「おねえちゃーん!!」

和「唯―!」

純「梓―!」

唯「こんにちわー!放課後ティータイムですー!」

ワーワー

‘なにあれ、なんか地味じゃない?’
‘ねー。大したことなさそう・・’

桑田(・・・)

桑田(・・・行け!お転婆ビートルズ・・・!)

820 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 22:52:33.03 ID:vkdZHanP0
お転婆ビートルズ良いなww

823 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 22:56:41.43 ID:ajN15ln20
唯「では一曲目・・・カレーのちライス!!」

‘カレーのちライスだって、変な名前・・’
‘コミックバンドじゃね?’
‘あはははー!’

そんな聴衆の声も、ムギのキーボードにかき消され・・・
唯のボーカルによりライブ終盤で下向き加減だった客席のテンションが徐々に復活していく。
曲の中盤、それぞれの楽器に調子が訪れ、いよいよHTT本領発揮という頃・・・
聴衆一人一人の耳をつんざくかのような歓声と、HTTの演奏が空中で正面衝突を起こした。

836 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:01:33.43 ID:OAEgOzF+0
桑田「それだ・・それだよみんな。その力が・・・お前達なんだ・・」

桑田「見る者を惹き込んで味方にしてしまう・・そんな、どっから来るのかどっから来てるのかわからない魅力・・・」

桑田「もう誰も、曲名の事も演奏技術の事も何も考えていない。」

桑田「ただお前達の生み出す空気に夢中になって・・一つになってる。」

桑田「それがお前達・・HTTなんだ。」

いつの間にか、ライブは二曲目の私の恋はホッチキスが終わり、三曲目・・・

桑田が彼女達の為に用意した曲の演奏が始まる。

848 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:03:40.02 ID:OAEgOzF+0
桑田「・・・最後・・か・・・・。」

色々な事があった。混乱から始まり、忘れかけていた気持ち、自分がやらなければいけない事・・・たくさんの事を受け取った。
・・HTTのメンバーから。
・・・ありがとう。
桑田は呟いた。
時間は無常にも過ぎて行き・・

唯「最後の曲です!曲名は・・・せーの!」

866 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:09:22.66 ID:OAEgOzF+0
HTT「明日晴れるかな!!」

ゆっくりと、柔らかな紬のキーボードの音色が会場を包み込む。



唯『熱い涙や恋の叫びも』

澪『輝ける日は何処に消えたの?』

桑田「・・・」

桑田「・・あぁ、最後・・本当に最後なのか・・・」

唯『明日もあてなき道を彷徨うなら』

唯・澪『これ以上もとには戻れない』

桑田(・・・意識が・・・なんだ、おかしいな・・まだ曲は終わってないのに・・)

桑田(・・はは、やっぱり俺は戻るんだな・・向こうの世界に・・)

869 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:09:53.34 ID:eluqYlM80


872 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:10:44.82 ID:YL4ihIq2O
俺の好きな曲キターー!!

879 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:16:13.21 ID:OAEgOzF+0
桑田「みんな、もう会えないかもしれないけど・・」

桑田「最後にもう一度、騒ぎたかったなぁ・・・」

桑田「本当の事を話したら、みんな何て言うんだろうな。」

桑田「律あたりは・・信用しないかもな・・・」

桑田「みんな・・あ、寄せ書き・・・」

唯『誰もがひとりひとり胸の中でそっと』

唯・澪『囁いているよ』

桑田(・・・)

HTT『明日晴れるかな・・・』

桑田(じゃあな・・ありがとう・・楽しかったよ、みんな・・)

唯『遥か空の下・・・・』

889 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:24:51.10 ID:uwNLx+Zn0
ライブ終了後

律「うはー!終わったぜー!!」

唯「凄く気持ちよかったね!!」

紬「プロになったみたいだった!♪」

憂「おねえちゃーん!!」

唯「あ、憂―!」

和「みんな!お疲れ様!凄く・・凄く良かった!」

澪「へへ・・なんか楽しかったな。」

律「あれ、くわっちょは?どっかで迷ってんのかな?ったく。」

唯「ねぇねぇ、憂達一緒に見てなかったのー?」

憂「・・・くわっちょ・・・?」

和「くわっちょって・・・何?」

梓「・・・え?」

893 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:26:28.50 ID:u8ns1TYy0
軽音部以外皆覚えてないってことなのか…

900 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:29:09.03 ID:a4ZZUqWV0
(´;ω;`)ブワッ

901 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:30:26.57 ID:uwNLx+Zn0
梓「・・・え?」

澪「な、なに言ってんだよ和、私達の顧問の桑田先生だよ!」

和「桑田先生・・・?」

憂「顧問は山中先生でしょ・・?」

律「な、何言ってんだよ、冗談やめろって!桑田佳祐だよ!あのエロ教師の!」

純「桑田佳祐?桑田佳祐って、サザンのですか・・・?」

紬「サザン・・・あれ、そういえば・・」

梓「サザンの桑田佳祐・・」

律「ちがうよ!サザンの桑田とは別人だよ!なぁ?澪!」

澪「・・・律、なんか私、今までサザンがこの世に存在してないみたいな感じだったけど・・」

紬「・・私も・・今唐突に思い出したみたいな、そんな・・」

律(・・・!そういえば・・・!)

