ヨソ様の最新記事一覧はこちらでどうぞ(´・ω・`)

なんたらかんたらを見て2ちゃんねるに行きたくなった方はこちらをどうぞ

2008年11月26日

(*‘ω‘ *) 猫と恩返しのようです 前編

http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1227370167/

※文字数制限の関係で2つにわけてあります

1 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:09:27.00 ID:MmiTHfycO
 ∧ ∧
(*‘ω‘ *)
 (   )
  v v    
       
   川
 ( (  ) )


2 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:12:32.90 ID:MmiTHfycO
 昔々、雪の降ったある冬の日に。

「…………」

 今にも息絶えそうな子猫が、段ボールの中で眠っていて。
 それに偶然、四歳児が目を付けた。

「こんな、さむいひに」

「こんなところでねていたら」

「しんでしまいます」

6 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:15:03.26 ID:MmiTHfycO
「……にゃぁ……」

 それに対する猫の返事は、とてもとても小さなもので。

「しかた、ないですね」

「…………」

 少年は、段ボールの中からその子猫を抱き上げて。
 雪の降る道の中をざくざく、歩いて行った。

「ねて、いる」

 子猫は、その少年の腕の中で、ぐっすりぐっすり夢の中。

7 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:17:07.82 ID:MmiTHfycO
「にゃぁ、にゃぁ」

「はい、はい」

 暖かくて、広い、段ボールじゃない、場所。
 子猫は、少年の家にいた。

 ミルクと、キャットフードを目の前にして、ぺろぺろがつがつ。

「そんなに、あせらなくても」

「にゃぁにゃぁ」

8 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:19:57.18 ID:MmiTHfycO
 子猫はそれらを平らげると、少年に向かってよたよたと歩き、少年に頭を擦り付けた。

「なついて、いる?」

「ごろごろごろ」

 喉を鳴らす、すると同時に鈴も鳴る。
 少年がそれに目をやると、首輪に付いた鈴と、文字が見えた。

「ちんぽっぽ?」

「にゃぁにゃぁ」

「それが、なまえなんですか」

11 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:21:57.56 ID:MmiTHfycO
「っぽ」

 少年が聞くと、はいやいいえと答える代わりに、子猫は変な鳴き声で反応した。
 少年はくすりと笑って、猫を撫でるとこう言った。

「わたしのなまえは、わかってます、です」

「にゃぁ」

「わかり、ましたか?」

「っぽ」

「…………」

13 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:24:28.69 ID:MmiTHfycO
「また、へんななきごえ」

「にゃぁ、にゃぁ」

 子猫は、少年に頭を擦り寄せて、そのまま眠った。
 少年は子猫を起こさないように、ずっとそこから動かない。

「せっかく、ひろってあげたのに、かえない、なんて」

「ゆるして、くれますかね」

「…………」

 尻尾をぱたぱた、返事は、無い。

15 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:26:41.04 ID:MmiTHfycO
「あ、おかあさん、おかえりなさい」

「ただいま、わかってます」

「ねえ、おかあさん」

「ん? なにかな?」

「ねこ、かってもいいですか?」

 少年の問いに、悲しそうな顔をして母親は首を横に振った。
 少年はそれを、解っていたけれど、悲しんだ。
 母親は、少年を髪を撫でながら言う。

17 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:28:58.78 ID:MmiTHfycO
「ごめんね、わかってます、ここは、ねこやいぬをかっちゃいけないの」

「…………わかってます」

「ほんとうは、かってあげたいけど……」

「なら、おかあさん……いっしゅうかん、だけ」

 少年は、母親を見上げて言った。
 その顔からは、とても強い意志を感じて。
 母親も、つい首を縦に振る。

「ありがとう、おかあさん」

18 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:30:50.19 ID:MmiTHfycO
 それから一週間、子猫と少年は一緒に暮らした。
 子猫は最初、元気が無い様に見えたけれど、今ではすっかり元気になって。
 しかしそれでも、無情にも、一週間が過ぎるのは早かった。

「ちんぽっぽ」

「にゃぁ」

「ごめんなさい」

「?」

「わたしとは、きょうでおわかれです」

20 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:33:35.78 ID:MmiTHfycO
 そこは、一週間子猫を拾った公園。
 段ボールはまだ置いてある。
 少年は毛布を一枚だけ持って、子猫と毛布をその段ボールの中に入れた。

「っぽ」

「どうかだれかが、ちんぽっぽをひろってくれますように」

「っぽ……?」

 その日も雪が振っていて。
 少年はその中を走って行く。
 猫は、といえば。

21 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:35:08.32 ID:MmiTHfycO

 ――いつかきっと、恩返しをしよう。


 と、考えていた。


‐(*‘ω‘ *) 猫と恩返しのようです‐

19 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:32:39.94 ID:yFcGXwK60
ねこすきにはたまんねええなおい

22 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:37:25.80 ID:MmiTHfycO
 それからの、子猫は。


「今日も散歩か、ちんぽっぽ」

「っぽ」

「相変わらず、変な鳴き声である」

「にゃぁにゃぁ……っぽ」

「どこから、そんな声が出るのだ?」


 とある老人に拾われて、平和に暮らしていた。
 勿論、少年の事は忘れずに。

24 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:40:19.28 ID:MmiTHfycO
 老人の名は、杉浦ロマネスクと言った。
 子供がいなければ、孫もいない、死を待つのみの老人だ。
 彼は、猫が少年と別れた日、偶然公園まで散歩に来ていた。

 そして、

「にゃぁ、っぽ」

 という、鳴き声に気付く。

 振り返れば段ボールに入った一匹の子猫がじっとこちらを見ているではないか。

「お前も、一人なのか」

25 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:43:04.25 ID:MmiTHfycO
 彼も一人で、子猫も一人、というよりも一匹、正しくは一匹。

 そこに何かを感じて、彼は子猫を拾ったのであろう。

「今日も元気で、何よりである」

 ともあれ、子猫がまたしても生と死の境に立たされる事は無かった。

 そして、それから一年、二年、三年、と時が過ぎて行き。






27 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:46:15.60 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「ぽっ、ぽっ」

( ФωФ)「む、何だ」

(*‘ω‘ *)「にゃー……」

 そして、十年が、いやそれとあと二年程経った。
 杉浦も、九十を越えて、ちんぽっぽも、人間で言えば杉浦程の年齢で。
 お互い、死を待つのみであった。

(*‘ω‘ *)(……)

 否、ちんぽっぽは違った。

28 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:48:51.07 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)(もう、長くない事は解ってるっぽ)

(*‘ω‘ *)(でも、まだ恩返しが出来て無いんだっぽ……)


 そう、ちんぽっぽは、十年と約二年が経ってからも少年の事は忘れなかった。
 あの日、杉浦に拾われてからずっとずっと、ちんぽっぽは少年を探し続けていたのだ。


(*‘ω‘ *)(……もう、時間が無いんだっぽ)


 けれど、彼は見付からない。

29 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:51:24.90 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)(神様……が、いるのなら)

(*‘ω‘ *)(私にどうか、恩返しをさせて下さいっぽ)


 ちんぽっぽは、祈り続けた。
 太陽を見上げ、月を見上げ、来る日も来る日もそれだけを祈っていた。

 そして、それが何日か続いた頃だった。


(*‘ω‘ *)(神様……)


『ふぇぇ〜誰かが私を呼んでるよぉ〜?』

32 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:53:31.31 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「!?」


 それは夜、ちんぽっぽが月を見上げて祈り始めた時だった。
 突如として、何処からか女性の声が聞こえたのだ。


从'ー'从「どうしたのかなぁ〜?」

(;*‘ω‘ *)「にゃっ!?」

从'ー'从「あ〜可愛い猫さんだ〜」

(;*‘ω‘ *)「……」

34 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:56:07.57 ID:MmiTHfycO
从'ー'从「あ、もしかして〜」

从'ー'从「私を呼んだのは〜貴女なのかな〜?」

(*‘ω‘ *)(呼んだ? ……まさか)


 急に目の前に現れた女性は、ちんぽっぽに向かって私を呼んだ、と言う。
 ちんぽっぽの推測が正しければ、彼女は神様という事になる。


(;*‘ω‘ *)


 ちんぽっぽは、自分で頼んだ事でありながら、少々驚いていた。

33 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:55:31.76 ID:KXgFYke1O
神様っぽくないなwwwwwwwwwwwww

37 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 01:59:11.60 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「か、か、神様っぽ?」

(;*‘ω‘ *)「ってあれ? 喋れてるっぽ……」

从'ー'从「そうだよぉ〜渡辺って呼んでねぇ〜、あとそれは神様の力なんだよ〜」


 何だか何処にでもいそうな名前の神様は、ちんぽっぽを一撫で。
 そして話を始めた。


从'ー'从「ちんぽっぽちゃんは、恩返しがしたいんだね?」

(;*‘ω‘ *)「そ、そうですっぽ、どうしてもしなきゃいけないんですっぽ!」

39 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:01:15.89 ID:MmiTHfycO
 恩返し、その言葉を聞いてちんぽっぽは顔色を変えた。
 ちんぽっぽにとって恩返しとは、それ程に重要なものなのである。


从'ー'从「そっかぁ〜……じゃあまず、ちんぽっぽちゃん」

(*‘ω‘ *)「は、はいですっぽ」

从'ー'从「貴女の寿命は、あと一週間よ」

(*‘ω‘ *)「はあ……」


(;*‘ω‘ *)「ってえぇっ!?」


40 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:01:37.33 ID:yFcGXwK60
     m
  (^ω^ )> ナ、ナンダッテー!!
   ノ) )
   〈  〉


41 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:03:47.50 ID:MmiTHfycO
 一週間、七日間、計算するの面倒だから何十時間か。

 確かにちんぽっぽは自分が長くない事を知っていた。
 しかし流石に、一週間は短過ぎるだろう。


(;*‘ω‘ *)「ちょ、ちょっと待って下さいっぽ! それじゃあ何も……」

从'ー'从「うん、そうだね、でも、まだ続きがあるの、聞いてくれる?」

(*‘ω‘ *)「……はいですっぽ」

从'ー'从「よしよし、良い子だね、神様気に入ったよぉ〜」

44 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:06:58.13 ID:MmiTHfycO
从'ー'从「本来は、ちんぽっぽちゃんはとっくに死んでいるの、あの十年と二年くらい前に、餓死、だったかな」


 十年と約二年、それはちんぽっぽが段ボールの中で寂しく一生を終えようとしたあの日。


(*‘ω‘ *)「じゃあ、何で…………」

从'ー'从「それはねぇ、貴女の恩返ししたい人が、その運命を変えたからなの」

(*‘ω‘ *)「え……?」

从'ー'从「だからちんぽっぽちゃん、貴女が恩返ししたいという気持ち、神様が全力で応援してあげる」

46 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:10:01.44 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)


 自分は本来、あの日で死んでいた。
 けれど少年のお陰でその運命はねじ曲がり今、彼女は本来の寿命より十年と約二年も多く生きている。
 恩返しをしないなんて……。


从'ー'从「まあ細かい話は後でしようかな、それじゃあちんぽっぽちゃん、準備は良い?」

(;*‘ω‘ *)「え!? 今からですかっぽ!?」

从'ー'从「だって時間が無いもの〜」

47 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:12:08.21 ID:MmiTHfycO
从'ー'从「……あ、その前にいくつか条件があるの」

(*‘ω‘ *)「は、はいですっぽ」


 ※ ――……


从'ー'从「……以上、良いかな?」


 時は既に草木も眠るなんとやら、渡辺とちんぽっぽは縁側に座って話していた。


(*‘ω‘ *)「……分かりましたっぽ」

49 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:14:10.63 ID:MmiTHfycO
从'ー'从「うん、じゃあ行くよぉ〜」


 神様こと渡辺は、ちんぽっぽを抱き上げて、


从#'ー'从「……そーぉれっ!」


 月に向かって、投げた。


(;*‘ω‘ *)「にゃああぁぁぁあっ!!」

52 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:16:23.55 ID:MmiTHfycO
  。。
 ゚●゜

       。。
      ゚●゜

    。。
   ゚●゜

         。。
        ゚●゜


53 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:18:22.22 ID:MmiTHfycO
(…………)

(…………、あ)


 目が覚めた。
 何だか変な感覚が彼女を襲う。
 周りは真っ暗、とりあえずそこから動いてみる。


「…………ぽっ?」


 そして次々に襲ってくる、違和感。

 がばっ、と起き上がる彼女は、信じられない光景を目の当たりにした。


(;*‘ω‘ *)「にん、げん、に……」

54 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:20:36.89 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)「人間になってるっぽ!?」


 もう一度大きな声で。
 まず彼女の目に写ったのは人間の手、あのふにふになにくきゅうはいずこ。


(*‘ω‘ *)「か、鏡っぽ!」


 まずこの部屋が何なのかについては突っ込みを入れず、部屋にあった鏡で自分の姿を確認した。


(;*‘ω‘ *)「こ、これは……」

56 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:24:07.21 ID:MmiTHfycO
 まんまるな目に、そこからちょんと跳ねた長い睫毛、そして髪型は誰の趣味なのか額が強調される様になっていてまあ色々省略。
 自分の想像も付かなかった人間Ver.に彼女は驚きを隠せずあたふた。


(*‘ω‘ *)「ゆ、夢じゃないっぽ……?」

(*‘ω‘ *>o「ふむ」

(*‘ω‘。*)「痛いだけっぽ、これはきっと現実なんだっぽ」


 ベタな確認方法を実行して、彼女は次に部屋へと目を向ける。
 ここはどこだ、と。

57 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:27:18.52 ID:MmiTHfycO
 部屋を一言二言で表すならば、狭くて綺麗、だ。
 渡辺の言う通りならば、ここは確か、少年の部屋になる。


从'ー'从『私はこれから、ちんぽっぽちゃんに恩返しが出来るようにする為に、ある事をしなくちゃいけないの』

(*‘ω‘ *)『ある事っぽ?』

从'ー'从『そう、一つはまず、貴女を恩返ししなきゃいけない人の所まで送り込む事、これは覚えておいてね』

(*‘ω‘ *)『は、はいですっぽ、で、も……もう一つは?』

从'ー'从『ふぇぇ〜それは教えられないよぉ〜』

60 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:29:41.00 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「って事はあの時言っていたもう一つはこの事かっぽ……」


 ちんぽっぽは自分の姿をもう一度鏡で確認する。
 何処からどうみても人間だ。

 と、思いきや。


(;*‘ω‘ *)「あ、あれ?」


 なんだか、人間にしては違うものがあるではないか。

61 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:32:01.33 ID:MmiTHfycO
 それは元々被っていたフードによって気付かなかった猫の耳。
 そして尻尾だ。


(;*‘ω‘ *)「……これはマズいっぽ……」


 神様、しっかりしろ。


从'ー'从「あれれ〜取り替えたはずの耳と消したはずの尻尾が無いよぉ〜?」

64 ::2008/11/23(日) 02:34:38.64 ID:fvcESa3KO
>>61
問題ない。

63 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:34:25.12 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)「なんて中途半端な……」


 とりあえず猫耳はちょうど付いていたフードで何とか誤魔化すとして。


(*‘ω‘ *)「尻尾……」


 これはどうしようもない。
 無意識の内に動いているものだし隠す事も難しい。

 しかし下手したらそういう趣味の人間だと思われる。
 さて、どうしようか。

65 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:37:45.85 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)「これじゃあまともに外歩けないっぽ……」


 そんな風に彼女があたふたしていると、部屋の先から、何やら物音がした。
 それはドアが開いて、閉じる音、と振動だ。
 つまり誰かが帰って来た、と。


(;*‘ω‘ *)(ま、まままマズいっぽもしワカッテマスだったら本当にマズいっぽくぁwせ;@ふじこlp)


 がちゃ。


( <●><●>)「あー今日も忙し……」

66 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:39:58.65 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)

(*‘ω‘ *)

( <●><●>)

(;*‘ω‘ *)


 見つめあうと素直にお喋り出来ない、じゃ無くて。
 そういう意味で喋れない訳じゃない、と彼女は心の中で思う。

 これは一大事である。

68 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:42:54.91 ID:MmiTHfycO
 まずは状況を整理しよう。

 帰って来たワカッテマスが部屋に入ると、見知らぬ人がいた。
 それも猫耳とご丁寧に尻尾まで付いた。
 顔は悪くない、だがしかし今はそういう問題では無い。


(;<●><●>)「あ、警察ですか、家に今泥棒猫?が……」

(;*‘ω‘ *)「待って下さいっぽ! 待って下さいっぽ!」

(;<●><●>)「……」

70 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:46:15.66 ID:MmiTHfycO
(;<●><●>)「まあ、あの、お茶でもどうですか……」