梓「どうしてだろう・・‘明日晴れるかな’って凄く有名な曲なのに・・」

904 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:31:28.94 ID:eluqYlM80
オリジナルの顔してコピーやっちまったって事じゃねーか

912 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:34:41.80 ID:AogbWXEV0
>>904
中盤の始めから彼女たちの曲であったかのように・・・
って言ってるのがコピーじゃない伏線になってるかと

914 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:36:10.66 ID:uwNLx+Zn0
「桑田先生・・・」

律「どういう・・・どういう事だよくわっちょぉぉぉ!」ガコォォォン!

紬「り、りっちゃん落ち着いて!」

律「うるせぇうるせぇうるせぇーーーー!!!」



数年後


律「・・・」

925 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:42:17.60 ID:uwNLx+Zn0
私達は、あのコンテストで優勝した。
くわっちょが指導してくれたんだ。当然だろう。
・・しかし・・・
くわっちょの事を・・・正確には、くわっちょとの日々を覚えているのは、今は私だけだった。
あれから日が経つにつれて、HTTのメンバーは順番にくわっちょの事を忘れて行って・・
私も忘れてしまうんじゃないかと毎日毎日泣いたけど・・
私だけは、くわっちょの事を忘れなかった。

933 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:47:24.94 ID:uwNLx+Zn0
律「・・・くわっちょ・・・・」
ところで、私達はと言うとあのコンテストを皮切りにプロデビュー。
私達の世代から、若手ミュージシャンの受け入れと待遇が凄く良くなり、
今音楽業界は‘若手最盛期’と呼ばれるまでになっていた。
もちろんそうなるとライバルは多い。しかし私達放課後ティータイムの活動は凄く順調だった。
みんな覚えていないだけで、くわっちょとの練習が今でも糧になってるんだ。

935 :VIPがお送りします:2010/05/14(金) 23:48:27.87 ID:4jKQD3gJ0
桑田の視点からの補完はまだかな?

940 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:54:33.92 ID:LAKEliPQ0
マネージャー「みんな!次のMステの出演決まったぞー!」

唯「やったー!」

梓「頑張りましょう!」

マネージャー「これが出演者リストな。先輩にはちゃんと挨拶に行くんだぞ。」

紬「はーい♪」

澪「・・あ!凄い!!今回は桑田佳祐が出演するみたいだぞ!」

唯「え!?本当!?」

律「なんだって!?」

945 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/14(金) 23:58:12.32 ID:l/xBOao80
澪「わ!なんだ律、お前ファンだったのか?」

律「お前達は覚えてないだろうけど・・・私達は高校時代、桑田佳祐と会ってるんだぞ?」

澪「え?何言ってんだ?」

律(・・・)

あれ以来、くわっちょには会ってない。
・・そもそもそう気軽に会える立場でもなかったし、・・・何よりくわっちょも私達の事を忘れてるんじゃないかと考えると・・会うのが怖かった。

律(でも・・・でも・・・)

こうして共演する以上、絶対に顔を合わせなければならない。楽屋挨拶は・・・この世界では鉄即だ。

・・まぁくわっちょは気にしなさそうだけどな。

954 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:04:01.22 ID:07x4WJiu0
律(くわっちょ・・覚えてるかな、私の事・・私達の事・・・)

不安、期待。それらが胃の中でぐるぐると回る。

そして、忙しく仕事をこなしながら・・・

Mステの本番の日が訪れた。

“桑田佳祐様楽屋”

私は今、くわっちょの楽屋の前にいる。
本当は、もう少し後にみんなと一緒に挨拶に来る予定なのだが、
私はその前に一人で、・・私だけで確かめたい事があるんだ。

961 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:10:38.73 ID:07x4WJiu0
・・くわっちょが、私の事を覚えているのか。

しかし、ドアの前まで来たは良い物のノックをする勇気が出ない。
そもそも、最初に何て言えば良いのか。
“久しぶり”“初めまして”
どれもしっくりこない。
不安で胸が潰れそうになる。
上手く息ができない。

‘コツッコツッコツッ’

律「・・・!」

963 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:12:05.96 ID:wMZrAuqi0
(; ・`д・´)…ゴクリ…(`・д´・ ;)

980 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:15:45.11 ID:07x4WJiu0
誰かの足音が近づいてくる。
この足音・・・懐かしい、この感じ・・忘れる訳がない、
あの人の・・・あの人の足音だ。トイレにでも行ってたのか・・
身体が動かない。振り向いたら・・振り向いたらあの人が・・くわっちょがいる。
‘コツッ’
足音が止まった。
私の後ろにくわっちょがいる。
私の事を覚えていたならそれで良い物の、覚えていなかったら、
楽屋の前でこんな事をしている私はただの不審者だ。

意を決して、後ろを振り向く。

993 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:18:00.12 ID:07x4WJiu0
律「・・・!!」

くわっちょだ。

くわっちょがいる。

私達と一緒にいた時くわっちょは何故か若返ってて、今はかなり老けてるけど間違いない。
この人は・・この人はくわっちょだ・・・。

桑田「・・・」

私はすぐに下を向いてしまったので、今くわっちょがどんな表情をしているのかわからない。
でも、黙ってる・・・やっぱり、やっぱり私の事覚えていないんじゃ・・

57 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:25:27.64 ID:07x4WJiu0
律「・・・!」

私はまた、精一杯の勇気を振り絞って顔を上げる。
そして・・・そして何か、何か言葉を・・・

律「あああああの、、あの、えっと・・あ、あれ?あれ・・・」

言葉が、言葉が出てこない。そうだ、何を言うか、何て言うか、結局何も思いつかなかった。

律「あの・・・あの・・」ポロポロ

76 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:30:01.14 ID:07x4WJiu0
桑田「・・・」

律「わ、私・・・田井中律と・・・い、言いま・・・ち、ちが・・そうじゃなくて・・そうじゃなく・・て・・・」

律「う・・うぅ・・うう・・・」

律「くわっちょ・・・

85 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:31:23.43 ID:UJ6ruvol0
くわっちょは果たして覚えてるのか・・・

95 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:35:07.44 ID:07x4WJiu0
駄目だ。また顔を下に向けてしまった。
しかも私の事を覚えているかどうかもわからない、業界の大御所に‘くわっちょ’などと言ってしまった。

もう、もう駄目だ。私は・・・私は・・・

桑田「・・・なんだよ全くー・・・」

律「・・・!」

あぁ、そうだ。この人は。
この人は・・・そうなんだ。
久しぶりに聞くくわっちょの声。
歳を取って、更にしゃがれたような気がする。
この声のこの感じ・・そう、これは・・これは・・・

109 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:39:07.74 ID:07x4WJiu0
桑田「シケた面してんなぁ、律・・・」

・・くわっちょ・・・桜高軽音楽部の顧問・・・放課後ティータイムのメンバー・・
そうだ・・そうだこの人は・・・

律「うぇ・・・うぇぇぇん・・くわっちょ・・くわっちょ・・・」

桑田「・・・」

律「くわっちょぉーうわあぁぁぁぁん!!」

110 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:39:23.88 ID:HR623w9B0
よおおおし!!

112 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:39:37.57 ID:JvpSwmHD0
くわっちょおおおおおおおお!!!!

126 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:42:37.80 ID:VDLRlUQ20
流石はくわっちょ期待を裏切らない

133 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:44:36.25 ID:07x4WJiu0
私は、それまで溜まっていた感情を全て爆発されるようにくわっちょに抱きついていた。
久しぶりに会えた・・声が聞けた・・・そして・・そして・・・

‘覚えてた’

私は、ずっと、ずっとくわっちょにしがみついて泣いた。
涙で前が見えない。息がしにくい。でも・・でも・・
私は、今は、今だけはくわっちょの胸から離れたくなかった。
もうすこし・・もうすこしだけ・・

129 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:44:19.22 ID:BbLexAG30
でも原坊いるぜ?

143 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:46:51.05 ID:cpbH+6Jx0
原坊は・・・大丈夫だろ、うん

144 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:47:20.22 ID:07x4WJiu0
‘でも、悲しくなったらいつでもこの胸に飛び込んでおいで。’

私は、いつかくわっちょが、ふざけながらだけどそう言ってくれた事を思い出した。
・・はは、確かその時も泣いてた気がするなぁ、私・・私はくわっちょの前だと泣いてばっかりだ。

159 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 00:58:22.86 ID:07x4WJiu0
‘・・・あれ?・・律・・?’

澪達の声が聞こえた。私が楽屋に戻ってこないから、
とりあえず自分達だけで挨拶に来たのだろう。・・・あ、まずい。
澪達はくわっちょの事を覚えていないんだ。それなのにこの状況を見られたら・・
私は急いでくわっちょから離れようと・・

唯「くわ・・・っちょ?」

律「・・え?」

165 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:59:25.53 ID:UJ6ruvol0
(´;ω:`) 思い出したのか・・・

172 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 01:00:54.79 ID:07x4WJiu0
梓「くわた・・桑田先生?」

・・・どういう事だろう。
みんなくわっちょの事を覚えてる・・いや、今思い出したみたいだ。
みんながこちらに走って来る。はは、みんな泣いてる。今日生放送なのにどうすんだよ。
気がつくと、くわっちょは私の腰に手を回し、かなり際どい部分を触っていた。

律「な・・な・・」

桑田「よしよし、おじさんの胸だったらいくらでも・・」

律「ドコ触ってんだコルァァァー!!」ドパグプシッ

桑田「マンビ!!」

174 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:01:40.34 ID:HR623w9B0
マンビwwwそれがきわどいわwww

175 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:01:43.06 ID:VDLRlUQ20
流石はくわっちょ期待を裏切らないwww

181 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:02:21.06 ID:om6gp2540
さすがくわっちょ自重しない

184 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 01:03:35.10 ID:07x4WJiu0
律「はぁ、はぁ、・・・ふ、ふふ・・あはは!」

なんか昔に戻ったみたいだ。
・・いや、戻ってきたんだ、今。

唯「くわっちょぉー・・えーん・・くわっちょぉぉ・・」
紬「どうして私達これまで・・うぅ・・」

こうして、またHTTのメンバーが一つの空間を共有する。・・・さわちゃんはいないけど。

澪「先生・・・私達・・・私達・・・・ぐすっ」

あの日。
バンドコンテストのあの日から止まったままの時計が、

今、再び動き出した。


唯「あ!けいちゃん先生―!」桑田「はいはい。」
けいおん!世界エンディング
fin

188 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:04:51.76 ID:4r3Xje8o0
乙!乙!超乙!