(;*‘ω‘ *)「す、すみませんっぽ……、わざわざ……」


 ワカッテマスはおずおずとちんぽっぽに茶を勧めた。
 ここは乗るしか無いだろうとちんぽっぽは首を縦に振った。
 ぱたぱたと気まずそうに尻尾が揺れる。


(;<●><●>)「それで、あの……家にはどういうご用件で……」

(;*‘ω‘ *)「そ、それは……」

71 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:49:46.92 ID:MmiTHfycO
 ちんぽっぽはまた、渡辺との会話を思い出した。


从'ー'从『条件っていうのはね〜二つあるの〜』

(*‘ω‘ *)『二つですかっぽ』

从'ー'从『うん、まず一つ目は、自分がどうして来たのかを言ってはいけない、って事』

(*‘ω‘ *)『えぇっとつまり……恩返し云々については言っちゃいけないんですかっぽ?』

从'ー'从『そうなるねぇ〜、説明不足だけどこれからの事を考えるとこれ以上は言えないなぁ〜』

72 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:53:26.35 ID:MmiTHfycO
从'ー'从『あと、これは最初から決まってる事なんだけど〜』

从'ー'从『期間は貴女の寿命と同じく一週間、これ以上は延ばせられませんって事ね』

(;*‘ω‘ *)『わ、分かりましたっぽ、あ、あともし一つ目の条件を破ったらどうなるんですかっぽ?』

从'ー'从『それも言えないなぁ〜ごめんねぇ〜』

(;*‘ω‘ *)『い、いえそんな事はありませんっぽ! むしろ感謝してますっぽ!』


 あの時、本当はどうなるのかを聞いてはおきたかったけれど。
 ちんぽっぽは仕方無いと思い、諦めたのだった。

73 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 02:56:13.40 ID:MmiTHfycO
(;<●><●>)「あ、あの……」

(;*‘ω‘ *)「! す、すみませんっぽ!」


 とりあえず余計な事は喋れない、しかし頑張らないと間に合わない。
 自分がそんな不憫な状況に置かれているのだとちんぽっぽは思った。


( <●><●>)「そういえば貴女のお名前は……」

(;*‘ω‘ *)「ち、ちんぽっぽですっぽ」

( <●><●>)「ちんぽっぽ……?」

77 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:00:15.60 ID:MmiTHfycO
 ワカッテマスは一瞬、何かが突っ掛かった様な顔をして、考え込んだ。
 恐らく今の彼は、ちんぽっぽの事を覚えてはいない。
 当たり前といえば当たり前だ。

 どんなにその時、ワカッテマスが悔しい思いをしたとしても、
 時が経てば忘れてしまうのが道理というものだ。
 いつまでも一つの事に縛られてる訳にはいかないのである。

 しかし、逆にちんぽっぽはいつかワカッテマスに恩返しする事だけを夢見ていた。

 そのショックが大きくても、無理は無い。


( <●><●>)「どこかで聞いた事がある様な……」

79 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:03:30.60 ID:MmiTHfycO
(;<●><●>)「ってどうしたんですか!? 何で泣いてるんですか!?」

(*。ぅω; *)「そ、そりゃあ……覚えて……なんか、無い……っぽ……」

(;<●><●>)「え? いや、あの……!」


 泣いてばかりのちんぽっぽに、ワカッテマスはただただ戸惑っているだけで。

 ちんぽっぽが泣きやむ頃には、日が沈んでいた。


(*ぅω‘。*)「…………」

82 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:06:33.11 ID:MmiTHfycO
(*ぅω⊂*) ゴシゴシ

(*‘ω‘ *)「……うう、ごめんなさいっぽ」

(;<●><●>)「い、いやこちらこそ申し訳無いというか……」


 入れてもらった熱いお茶は、すっかり冷めてしまっていて。
 それでもちんぽっぽは、ぐいとお茶を飲み干した。


(;*‘ω‘ *)「で、その、用があるんですっぽ」

(;<●><●>)「は、はい……」

83 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:09:35.80 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)(そ、そうだ、確か渡辺さんから貰ったものが……)


 二度ある事は三度ある、と再びちんぽっぽは渡辺との会話を思い出す。


从'ー'从『ちんぽっぽちゃんにはこれを預けておくね〜』

(*‘ω‘ *)『……紙?』

从'ー'从『きっと誰かの家に居候する事になるだろうから、その時はこれを見て話すと良いよぉ〜』

(*‘ω‘ *)『あ、ありがとうございますっぽ!』

84 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:13:10.78 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)(えーっと何々……)

(*‘ω‘ *)「ち、ちわーす、みかわやでーす、っぽ」


(;<●><●>)「え?」

(*‘ω‘ *)「え?」

(*‘ω‘ *)(わ、渡辺さん……)


 人間のアニメやら何やらの文化を知らないちんぽっぽでも、こればっかりは分かった。
 これだけは絶対に違うと、おかしいだろと。


从'ー'从「あれれ〜、渡したはずの紙が何であるのかなぁ〜?」


 神様しっかりしろ、むしろして下さい。

87 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:16:44.58 ID:15FQsCKTO
神様いい加減過ぎるwww

88 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:16:56.02 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)(これはもうどうしようも無いっぽ……)


 ちんぽっぽは考えた、どうすれば良いのかを。
 しかし全くと言って良い程に名案が思い付かない。


(*‘ω‘ *)(こんなんじゃ恩返しにもならないっぽ……)


(;*‘ω‘ *)「あっ、そうだっぽ! 急用思い出しましたっぽ! それでは!」

(;<●><●>)「え? ま、待って下さい!」

89 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:19:58.40 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)「な、なんですかっぽ!? もう恥ずかしくて死にそうなんで早く行かせて下さいっぽ!」


 勿論急用が出来たなど嘘である。
 用なんて一つしか無い、今目の前にいる彼への恩返しだ。


(;<●><●>)「いや、そっちは玄関じゃ無くて押し入れです……」

(;* ω  *)「は、はいですっぽ……」


 去り際までかっこよく纏まらない運の悪さってなんだろう。
 ちんぽっぽは心のどこかでそう思ったとか思ってないとか。

92 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:22:58.73 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「はぁ……」


 結局そんな運の悪い彼女が来たのは、彼と出会って別れた公園だった。
 彼女の記憶から行ける場所は精々それくらいである。


(*‘ω‘ *)(こんなんじゃ、一週間なんてあっという間っぽ……)

(;*‘ω‘ *)「っくしゅん!」

(*‘ω‘ *)(寒いっぽ……)

93 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:26:11.15 ID:MmiTHfycO
 季節は冬、しかももう夜になりかけている。
 なのに彼女の格好と来たら薄いフード付きの上着にジーンズくらいで。


(;*‘ω‘ *)(そ、そういえば耳と尻尾は一応隠さなきゃ駄目だっぽ……)


 そこで彼女は思いだし、慌ててフードを被ったが、尻尾はどうしようも無いので諦める。
 ベンチに座ってはあと溜め息を吐くと、それは白くなった。


(*‘ω‘ *)(寒いっぽ……それに……)

94 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:28:46.78 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *) ギュルル

(;*‘ω‘ *)

(;*‘ω‘ *)(お腹も空いたっぽ……人間になってから何も食べて無いっぽ……)


 寒さと空腹と、そして一人でいる怖さ。
 何だかそれからはあの日と似た様なものを感じる。


(;*‘ω‘ *)(そういえばそうだったっぽ、あの日も寒くて怖くてお腹が空いてて……)

97 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:31:11.89 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)(……だけど、あの日はワカッテマスがいたっぽ)


 確かに昔と今は似ていた。
 しかし、昔と今には決定的な違いがある。
 それがワカッテマスだった。

 きっと今は、自分を追って来てなんかくれないのだろう。


(*ぅω‘ *)(眠いっぽ…………)

(*ぅω‘ *)(どうせあの日亡くなってた命なら……別に……)

99 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:33:44.70 ID:MmiTHfycO
(*ぅω‘ *)「はぁ…………」


 一度溜め息を吐くと、ちんぽっぽはベンチに横になった。
 そしてゆっくり目を瞑った、その時。


「こんな、寒い日に」

「こんな所で寝ていたら」

「死んでしまいます」

「……ちんぽっぽさん」

101 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:36:34.21 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「……え?」