192 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:05:08.61 ID:cpbH+6Jx0

これエンディングテーマな!
祭りのあと


194 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:05:11.66 ID:SWzZnnWO0
おつかれ
よかった

224 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:09:48.83 ID:GnXoaMnU0
けいおんは知らないが桑田好きだから結局さいごまで見た


おもしろかったよ


195 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:05:22.17 ID:om6gp2540
まてまて
けいおん!世界エンディング

ってことは

205 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:06:35.85 ID:VDLRlUQ20
つまりくわっちょ世界エンディングもあるというわけで

234 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 01:11:28.10 ID:07x4WJiu0
読んでくれた皆さん、本当にありがとうございました!
SS投下するのは二回目だったので緊張しましたが、なんとか終わらせられました。
二スレまたいでしまってごめんなさい。
くわっちょサイドが本来のエンディングなのですが・・
書いている内に律が好きになってしまい先にけいおんEDから書きました。

出来ればちょっと休憩したいのですが・・・良ければ桑田EDとエピローグも書かせてください。

269 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 01:22:59.17 ID:07x4WJiu0
では、朝7時くらから再開しようと思います。二スレ目をずっと残してるのも良くないだろうし・・

読んで下さったみなさんありがとう。
そして保守お願いします!

251 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:13:49.96 ID:5qedcjoO0
さてほしゅする作業にもどるか・・・

53 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:24:52.11 ID:FbLvTZwS0
この中にサザンファンはいったい何人いるんだ?

55 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:25:14.45 ID:thf/d1Td0
>>53
はい

59 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:25:52.07 ID:szumGi8Q0


61 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:25:54.31 ID:UJ6ruvol0
>>53
はい

62 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:26:38.02 ID:cpbH+6Jx0
>>53
俺とか
アニメあんまみないし、けいおん!はSSでしか設定しらない

65 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:27:42.70 ID:jb0NFQAJ0
>>62
俺も実はけいおんみたことないんだよな、、、

67 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 00:28:24.04 ID:gCCTc2Qa0
おれも・・・無い(キリッ

178 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 01:02:04.98 ID:glsMSbAv0
けいおん見てない奴多すぎワロチ

289 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 03:33:11.56 ID:3tKkrNkQ0
恋するレスポール



このスレの為に作られたの?

304 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 07:08:17.90 ID:v0x+i7DO0
おはようございます!
保守ありがとうございました。
30分後から投下します。

306 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 07:27:32.62 ID:v0x+i7DO0
深夜の半蔵門スタジオ。やさしい夜遊びの収録を終え、
桑田は楽屋で身支度をしながらの短い休憩に身を委ねていた。

スタッフ「桑田さん、お疲れさまでしたー!」
桑田「お疲れ、ありがとね。」

310 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 07:38:12.20 ID:v0x+i7DO0
労いの言葉に一瞬の安堵を感じるが、桑田の仕事はまだ終わっていない。

この後は自らがプロデューサーを勤める、新しく始めた音楽番組の企画会議。
それに伴い、
朝からは地方へ出向き直々に地方アマチュアバンドの開拓・PR活動為の調査へ行かなければならない。

313 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 07:50:38.10 ID:v0x+i7DO0
今日は、どんな若手と会えるのだろう。
桑田は用意されていたコーヒーを飲まずに手に持ったまま、
スタッフ達に「お疲れ!」と声を掛け、まだ撤収作業で騒がしいスタジオを後にした。

桑田は、ある日を境に突然、
音楽業界の行く末を憂い、それをなんとかするべく活動するようになった。

314 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 07:57:07.14 ID:v0x+i7DO0
自らが先頭に立つ事はもちろん、30年間培ってきた人脈・権力もフルに活用する。
驚いたのは、自分と同じような事を思っていた音楽人・業界人が案外多くいたことだ。
ありがたい事に、そのそれぞれが利益云々関係無しに、好意的に桑田に協力してくれた。
特に事務所の後輩であるマサジなんかはとても熱心にしてくれて、本当に頭が下がる思いだ。

315 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:02:26.68 ID:v0x+i7DO0
その甲斐もあり、
数年経った今音楽界は‘若手最盛期’とマスコミや一般に呼ばれるようになっていた。
メジャー以外でも、巷ではメディアでは捉え切れない程のミュージシャンがひしめき合い、
互いに刺激し合いながら音楽に取り組んでいる。

桑田は、全国的に‘音楽’いわゆる‘バンド’の活動をもっとし易くする為国に働きかけたのだ。

317 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:10:59.15 ID:v0x+i7DO0
最初は煙たがられたものの、桑田の諦めない姿勢に政治家達はとうとう折れ、
桑田は自らの活動に協力させる事に成功した。
結果、今はライブハウスや劇場の数も増え、更に使用料金は格段に安くなり、
若手ミュージシャン達は表現の場に何も苦労しないようになっている。

もちろん、良いことばかりではない。
業界の‘陰’はしぶとくまだまだ拭いきれてはいないし、
桑田の活動を快く思わないその他の大御所は多くいる。


とある番組司会者は「金儲けや」と自らの番組で吐き捨てていたらしい。

319 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:17:58.98 ID:v0x+i7DO0
こんな事金にならねぇよ・・・
フッと笑いながら桑田は車に乗り込む。

車に揺られながら、桑田はボーッと窓の外を眺める。
桑田には、一つ疑問に思う事があった。



・・自分は何故、突然こんな活動をするようになったのか?
桑田は、それまで無意識の内に自らの保守・保身を第一に考えていた。
そんな自分が、どうして今更、こんな革命的な危ない橋を渡るのか。

321 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:26:08.60 ID:v0x+i7DO0
桑田(…まぁいいか。考えるのはよそう)

いくら考えても、答えが出る事はない。
桑田は何故かそう確信があった。
伸びをして、頭をポリポリと掻く。
桑田は移動中の車の中で目を閉じると、次のスタジオに着くまでの時間を仮眠に使い、
少しでも疲れた身体を癒す事にした。

323 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:33:43.73 ID:v0x+i7DO0
数日後

(・・わっちょ!)
(・・・くわっちょ!)

妙に親しみを感じる自らの呼び名が聞こえる。
いつだったっけな。自分の事をこうして呼ぶ奴らがいたような気がする。
お転婆な奴らで・・・
バカばっかやって教師を困らせて・・
・・ん?教師?・・誰が・・俺が・・・?
頭がゴチャゴチャになってきた。
・・だめだ、考えるのはやめよう。
どうせ答えなんて出ない・・・どうせあいつらとは、もう・・
・・・あいつら?あいつらって・・

324 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:40:05.71 ID:v0x+i7DO0
・・・くわっちょ・・)
「くわっちょ!」

桑田(・・・!)
桑田「・・・律・・・!?」

突然頭の中に浮かび上がってきた名前。
桑田は反射的に起き上がり、声の主を凝視する。

ユースケ「わぁ!なんだよくわっちょ!いきなりそんな勢いよく起き上がるなって!」

325 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 08:41:31.77 ID:SWzZnnWO0
ここでユースケ登場ですか

326 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:43:53.08 ID:v0x+i7DO0
桑田「・・・?ユースケ・・」

ユースケ「もうすぐ収録だからさ、そろそろ起きなよ!」

桑田「・・・」

そうか、今から音楽寅さんの収録が・・

ユースケ「ところでくわっちょぉ律って誰なのよ?律ってぇ。」

桑田「え?」

ユースケ「どっかの店の女の子?(笑)全く忙しい中でヤル事はヤってんだからぁ。」

桑田「・・・」

327 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:50:47.78 ID:v0x+i7DO0
誰だろう。
律・・・‘くわっちょ’と呼ばれて、反射的に出てきた名前。
自分の娘かのように親しみを覚える、その名前は・・・

ユースケ「くわっちょ!くわっちょ!」

思い出せない。・・律・・律とは誰なのか。何なのか・・・

ユースケ「くわっちょ!くわっちょ!」

・・まぁ良い。とにかく収録に・・

ユースケ「くわっちょ!くわ・・・いて!」

桑田「気持ち悪い呼び方するな!」

理由はわからないが・・
今は、誰にも「くわっちょ」とは呼ばれたくなかった。
・・思い出せない‘あいつら’以外には、誰にも・・

339 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 09:36:34.43 ID:8VMphFrs0
ユースケの脳内再現率が半端無い

329 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:55:16.55 ID:v0x+i7DO0
マネージャー「桑田さん、お疲れ様です!次回のMステ、出演決定しました。」

桑田「お、ありがと。」

マネージャー「これが出演者リストです。」

桑田「ん。」

リストを受け取り、出演者を確認する。
こうして見ると、やはり若手も多くなったものだ。
Mステで半分以上が若手なんて、昔じゃなかなか・・・

330 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 08:57:13.18 ID:v0x+i7DO0
桑田「・・ん?」

マネージャー「どうしましたか?」

桑田「いや・・この、‘HTT’って何?ヒットチンチン?」

マネージャー「なに言ってるんですか(笑)放課後ティータイムですよ。」

桑田「放課後ティータイム・・・」

懐かしい名前だ。
桑田は瞬間、そう思い、すぐ別の所から来た疑問に思考を奪われた。

桑田(・・懐かしい?何でだ・・・?)

332 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 09:03:06.18 ID:MhAIfSjF0
ヒットチンチンw

331 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 09:03:06.03 ID:v0x+i7DO0
まただ。
またこのおかしな、気持ちの悪い感覚。
放課後ティータイム。
確か、今若手で最も注目されているガールズバンドだ。
多分、テレビか何かで見たんだろう。
それで、懐かしいように思えて・・・

マネージャー「・・桑田さん?」

桑田「・・あ、あぁ、はいはい。」

マネージャー「今日は久しぶりに、夜がオフです。たまには家に帰って、ゆっくり疲れを癒したらどうですか?」

桑田「・・・あぁ、そうだな。・・そうする。」

そうだ、きっと疲れているんだ。
桑田はそう思い立ち上がると、マネージャーの車で自宅へ向かうのだった。

334 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 09:08:39.27 ID:v0x+i7DO0
次の日。
自宅で身支度を整えた桑田は、ふと何かが気になって自室クローゼットの扉を開けた。

桑田(・・・?)