(;<●><●>)「探しましたよ、どうせ行く宛も無いのに何処に行くつもりなのかって」


 彼女が目を開ると、ワカッテマスがそこにいた。
 あの日の幼い彼じゃ無く、今の彼が。


(;<●><●>)「ほら、帰りましょう、話は後で良いですから」


 走ったのか、息苦しそうで、言葉はとぎれとぎれになっている。

103 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:39:20.16 ID:MmiTHfycO
 そして差し延べられた、手袋をはめた手。


(;*‘ω‘ *)「い、良いんですかっぽ?」

( <●><●>)「公園で寝てしまう様な人を放っておく程、酷い人間ではありませんからね」

(;*‘ω‘ *)「……じゃ、じゃあ」


 彼女の冷えきった手が、手袋に重なった。

105 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:43:26.88 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)「あ」


 ワカッテマスは思い出したかの様に言うと、マフラーをちんぽっぽの首に巻いて、手袋も片方はめてやった。


(;*‘ω‘ *)「え!? い、いや悪いですっぽ! 冷えちゃいますっぽ!」

( <●><●>)「良いですよ、どうせ家ならすぐ近くなんですから」

(;*‘ω‘ *)「い、いや、でも……そうしたら……!」


 また一つ、世話になってしまう。

107 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:45:16.02 ID:MmiTHfycO
そんな訳で今日は以上になりますです、眠い。
続きはまた明日っていうか今日もスレが残っていたら。
んではおやすみなさい、でもその前に質問あったら答えます。


108 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:46:00.80 ID:SL1EdRMJO
何時に戻る

109 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:47:11.57 ID:Cg5ZHivOO
>>107
ひとまず乙!

  ∫
つ( ̄)コ


110 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 03:50:40.27 ID:MmiTHfycO
>>108
とりあえず十二時間後くらいには戻れたら良いなあと。

>>109
わざわざ深夜に付き合ってくれてありがとう、それは貰っておく。

ではおやすみなさい!





132 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 11:34:59.25 ID:MmiTHfycO
保守してくれた人ありがとう!
のろのろと再開しますです。


133 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 11:36:03.79 ID:MmiTHfycO
      ,、,,..._
     ノ ・ ヽ
    / :::::   i ∧ ∧
   / :::::   (‘ω‘ * )  
   ,i ::::::     と、  )
   | ::::       (_ノ、
   ! :::::..        ノ
   `ー――――― '"


135 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 11:38:48.55 ID:MmiTHfycO
(*‐ω‐*)zzz

( <●><●>)(…………)


 次の日、朝。
 ワカッテマスは起きると炬燵の中で寝ているちんぽっぽを見付けた。
 尻尾は時々ぱたぱた、と動き何処からかごろごろと喉を鳴らす様な音が聞こえた。


( <●><●>)(そういえば、そうでした)


 ワカッテマスはそれを見て、昨日起きた事を思い出す。
 今でも、信じられない様な出来事を。

137 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 11:41:54.31 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)『えっと、その、詳しくは言えないんですっぽ、どうしても……』


 あれから二人は、ワカッテマスの家に帰り炬燵で向き合って話をしていた。
 ちんぽっぽはどうしても話せない事情をどう上手く説明しようかと考えて、うんうん唸っている。


(*‘ω‘ *)『そういえば、ワカッテマスさんの家族は……』

( <●><●>)『ああ、いませんよ』

(;*‘ω‘ *)『え?』

138 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 11:44:43.40 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)(あれ、そういえば何故私の名前を……)

(;*‘ω‘ *)『そ、それならっ!』

(;<●><●>)『は、はいっ?』


 ちんぽっぽはその言葉を聞くと、深くは聞こうとせずに炬燵をばんと叩いて立ち上がった。
 これにはワカッテマスも圧倒されて少々驚き気味である。


(;*‘ω‘ *)『それなら、手伝わせて下さいっぽ!』

(;<●><●>)『え?』

139 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 11:48:07.79 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)『ひ、一人暮らしなんて大変ですっぽ、現にほら、部屋が!』


 そう言うとちんぽっぽは辺りを見回してもう一度ほら、と言う。
 部屋は足の踏み場もあるんだかないんだか、色んな物が散乱していてお世辞にも綺麗とは言えない。


(;<●><●>)『た……確かにそうですが……』

(*‘ω‘ *)『ならお任せ下さいっぽ! このちんぽっぽが一生懸命掃除しますっぽ! あとほらなんか、家事とかも!』

(;<●><●>)『は、はい……』

140 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 11:51:00.02 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)『だ、だから……』


 ばたり。


(;<●><●>)『……え?』


 ちんぽっぽは急に、炬燵に身体を半分入れたまま意識を失った。
 というか、寝た。


(;<●><●>)(追い出す訳にはいきませんし……家に上げましたし……)

(;<―><―>)

143 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 11:54:16.30 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)


 そして、今に至る。
 恐らくあれから起きる事は無かったであろう彼女は、ぐっすりと幸せそうに眠っていた。


( <●><●>)(おっと時間ですね)


 土曜日の午前、ワカッテマスはコートにマフラー、手袋を身に付けて、家から出て行った。
 所謂バイトの時間である。


(*‐ω‐*)zzz

(*‐ω‘ *)「ぽっ?」

144 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 11:57:08.01 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)「あ、あれっ?」


 ちんぽっぽが目を覚ましたのは午後、お昼時で。
 ワカッテマスが家から出て行った何時間も後だった。


(;*‘ω‘ *)「うぅ……昨日はどうしたんだっぽ……?」


 ちんぽっぽは昨日自分がどの様な経緯でここまでに至ったのかを思い出そうとする。


(;*‘ω‘ *)「そういえば寝ちゃったんだっぽ…………」

147 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:00:36.46 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)(ってもうそれで一日経ってるんだっぽ、時間が無駄に……)

(;*‐ω‐*)「うぅむ……」


 残り六日間、果たしてちゃんと恩返しが出来るのだろうか。
 そして、ワカッテマスは自分の事を、思い出してくれるのだろうか。

 彼女の中では、その二つの不安が尻尾の様に揺れていた。


(*‘ω‘ *)(公園でも行くっぽ)


 気分転換、とちんぽっぽも家から出て行った。

149 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:03:29.15 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)(人が少なくて良かったっぽ)


 耳を隠して尻尾隠せず。
 しかし幸いにも公園には人が少なかったので何とかなりそうだ。


『お姉ちゃん、誰?』

『見掛けない顔だゴルァ!』

『尻尾がある人間なんて初めて見たよ』

『猫人間モナー』

(;*‘ω‘ *)「!?」


150 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:06:42.80 ID:MmiTHfycO
 何処からか声が聞こえる。
 それが人間の声では無いとちんぽっぽは無意識の内に感じ取っていた。


(*‘ω‘ *)「っぽ?」


(*゚ー゚),,゚Д゚)・∀・)´∀`)


(;*‘ω‘ *)「にゃっ!?」


 それはベンチの後ろにいる四匹の猫のものだった。
 猫達はじっとちんぽっぽを見ている。

152 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:09:33.06 ID:MmiTHfycO
( ・∀・)『あ、やっぱり人間じゃないぞ!』

(,,゚Д゚)『怪しい奴だぜ』

( ´∀`)『おねーちゃん何者モナー?』

(*゚ー゚)『まあまあ皆そう言わずにさ』

(*‘ω‘ *)(猫が喋ってる……?)


 ちんぽっぽは一度そう思った、しかしそれにしては何処か不自然な声で。


⌒*リ´・-・リ「あ、猫……」

*(‘‘)*「猫さんだー!」


153 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:12:14.93 ID:MmiTHfycO
⌒*リ´・-・リ「可愛いねー」

(;,,゚Д゚)『あ、ちょ、撫でるな! 撫でるな!』

*(‘‘)*「何処で飼ってるのかなー?」

( ´∀`)『モナ達は野良猫モナ』


(*‘ω‘ *)「?」


 ちんぽっぽには猫の言ってる事が分かり、この二人には分からない。
 ふと、頭についた自分の耳を触る。


(*‘ω‘ *)(もしかして私が猫だからなのかっぽ?)

154 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:15:04.28 ID:MmiTHfycO
(*゚ー゚)『そうみたいだね、おねーちゃんは何て名前?』

(*‘ω‘ *)「ち、ちんぽっぽですっぽ」


 横で撫でられている二匹を気にする様子も無く、一匹がちんぽっぽに話し掛ける。


( ・∀・)『へー、僕はモララー、であっちの語尾が変なのはモナー』

(*゚ー゚)『私はしぃ、であっちの撫でられて困ってるのはギコ、よろしくね』

(*‘ω‘ *)「ど、どうもっぽ…………」

157 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:19:25.87 ID:MmiTHfycO
(;,,-Д-)『死ぬかと……思った……』

( ・∀・)『撫でられたくらいで猫は死なないよ、ギコ』

( ´∀`)『全くだモナー、もうちょっとは喜べモナ』

(*゚ー゚)『ギコったら怖がりね』

(;*‘ω‘ *)「…………」


 やがて撫でられていた二匹も戻ってきて、四匹全員が揃った。


( ・∀・)『それじゃあ詳しく話を聞かせてもらおうか』

159 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:22:34.47 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)「詳しくって言われても…………うーん……」

(*゚ー゚)『何か事情があるのかな?』


 しぃの言う通りである。
 神様との約束で本当の事をべらべらと喋る事は出来ないのだ。
 しかし四匹にはちんぽっぽが猫である事はバレていて、下手に誤魔化したりは出来ない。


(*‘ω‘ *)「詳しくは話せないっぽ……ただ恩返ししなきゃいけないんだっぽ……」

( ´∀`)『恩返しモナ?』

(,,゚Д゚)『猫の恩返しだゴルァ』

160 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:26:54.79 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「色々、事情があって……どうしてもしたいんだっぽ、でも……」

( ・∀・)『ほうほう、話せる限り僕らに話してもらおうじゃないか』

(;*‘ω‘ *)「とりあえず恩返ししようとしてるんだっぽ、でもなかなか上手くいかなくて……」


 ちんぽっぽはそこで言葉に詰まり、黙り込む。


(*゚ー゚)『上手くやろうとしないで、とにかく相手の為になれる様な事を一つ一つしていけば良いんじゃないかな?』


 そこでしぃが一言、ちんぽっぽに言った。


(,,゚Д゚)『おう、しぃの言う通りだゴルァ!』

( ´∀`)『ギコはただ真似しただけモナー』

163 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 12:31:50.14 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「……そうしたら、ちゃんと恩返しに……」

( ・∀・)『なれるさ、きっと』

(*゚ー゚)『そうそう、自信を持って頑張って!』


 しぃや、他の三匹も同じ様に大丈夫、と声を掛ける。
 ちんぽっぽは今まで悩んでいた事も馬鹿らしく思えて、ベンチから立ち上がった。


(*‘ω‘ *)「あ、ありがとうっぽ、早速やってみるっぽ!」

( ・∀・)『お、頑張ってね』

(*゚ー゚)『ちゃんと恩返し出来ると良いね』

(,,゚Д゚)『また来いよ!』

( ´∀`)『ばいばいモナー』

167 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:00:25.14 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「まずは掃除するっぽ!」


 彼女は家に帰って早速、掃除を始めた。
 しかし何にせよ初めての掃除なのでそれはもう目茶苦茶なものだったのは言うまでも無い。
 というよりも部屋が部屋なのだ。


(;*‘ω‘ *)「うわっ、埃だらけっぽ!」


(;*‘ω‘ *)「虫が! 何かが! にゃぁああぁぁ!!」


(;*‘ω‘ *)「こ、これも捨てるっぽ……」

 *  *  *


(*‘ω‘ *)「…………終わったっぽ」

169 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:04:34.34 ID:MmiTHfycO
 とりあえず部屋は綺麗になっていた。
 床に散乱していた物はほとんどが捨てられて、他にもキッチン等は溜まっていた皿が洗われている。
 多少というよりもかなり無茶苦茶なのは突っ込んだら負けである。


(*ぅω‘ *)「動き回ったせいで疲れたっぽ……」

(*ぅω‘ *)「ちょっとだけ寝るっぽ…………」






170 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:07:32.12 ID:MmiTHfycO




 がちゃり、ばたん。


( <●><●>)「ただい……」

( <〇><〇>)


 その後、ワカッテマスが綺麗になった部屋を見て、色んな意味で驚いたのは言うまでも無い。


171 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:07:45.92 ID:Arn9OhGg0
きっと、色々大切なものも捨てちゃったんだろうな……
ベッドの下に隠してある本とか……

173 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:10:25.22 ID:MmiTHfycO
一区切り付いたところでちょっと休憩するでごんす。
さるっていつからこんな酷くなった、こんな時代に誰がした。

ではでは、次は安価が出る予定です。

>>171
だろうね……


175 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:25:28.44 ID:gGftfzikO
>>173
ごゆるりと。

エロ本支援。




178 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:37:03.49 ID:MmiTHfycO
           。  。
           )丿
      (\ ∧ ∧/)
       (  (*‘ω‘)o)
       ゝ (o  ノノ
   ((((((( (/ (ノ(ノヽ)


180 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:40:14.40 ID:MmiTHfycO
(*ぅω‐*)「んー……」

(*ぅω‐*)


(;*‘ω‘ *)「あぁぁまた寝過ごしちゃったっぽ! 時間!」


 ちんぽっぽが目を覚ましたのはまたしても炬燵の中だった。
 窓から差す日の光をこれ程に憎らしいと思った事があるだろうか、とちんぽっぽは心の中で悪態をついた。


( <●><●>)「あ、起きましたか」

(;*‘ω‘ *)「ご、ごめんなさいっぽ……」

181 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:43:01.65 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)「いえいえ、気にしなくても良いのですよ」

(*‘ω‘ *)「でもそれじゃあ悪いですっぽ……」

( <●><●>)「それに部屋の掃除をして下さって、とても助かってます」

(*‘ω‘ *)+「ほ、本当ですかっぽ!?」

( <●><●>)「なんかいろいろなくなりましたけど…………」


 ワカッテマスがそう小さく呟いたが、今のちんぽっぽにそれは届かない。

185 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:46:17.31 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「ほ、他に何か出来る事ってありますかっぽ?」

( <●><●>)「他に、と言われましても」

(*‘ω‘ *)「例えば料理とか、洗濯とか……あと掃除機使ったり……」


 実際にやってみた。


(*‘ω‘ *)「料理は火が、洗濯と掃除は音が怖くて無理でしたっぽ」

( <●><●>)「マジですか」

(;*‘ω‘ *)「一応猫なんですっぽ……」

187 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:48:34.85 ID:Arn9OhGg0
>>185
ぶっちゃけたー!?

188 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:50:44.80 ID:MmiTHfycO
 猫、と言われてワカッテマスはふと気付く。
 今まで馴染み過ぎていたせいか、あまり意識していなかったのだ。
 ちんぽっぽはドジっ子な神様のせいで中途半端な人間になってしまった訳で。


( <●><●>)「……これ本物ですか?」

(*‘ω‘ *)「くすぐったいですっぽ……」

(;<●><●>)(なんというもふもふ、これは間違いなく本物……)


 突然始まった同居人との生活はとても変わっているなあとワカッテマスはしみじみ思うのであった。

189 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:54:07.52 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)「何故こんな事に……」

(*‘ω‘ *)「え゙……っとそれはですねっぽ……」

(;<●><●>)「…………」

(;*‘ω‘ *)「実は私、に、二次元からやって来たんだっぽ……」


 嘘が下手なのは今更な事だ。


(;<●><●>)「とりあえず深くは聞かない事にします」

(;*‘ω‘ *)「た、助かりますっぽ……」

190 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 13:57:54.64 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「あ、今日は暇なんですかっぽ?」

( <●><●>)「ええまあ、日曜日なので」

(*‘ω‘ *)「じゃあ……何か予定とかありますかっぽ?」

( <●><●>)「特に……無いですね」

(*‘ω‘ *)「な、なら公園行きましょうっぽ、公園!」

( <●><●>)「公園、ですか? 良いですけど……」

(*‘ω‘ *)(よし)

192 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:03:01.44 ID:MmiTHfycO
 *  *  *


(*‘ω‘ *)「うーんちょっと寒いっぽ」

( <●><●>)「風が強いですからね」


 からからと落ち葉が風に乗って舞い上がる。
 ちんぽっぽが辺りを見回しても昨日出会った猫達はいなかった。
 少し残念である。


(*‘ω‘ *)(確かここらへんっぽ)

194 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:06:19.36 ID:MmiTHfycO
 ちんぽっぽは何処からともなく段ボールを座っているベンチの近くに置いた。
 そしてその中で体育座り。