見慣れないギターケースがある。
このクローゼットは随分開けていないというのに、何故か何も埃を被っていない。

桑田(・・・)

桑田は中身が気になり、ケースを開けてみる。

・・そこに入っていたのは、ゴチャゴチャに寄せ書きがされた真っ白なギター・・
何故こんな物があるのかはわからないが、少なくともその寄せ書きは自分に宛てられた物だという事だけはわかった。
・・でも。

335 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 09:19:57.17 ID:v0x+i7DO0
桑田(くわっちょ・・先生?なんだ、なんで‘先生’なんて・・
いや、そもそも俺はこんな物を受け取った記憶は・・)

原坊「けいちゃんー!マネージャーさん来てるわよー!」

・・もう行かなくてはならない。
桑田は何故かギターを手放すのが惜しく、片手にギターケースを持ち、収録へ向かった。

336 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 09:27:38.51 ID:v0x+i7DO0
“桑田佳祐様楽屋”

桑田は楽屋で、寄せ書きがされたギターを一人眺めていた。

桑田(これが何なのかはわからないが・・・)

桑田(俺にとって、何か凄く大事な物・・)

桑田(それだけはわかる。)

桑田(しかし、なんで大事な物なのか・・)

桑田(誰から受け取った物なのか・・)

桑田(・・・)

桑田(・・・ダメだ、どうしても思い出せない。・・・トイレでも行くか。)

桑田はまた考える事を断念し、本番前のトイレを済ませに楽屋を出た。

桑田(・・ふう。)
用を足し、手を洗ってトイレから出る。
何となく、今日の収録ではあのぎたーを使って演奏しようか・・そんな事を思いながら廊下を歩き、再び楽屋へ戻る。

桑田(・・・ん?)

自分の楽屋の前に、若い女の子が一人立ち尽くしているのが見える。

340 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 09:38:20.16 ID:v0x+i7DO0
桑田(出演者かな?楽屋挨拶に来たのか・・でも、今日の出演者に女性ソロなんていたかな。)
こちらから声を掛けた方が良いのだろうが、何故か言葉が出てこない。
いつの間にか、桑田はその女の子の後ろで立ち止まってしまった。

桑田(・・・あれ・・)

懐かしい感じを覚える。・・それと同時に、何故か身体を大分殴られた事があるような、そんな苦笑してしまう思い出が頭を過ぎる。

桑田(・・会った事ある子かな・・えっと・・)

桑田が何とか思い出そうとしていると、そお女の子は勢いよく桑田の方に振り向いた。

342 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 09:44:41.50 ID:v0x+i7DO0
桑田(・・・)

一瞬目が合うが、彼女はすぐ下を向いてしまった。なにやら小刻みに身体を震わせている。

顔を見ても、やはり誰なのかは思い出せなかった。・・・しかし、何だろう、この感覚は。

懐かしいような、悲しいような・・・数年前から慢性的に押し寄せてくるこの感じ。
それが、彼女を目の前にして、これまでにないような勢いで増幅して来ていた。
とりあえず、何か声を掛けよう、そう思い口を開こうとすると、
彼女は再び顔を上げ、真っ直ぐにこちらを見つめてきた。

「あああああの、、あの、えっと・・あ、あれ?あれ・・・」

しかし彼女は、
口が上手く回らないようではみ出したような言葉の断片しか形となって出てこない。

343 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 09:52:03.14 ID:v0x+i7DO0
「あ・・・あの・・」ポロポロ

彼女の目はみるみる涙が溜まって行き、今にも零れ落ちてきそうだ。
・・おかしい。
前にも確か、こんな状況があったような気がする・・
その時。
その時もこの子は泣いていて・・
・・そう、俺のせいで。
俺のせいで、泣かせてしまって・・・

桑田「・・・」

律「わ、私・・・田井中律と・・・い、言いま・・・ち、ちが・・そうじゃなくて・・そうじゃなく・・て・・・」

346 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 09:59:35.06 ID:v0x+i7DO0
田井中律・・律・・前にユースケの前で呟いてしまった名前だ。
偶然か・・しかし、こんな偶然あるのだろうか。
やはり俺は、何かしらの形で彼女と・・・

律「う・・うぅ・・うう・・・」

彼女の目からはとうとう涙が溢れ出し、今にも声をあげて泣き出してしまいそうな雰囲気だ。
・・まただ、また、俺は彼女を泣かせてしまう。
・・・また、俺は彼女を悲しませてしまう・・・・
彼女を・・俺は守らなければいけないのに・・
彼女を・・もう、悲しませてはいけないのに・・

347 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 10:00:15.70 ID:v0x+i7DO0
でも・・でもそれなのに。
思い出せない。
思い出せない。
彼女が誰なのか。
この覚えのない思い出が一体なんなのか・・
俺は・・
俺は・・・

律「くわっちょ・・・」

桑田(・・・!)

349 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 10:02:15.93 ID:v0x+i7DO0
‘くわっちょー!’
‘桑田先生―!’

思い出が。
面影だけ残し、すっぽりと抜け落ちていた俺の大事な思い出が・・
彼女の声で、まるで夢から醒めたかのように蘇っていく。

・・・あぁ。
・・そうか。
そうだったよ。

351 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 10:08:00.21 ID:kgC/D5ge0
何で忘れてたんだろうな。
こんな・・恩師に対して“くわっちょ”なんて呼んで来る失礼なクソガキを・・
生意気でしょうがない、俺の大事な教え子達を・・
俺はどうして忘れていたんだろうな。

・・・俺は最低な教師だ。
・・やっぱり、俺は教師なんていう器じゃなかったんだよ。
お前と・・お前達と一緒にいるんならさ。
同じ。
お前らと同じミュージシャンとして。
付き合っていくべきなんだよ。
・・・互いに楽器でも鳴らしながらさ。

352 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 10:10:29.06 ID:kgC/D5ge0
・・それにしても律の奴、ひでぇ顔して泣きやがって。
いつもはアホみたいに元気一杯のクセにさ。
・・そんな所まで・・
そんな所も、お前らしいよな。律。

桑田「・・・何だよ全くー・・・」

お前あれからプロになったんだろ?
高校も卒業して・・
背も少し伸びたみたいじゃないか。胸はご愁傷様だけど・・

それなのに変わんない顔で泣きやがって。
あの時みたいに・・いつまでも手のかかる奴だ。全く。

354 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 10:15:20.97 ID:ffQtdyGA0
胸はご愁傷様wwwww
やっぱ桑田だったかwwwww

355 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 10:15:30.20 ID:kgC/D5ge0
桑田「シケた面してんなぁ、律・・・」

お前は、笑っとけ。
そうやって、これからも周りを巻き込んじまえ。
俺があの時そうなったみたいに。
俺が、今、またお前に巻き込まれているように。

だから。
そんな悲しそうな顔すんな。

・・・これからは、また一緒に音楽やれんだからさ。

律「うぇ・・・うぇぇぇん・・くわっちょ・・くわっちょ・・・」

桑田「・・・」

律「くわっちょぉーうわあぁぁぁぁん!!」

358 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 10:23:06.89 ID:kgC/D5ge0
・・はは、ようやく・・ようやく嬉しそうな顔になりやがったな・・・と思ったら思いっきり抱きついて来やがって。こちとらもう50も中盤で体力無くなってきてるってのにさ。
あーあ。服が涙とメイクでぐちゃぐちゃだ。
お前コレ原坊になんて言い訳したらいいんだよ。涙は良いとして、メイクはまずいぞ、メイクは。

桑田「・・・」

・・でも。
良かったな・・・
そうだ。俺は。
俺はこいつらを守るために・・・
こいつらがやりやすい世界を作る為に・・
それがこいつらとの‘約束’だと思って、これまで活動していたんだ・・・
それが・・それがこいつらとの繋がりだから・・・

361 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 10:33:12.46 ID:kgC/D5ge0
澪「・・・あれ?・・律・・?」

唯「くわ・・・っちょ?」

梓「くわた・・桑田先生?」

ああ、みんなも来たみたいだな。
これでHTT全員集合だ。・・・さわ子先生はいないけどな。

やれやれ、律の奴まだ泣いてやがるのか。
そろそろ元気付けてやらないとな。もう本番も始まる・・・

律「な・・な・・」

・・ん?どうしたんだ律の奴。急に変な顔して・・ははぁ、みんなに見られてるのが恥ずかしいんだな?もうそんな事を気にする年頃でもないだろうに・・

363 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 10:46:03.28 ID:kgC/D5ge0
桑田「よしよし、おじさんの胸だったらいくらでも・・」

律「ドコ触ってんだコルァァァー!!」ドパグプシッ

桑田「マンビ!!」

律「はぁ、はぁ、・・・ふ、ふふ・・あはは!」

こ・・こいつは・・こいつは老人を労わるという事を知らないのか・・
泣いてたと思ったら急に殴りかかってきやがって・・・なんか笑ってるし・・・コワイ

唯「くわっちょぉー・・えーん・・くわっちょぉぉ・・」


紬「どうして私達これまで・・うぅ・・」
澪「先生・・・私達・・・私達・・・・ぐすっ」

365 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 11:01:31.37 ID:kgC/D5ge0
あー、でも懐かしいな。この感じ。
間の前で殴り倒されてる人がいるってのに、なんの心配もしてこないこの感じ。

ひでぇ所だよ放課後ティータイム。
可愛い名前してるクセによ。こいつらほんとこのバンドがお似合いだ。


ふと楽屋の中から、あの白いギターの一弦から六弦まで・・
ゆっくりと順番に鳴る音が聞こえたような気がした。


・・あぁ、そうか。あのギターが、
俺達六人をまた引き合わせてくれたのかもしれないな・・・。

367 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 11:10:24.40 ID:kgC/D5ge0
・・・全く。一から十まで音楽音楽か。

・・俺らはミュージシャンなんだもんな。・・そうだ。仲間なんだよ。
しばらく離れてはいたけど・・
でも、それも‘そんな事もあったな’って流せる事になるくらい、
これからはずっとこいつらと音楽やっていけるさ。