( <●><●>)「…………あの」

(*‘ω‘ *)「はい?」

( <●><●>)「つかぬ事をお聞きしますが……それは一体?」

(*‘ω‘ *)「……見て分かりませんかっぽ?」

(;<●><●>)「分かる方が凄いと思いますが……」

196 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:09:24.01 ID:MmiTHfycO
 ちんぽっぽの考えている事はこうだ。
 あの日と同じ様に姿形は違えど、段ボールの中にいれば、ワカッテマスも何かしら思い出してくれるだろう、という馬鹿馬鹿しい作戦である。


(*‘ω‘ *)(…………)

( <●><●>)「……もしかして」

(*‘ω‘ *)+「はい?」

( <●><●>)「段ボールの中が好きだとか、そういう……」

(*‘ω‘ *)


 作戦は大失敗に終わった。

200 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:12:03.15 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「…………」

( <●><●>)「…………あの、ちんぽっぽさん?」

(*‘ω‘ *)「?」

(;<●><●>)「怒ってますか?」

(*‘ω‘ *)「そんな訳無いですっぽ」

(;<●><●>)「なら、何で無言でこっちを……」

(*‘ω‘ *)「…………」

203 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:15:35.21 ID:MmiTHfycO
 ちんぽっぽは先程と同じ姿勢のまま、横でベンチに座るワカッテマスをじっと見つめていた。
 無言で、無表情に。
 怒っているのかと誤解されても無理は無いだろうに。


(*‘ω‘ *)「……怒ってませんっぽ」

(;<●><●>)「…………」

(*‘ω‘ *)「怒ってなんかいませんっぽ」

(;<●><●>)「な、何故二回も……」

(;*‘ω‘ *)「だ、大事な事だから二回言いましたっぽ」

206 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:19:01.45 ID:MmiTHfycO
 と、その時。


( <●><●>)「あ、あれは……」

(*‘ω‘ *)「?」

( <●><●>)「誰か居ますね」

(*‘ω‘ *)「え? あ、本当だっぽ……」

( <●><●>)「こちらからではよく見えませんね……ちょっと行ってみましょうか」

(*‘ω‘ *)「そうしますっぽ」


 公園にいた人>>208

208 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:20:02.19 ID:Arn9OhGg0
クー

209 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:20:35.75 ID:Arn9OhGg0
あああああ今のなし!なし!

わかんないんですでどうか

210 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:22:56.79 ID:MmiTHfycO
川 ゚ -゚)「……ん?」

( <●><●>)「あ、クーさんでしたか」

川 ゚ -゚)「なんだ、ワカッテマスじゃないか」

( <●><●>)「どうも、珍しいですね、こんな所に……」


 そこにいたのは素直クールことクーだった。
 ワカッテマスとは知り合いで、何でも素直に言う事で多少変わった人として周りから認識されていた。


川 ゚ -゚)「ところでそちらの女の子は誰かな?」


211 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:23:12.78 ID:Arn9OhGg0
ああー……

212 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:23:26.26 ID:EHjAA09h0
クーだっていいじゃない

214 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:24:04.88 ID:MmiTHfycO
>>209
( ゚д゚ )

ごめんなさいごめんなさいマジごめんなさい…………


217 :VIPがお送りします[クーでいくね、ごめんね……]:2008/11/23(日) 14:27:24.59 ID:MmiTHfycO
 クーはワカッテマスを、正確にはワカッテマスの後ろを指差した。
 ワカッテマスが振り返ると、そこにはワカッテマスにしがみついて警戒心丸出しでクーを睨むちんぽっぽが。


( <●><●>)「大丈夫ですよ、クーさんは悪い人じゃありません」
  _,
(#*‘ω‘ *)

(#*‘ω‘ *)

(*‘ω‘ *)「……」

川 ゚ -゚)「難しい子だな」

221 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:30:43.59 ID:MmiTHfycO
 ちんぽっぽはいつもよりフードを深く被ると、ワカッテマスの後ろからもっと顔を出した。


川 ゚ -゚)「私はクーだ、よろしくな」

(*‘ω‘ *)「……よろしくお願いします、っぽ」


 クーから差し延べられた手を、ちんぽっぽも握り返す。


川 ゚ー゚)「なんだ、可愛いじゃないか、フードなんて勿体ないな」

(*‘ω‘ *)「そ、そんな事無いですっぽ」

223 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:34:16.65 ID:MmiTHfycO
 クーは一瞬だけ笑うと、すぐにいつもどおりの表情に戻った。


川 ゚ -゚)「しかしあれだな、ワカッテマスにいつの間にこんな可愛い女の子がな……時代とは変わるものだ」

( <●><●>)「何だか凄く嫌味を言われてる気がします……が、生憎ちんぽっぽさんとは別にそういう仲じゃありません」

川 ゚ -゚)「え? 違うのか?」

( <●><●>)「違います」

(*‘ω‘ *)「…………」

226 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:37:33.97 ID:MmiTHfycO
 ちんぽっぽは何故か、それを寂しく感じた。
 当たり前の事だし間違ってもいないというのに。


川 ゚ -゚)「なんだ、つまらないな」

( <●><●>)「貴女を楽しませたくないのでそれで良いです」

川 ゚ -゚)「ちっ……じゃあ私は行くよ、またな」

( <●><●>)「えぇでは、さようなら」

(*‘ω‘ *)「さようならっぽ」

229 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:41:03.79 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)「はあ、ちんぽっぽさん、クーさんはあれでも良い人ですから」

(;*‘ω‘ *)「そ、そうですかっぽ」

(;<●><●>)「まあ初対面の人からすれば信じがたいとは思いますが……何とか仲良くやって下さると嬉しいです」

(*‘ω‘ *)「ワカッテマスさんはクーさんと友達なんですかっぽ?」

( <●><●>)「幼馴染みとやらです、年齢はあちらの方が二つ程上ですが」

(*‘ω‘ *)「なるほど…………」

( <●><●>)「最近は、元気が無いんですよね」

231 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:44:26.50 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「あれで、元気が無い……?」

( <●><●>)「元々感情が表に出ないタイプなので何とも言えませんが……最近は確か親戚のお爺さんの調子が悪いとかで」

(*‘ω‘ *)「……」


 ちんぽっぽは、直接関係していない筈なのに、それに何処かとても不安な何かを感じた。


(*‘ω‘ *)(そういえば杉浦さん……、何も言わないで行っちゃったけど、大丈夫っぽ……?)

232 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:47:09.97 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)「さて、そろそろ帰りましょうか」

(*‘ω‘ *)「そうしましょうっぽ、今日はわざわざ……」

(;*‘ω‘ *)「に゙ゃっ!」


 お礼を言おうとしたまさにその瞬間、ちんぽっぽの額に冷たい冷たい雨粒がぽつり。


( <●><●>)「あ、雨が降って来ましたね……急ぎましょう」

(*‘ω‘ *)「は、はいですっぽ」

234 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:50:33.45 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)(何でだろっぽ……)


 降り出した雨の中を二人で走りながらちんぽっぽは思う。


(*‘ω‘ *)(ずっとこんな生活が続けば良いのにって思ってるっぽ……)


 けれどそれは叶わない、だからこそ彼女は強く思ったのかもしれない。
 答えは雨に溶け込んでいく。
 きっと雨が止む頃にはもう、見付からなくなってしまう。


(*‘ω‘ *)(今は、それでも良いっぽ)


 雨は止まない。

235 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 14:53:12.57 ID:MmiTHfycO
とりあえず今のところはここまでで、支援あざっした。
続きはまた夜にでも。
あと安価については本当に申し訳無いです。





262 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:13:30.56 ID:MmiTHfycO
仮眠取ってました、とりあえず再開。
腹痛いので急に消える可能性があります。


263 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:15:03.35 ID:MmiTHfycO
    ∧ ∧   
  ヽ(*‘ω‘ *)ノ
 (( ノ(   )ヽ ))
     v v


264 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:18:01.66 ID:MmiTHfycO
(;<●><●>)「げほげほっ」

(;*‘ω‘ *)「だ、大丈夫ですかっぽ?」


 翌日、ワカッテマスは風邪を引いていた。
 原因は言わずもがな、先日雨に降られたせいだ。
 先日はあれから、雨はどんどん酷くなり、家に着く頃は土砂降りになっていたのだ。


( <●><●>)「あ゙ー……」

(*‘ω‘ *)「冷えピタ探して来ますっぽ……」

266 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:21:32.86 ID:MmiTHfycO
 月曜日、学校にはワカッテマスから連絡を入れて休みという事にし、ちんぽっぽがその面倒を見る事に。

 そんな中、ちんぽっぽは心配な反面、少しだけ嬉しく感じていた。
 やっと、恩返しらしい事が出来るのだ、と。


(*‘ω‘ *)(が、頑張るっぽ……)

( <●><●>)「ゔー……」

(;*‘ω‘ *)「あ、今すぐ持って行きますっぽー!」

(;<●><●>)「む、無理はしないで下さい…………」

268 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:26:03.18 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「確かこの棚に……」


 そのせいか、ちんぽっぽは少し要らない緊張をしていた。
 張り切り過ぎている、とでも言うのだろうか。


(*‘ω‘ *)(まだこの棚ごちゃごちゃしてるっぽ……)

(*‘ω‘ *)「あ、あったっぽ!」


 爪先立ちで棚の中を漁るちんぽっぽは、その混沌の中から目的の物を見付けた。
 しかし下手に動かし過ぎれば今にも棚からぼたもちだけでなく何やら色々飛び出しそうである。

271 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:29:15.83 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)(もう少しっぽ……ぐぬぬ……)


 しかしそんな事お構いなしにちんぽっぽは沢山の物の奥からそれを引っ張り出した。

 結果、


(;*‘ω‘ *)「に゙ぎゃっ!」


 棚から色んな物がどさどさ昨日の雨の如く降ってきてしまった。

273 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:34:40.28 ID:MmiTHfycO
(;<●><●>)「だ、大丈夫ですか!?」

(メ*‘ω‘ *)「あたた…………」


 大きな物音がして、ワカッテマスがちんぽっぽの元へとやって来る。
 そこには尻餅をついたちんぽっぽと散乱した荷物やら何やらが。


(;*‘ω‘ *)「あ、ごめ、ごめんなさいっぽ!」

(;<●><●>)「怪我は無いですか?」

(;*‘ω‘ *)「え?」

277 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:38:16.24 ID:MmiTHfycO
ちょっと急用が出来たので一旦離れます、八時頃には戻る予定


278 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:38:18.72 ID:yBdLhNvCO
ぽっぽ可愛いよぽっぽ

281 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 19:42:28.80 ID:KXgFYke1O
乙あんど保守

291 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 20:02:40.11 ID:MmiTHfycO
あーごめんなさい、ちょっとしばらく無理そうです。
出来ればまた深夜辺りに戻りたいけどどうなるかもよく分からんときた。
とりあえず明日の昼までには戻るつもりです、落として下さっても構いません。

中途半端になっちゃいましたがこれにて、支援ありがとうございましたー


296 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 20:05:54.03 ID:yBdLhNvCO
>>291
ひとまず乙
wktkして待ってるんだからな!

298 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 20:07:03.34 ID:kn130dPK0
ならあえて落とさないぜ

308 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 20:54:27.11 ID:MmiTHfycO
何だか大丈夫な予感……何事も無かったかの様に再開するぜ、ご迷惑お掛けしました


309 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 20:54:45.21 ID:kn130dPK0
よしこい

311 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 20:58:12.68 ID:MmiTHfycO
 ちんぽっぽはてっきり自分よりも床に散らばった荷物が心配されると思っていたので、ワカッテマスの言葉に目を丸くした。


(メ*‘ω‘ *)「だ、大丈夫ですっぽ! ちょっと痛いだけで……」

( <●><●>)「って顔に傷が付いてるじゃないですか、ちょっと待ってて下さいね」

(メ*‘ω‘ *)「あ……」


 これじゃあどっちが病人なのか分かったもんじゃない。


312 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:01:16.20 ID:MmiTHfycO
(メ*‘ω‘ *)「し、しみるっぽ……」

( <●><●>)「あとちょっとの我慢です、絆創膏は……はい」

(ロ*‘ω‘ *)「あ、ありがとうございますっぽ……」

(ロ*‘ω‘ *)(せっかく恩返し出来ると思ったのにこれじゃあ逆だっぽ…………)


 ぴんぽーん。


(ロ*‘ω‘ *)「……ぽっ?」

( <●><●>)「ちょっと出て来ます」


313 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:04:25.72 ID:MmiTHfycO
川 ゚ -゚)「やあやあ、風邪なんだって? お見舞いに来たぞ」

( <●><●>)「ああクーさん、こんにちは」

川 ゚ -゚)「まあ立ち話もなんだから中に入れてもらおうじゃないか」

( <●><●>)「それ普通私の台詞なんですが」

川 ゚ -゚)「細かい事気にしてたらもっと体調悪くなるぞ、さあ入れてくれ」

(;<●><●>)「仕方無いです……ね?」

川 ゚ -゚)「?」

316 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:07:58.72 ID:MmiTHfycO
 そこでワカッテマスは思い出した、今、部屋にはちんぽっぽがいる事を。
 まずその事についてクーは何かしら言ってくるだろう、そして。
 何よりもちんぽっぽは今耳も尻尾も隠してはいなかったのだ。


(;<●><●>)「あーこれはマズいですね、どうしましょうどうしましょう」

川;゚ -゚)「は?」

(;<●><●>)「ちょっとこれはクーさんにも被害が出るかもしれませんね、げほげほっ」

川 ゚ -゚)(嘘だな絶対……)

317 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:11:36.06 ID:MmiTHfycO
(;<●><●>)「とにかくこれはマズいなあクーさんに感染したらなんかもう色々大変な事になりますよ」

川 ゚ -゚)「……何か隠したい事でもあるのか?」

(;<〇><〇>)「あ、ある訳ないじゃないですか! ってあれ? ある訳ないじゃないってどっちでしたっけ……」

川 ゚ -゚)「よし、かなり重症なのは分かった、上げろ」

(;<●><●>)「あああそれは駄目です、絶対駄目です」

川 ゚ -゚)「大丈夫さ別にベッドの下を漁ろうとかそういう考えは無いよ」

(;<●><●>)「それはこの前一掃されたというかって違います違います! とにかく駄目です、死にますよ!」

川 ゚ -゚)「えー……」

319 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:14:30.17 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「ワカッテマスさん遅いっぽ……」


 その頃ちんぽっぽはと言えば棚の片付けをしながらワカッテマスの心配をしていた。
 すぐ近くで繰り広げられている攻防戦など露知らず。


(*‘ω‘ *)(そういえば……)


 ふと、ちんぽっぽは部屋を見回した。
 普通といえば普通、だが狭いのだ。

320 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:18:01.13 ID:MmiTHfycO
 ワカッテマスの家、正しくは部屋、はとあるボロアパートの一室である。
 昔、ちんぽっぽはここで一週間を過ごしたのだ。
 あの頃はちんぽっぽが小さかったという事もあってか、広く感じていた。

 しかし、今となっては一般家庭の半分も無いこの部屋は、ちんぽっぽにとっても狭く感じる程なのであった。


(*‘ω‘ *)(それに家族が居ないっていうのは…………)


 深く考えれば考える程に広がる謎、答えが出るのはいつになる事やら。

322 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:22:45.30 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)(まあ考えるだけ無駄だっぽ、それよりちょっと様子見に行った方が良いっぽ)


 その考えが一番危険であると知らず、ちんぽっぽは部屋から出て行くのであった。
 そして玄関の二人はと言うと、


川 ゚ -゚)「いやそこはいのりだ、最後まで諦めるなよ」

(;<●><●>)「あ、あれ、通じなくなりましたよ!? これでも続けろと!?」

川#゚ -゚)「諦めるな! 続けろ!」


 何故かゲームに没頭していた。

324 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:26:23.67 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)「ん、誰でしょう……まだ何かキャラっていましたっけ……」

川 ゚ー゚)「ふふふ……」

(;<●><●>)「って何でこんな流れになってるんですか!」

川 ゚ -゚)「お前がこうしたんだろう」

(;<●><●>)「いやしてませんって…………クーさんが休憩しようとか訳の分からない事言い出して……」

川 ゚ -゚)「言い訳はそこまでだ、じゃあ上げてもらおうか」

(;<●><●>)「だから駄目ですって、気が済んだなら帰って下さい……」

325 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:30:26.26 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「ワカッテマスさん大丈夫で…………」