唯「くわっちょ・・私・・私達ね?くわっちょに・・くわっちょに・・・」
梓「先生・・何て言ったら良いのか・・」
紬「でも・・でも私達、先生に凄く・・凄く申し訳ない事を・・」
澪「先生・・・!」

368 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 11:18:28.36 ID:kgC/D5ge0
桑田「みんな。」

HTTのメンバーが、涙でぐしゃぐしゃになった顔を隠そうともせずにこちらを見てくる。
こんな所も、あの時のままなんだな。全く・・・

桑田「今日この後・・コンテストの打ち上げ行こうな。」

梓「先生・・!」

唯「うん・・うん!行く!行こう?みんなで行こう?」

澪「ぐすっ・・・先生・・」

紬「先生、私達、コンテストで優勝したんですよ?・・先生の・・先生のお陰で・・」

桑田「知ってるよ。」

371 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 11:28:46.13 ID:kgC/D5ge0
桑田「・・・みんな。」

桑田「優勝おめでとう。・・最高のライブだったな。」

みんなの泣きっ面に笑顔が被せられる。ごちゃごちゃに混ざったその表情は、
ハタからみると少し滑稽だ。

ふっ・・とつい笑顔がこぼれる。

ふと律の方に顔を向ける。
すると、律は無言で、しかししっかりとした面持ちで、
‘言うのが遅せーんだよ、バーカ’と視線を送ってくる。

成長したHTTの姿。
それなのに、中身は全然変わっていない問題児共。

372 :ぴー ◆GmOthd37QY :2010/05/15(土) 11:30:13.02 ID:kgC/D5ge0
桑田(戻って・・・これたんだな。)

そう、塊のような未練を残してあの世界を去ってから数年。

桑田佳祐はやっと。

HTTの待つこの世界に。

やっと戻って来れたのだった。


唯「あ!けいちゃん先生!」桑田佳祐「はいはい。」
‘TOP OF POPS’世界エンディング 
fin.

374 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 11:32:54.85 ID:HR623w9B0
ぬああああよっかたあよーーー
>>372

378 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 11:37:15.32 ID:4r3Xje8o0
乙!乙!超乙!

あんまりサザンの曲聴いたことなかったけどこれから聴いてみるぜ!

389 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 12:05:33.85 ID:dz1/zApGQ
なるほど…女の子に懐かしさを感じたら抱きしめればいいのか……

390 :VIPがお送りします:2010/05/15(土) 12:06:26.53 ID:iySdG8k40
>>389
 __[警]
  (  ) ('A`)
  (  )Vノ )
   | |  | |






唯「あ、けいちゃん先生!」桑田佳祐「はいはい。」
その1  その2  その3  その4 ←今ココ  その5
posted by キティ at 20:34 | このエントリーを含むはてなブックマーク | Comment(15) | TrackBack(0) | 〆(・ω・ ) ヨミモノ
(「・ω・)「 お世話になってるヨソ様ー
海の幸 (VIP)
山の幸 (etc)


この記事へのコメント
  1. SSでガチ泣きするなんて思わなかった

    オチのドクオにはワロタwwwwwwwwww
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年05月15日 23:19
  2. けいおん大嫌いだからひやかし程度の気持ちで見てたら・・・

    めちゃくちゃおもしれーじゃねーかよw
    てかコンテスト以降は涙堪えるのに必死だったわ
    どうしてくれんだよこの気持ち
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年05月16日 00:40
  3. 明日晴れるかな聴きながら読んでたら不覚にも泣きそうになったぜ・・・
    あー、やっぱサザンもけいおんもこの曲もみんな大好きだわ〜
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年05月16日 15:00
  4. 音楽×時間跳躍×けいおん!×桑田圭祐

    俺にとって最高すぎるssですn
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年05月16日 15:14
  5. これ4で終わりでも良かったな
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年05月16日 17:16
  6. ガチで泣いてしまったではないかw
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年05月16日 17:54
  7. けいおんは知らんがすごく面白かった
    良いssだ
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年05月16日 22:45
  8. シケた面してんなぁ、律・・・
    うしおととらじゃねえかw

    ああ、最高だった。
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年05月17日 16:15
  9. ガチで泣いてしまった…
    Posted by at 2010年05月19日 20:30
  10. 最初から一気に読んじまった…
    こんなに引き込まれたssは久しぶりだよ
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年05月22日 00:38
  11. いやあ凄かった…
    とんでもないSSに出会ったよ。
    SSで初めて泣いた
    Posted by at 2010年06月15日 14:32
  12. ああああ良かったああああ!!!!
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年06月26日 15:42
  13. ちょっと福山雅治の名前(マサジ)も出てて
    個人的にはうれしいぜ
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年06月27日 18:39
  14. 実際、マサジは桑田がこういう活動したら協力してくれそうだよね。
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年06月27日 19:17
  15. 時間的には未来なのに戻ってこれたとする表現

    すげぇ
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2010年09月22日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



最近業者のスパムが多いので『://』を禁止にしました。
コメントにURLを載せたい方は『http://』を抜いたアドレスでお願いいたします。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/149990172
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。