川 ゚ -゚)「え?」

( <●><●>)「あ゙」


 ちんぽっぽは玄関で通せんぼするワカッテマスの後ろからひょっこり顔を出した。
 当然クーとも目が合う訳で、しかも耳と尻尾は隠して無くて。


川 ゚ -゚)「……ちょっと事情を説明してもらう為にも上げてもらおうか、ワカッテマス」


 ワカッテマスの苦労は無駄に終わった。

326 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:32:05.97 ID:1uDOyGCyO
ちんぽっぽwwwww

327 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 21:33:32.05 ID:MmiTHfycO
(;<●><●>)

川 ゚ -゚)

(;*‘ω‘ *)


 その空間は非常に気まずかった、どれくらい気まずいのかと言えば顔と名前の一致しない人と話す時くらいに気まずかった。


川 ゚ -゚)「……まず、その、なんだ、ワカッテマスの趣味は…………」

(;<●><●>)「ちょ、違いますって! 私そんなに変な趣味ありませんってば!」

330 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:00:33.44 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)「ほ、本当は嫌だったんですっぽ……でもワカッテマスさんがどうしてもって言うので……」

川 ゚ -゚)「それは酷いな、ワカッテマス、見損なった」

(;<●><●>)「ちんぽっぽさん!? 何でそこで嘘吐くんですか!?」

川 ゚ -゚)「とりあえずワカッテマス、気持ちは分かるが事実は認めるべきだ」

(*ぅω⊂*)「ううぅ…………」

(;<●><●>)(えー…………)

331 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:02:07.35 ID:yBdLhNvCO
ちょwwww

333 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:04:54.78 ID:MmiTHfycO
川 ゚ -゚)「とりあえずこれはワカッテマスの趣味として」

(;<●><●>)(納得行かない…………)

川 ゚ -゚)「何でちんぽっぽがここに?」

(;*‘ω‘ *)「そ、それはワカッテマスさんがこの姿で看病してほしいと……」

(;<●><●>)「まだそのネタ引き摺るんですか!?」

川 ゚ -゚)「ふむ、把握した、だから私には何も言わなかったんだな」


 一大事と思われていた事は、案外簡単に済まされてしまった。


(;<●><●>)(簡単じゃないって!)

336 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:08:53.08 ID:MmiTHfycO
川 ゚ -゚)「まあワカッテマスも一応病人だからな、看病してやろうじゃないか」

(;<●><●>)「ど、どうも……」

川 ゚ -゚)「お望みならば猫耳も……」

(;<●><●>)「もういや!」

(*‘ω‘ *)「クーさんが来てくれて良かったですっぽ……」

川 ゚ -゚)b「よしちんぽっぽ、後は任せろ、私が代わりを勤めよう」

(;<●><●>)(あばばばば……)

337 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:12:47.49 ID:MmiTHfycO
川 ゚ -゚)「ってな訳でワカッテマスは布団に戻れ」

( <●><●>)「言われなくても戻りますよ……」


 ワカッテマスは私のライフはなんとやらと呟きながら布団に潜って泣いていた。
 クーはそれを確認すると、台所に立つ。


川;゚ -゚)「む、すまないが手伝ってもらえないか?」

(;*‘ω‘ *)「は、はいっぽ! 勿論ですっぽ!」

川;゚ -゚)(やけにリアルな耳と尻尾だな……)

339 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:16:17.31 ID:MmiTHfycO
 とんとんとん、と林檎を切る音がする。


川 ゚ -゚)「なあちんぽっぽ」

(*‘ω‘ *)「?」

川 ゚ -゚)「ワカッテマスとはいつ知り合ったんだ?」

(*‘ω‘ *)「……かなり昔ですっぽ」

川 ゚ -゚)「おや、そんなに付き合いが長かったのか」

(*‘ω‘ *)「う、正確には違いますっぽ……まあなんかややこしい事情が…………」

川 ゚ -゚)「ふむ、まあそこは置いておこうか……じゃあちんぽっぽは、ワカッテマスが好きか?」

(;*‘ω‘ *)「も、勿論ですっぽ! ワカッテマスさんにはとても世話になったんですっぽ」

341 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:19:11.45 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「それに、今も凄く感謝してますっぽ…………ワカッテマスさんが居なかったら……」

川 ゚ -゚)「……ほう、ワカッテマスにそんなところがあるとはな、珍しい珍しい」

(*‘ω‘ *)「珍しいんですかっぽ?」

川 ゚ -゚)「ああ、現に君みたいな友人がいるなんて奇跡みたいなものさ」

(;*‘ω‘ *)「えぇ……?」

川 ゚ -゚)「なんだ、知らないのか?」

(;*‘ω‘ *)「は、恥ずかしながら…………」

343 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:22:24.85 ID:MmiTHfycO
川 ゚ -゚)「まあそこらへんはアイツから聞いてやってくれ、私から勝手に話したら怒られそうだ」

(;*‘ω‘ *)「分かりましたっぽ」

川 ゚ -゚)「じゃあこんなもんかな、うさぎさん」

(*‘ω‘ *)(綺麗に切れてるっぽ……)


 クーとちんぽっぽが切った林檎は、一目で区別がついた。
 包丁なんて今まで握った事も無いちんぽっぽにすれば、良い出来ではあるけれど。
 彼女は劣等感を感じずにはいられなかった。

345 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:25:13.84 ID:MmiTHfycO
川 ゚ -゚)「おいワカッテマス一回起きろ」

( <―><●>)「?」

川 ゚ -゚)「ほら食え、ちんぽっぽも手伝ってくれたんだぞ」

( <●><●>)「……頂きます」

川 ゚ -゚)「ちんぽっぽ、手伝ってくれてありがとう、君も疲れているだろう? 休むと良い」

(*‘ω‘ *)「あ、は……はいっぽ」

(*‘ω‘ *)(…………)

346 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:28:48.30 ID:MmiTHfycO
 それから、クーの看病は続いた。


川 ゚ -゚)「ワカッテマスちょっとこっち向け」

( <〇><●>)「つめたっ! 急に冷えピタ貼らないで下さいっ!」


川 ゚ -゚)っ「ほれ、粥作ったぞ」

( <●><〇>)「あっつ! 口に突っ込まないでくだひゃいあちちちち!」


(;*‘ω‘ *)(壮絶…………)


 まさにこの一言に尽きる看病だったそうな。

348 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:33:08.78 ID:MmiTHfycO
 しかし、看病は多少乱暴なものだったが、ワカッテマスの調子は確実に良くなっていった。


(*‘ω‘ *)(二人を見てると何だかもやもやするっぽ……)

(*‘ω‘ *)「あ、あのクーさん」

川 ゚ -゚)「ん?」

(*‘ω‘ *)「ちょっと散歩してきますっぽ、後はお願いしますっぽ」

川 ゚ -゚)b「把握した、行ってらっしゃい」

354 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:00:24.97 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)「はあ……」


 ちんぽっぽは帽子を被って尻尾を上着の中に隠すと、部屋から出て行った。


(*‘ω‘ *)(こんな事してる内にもう四日も経っちゃったっぽ……)

(*‘ω‘ *)(時間……間に合えば良いけど……)


(*‘ω‘ *)「っぽ……?」


(*゚ー゚),,゚Д゚)・∀・)´∀`)

356 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:02:47.71 ID:MmiTHfycO
 それはいつか(二日目辺り)出会った四匹の猫達であった。


(*゚ー゚)『久し振り! かな?』

(,,゚Д゚)『あれからどうなった?』

( ・∀・)『何かまたあった様な顔だね』

( ´∀`)『苦労が絶えないんだモナー』

(;*‘ω‘ *)「一気に聞かれましても……ていうか皆間違っちゃいないっぽ」

(*゚ー゚)『あららー』

(,,゚Д゚)『ここはまた俺らが力になってやるぞゴルァ』

( ・∀・)『ギコうるさい』

( ´∀`)『モナモナ』

357 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:06:07.19 ID:MmiTHfycO





(*゚ー゚)『それはライバルってやつね』


 公園、ベンチに座るちんぽっぽとその横に並ぶ四匹。
 実に奇妙な光景である。


(;*‘ω‘ *)「そ、そんなつもりじゃ……」

(,,゚Д゚)『いーやそんなつもりは無くてもだ』

( ・∀・)『この際何のライバルかは言わないよ』

( ´∀`)『悟れモナー』

358 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:07:14.78 ID:45N01XFx0
(*゚ー゚),,゚Д゚)・∀・)´∀`)おっさん!おっさん!

359 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:10:07.35 ID:MmiTHfycO
(;*‘ω‘ *)「わ、私はただ役に立ちたいだけだっぽ…………」

(*゚ー゚)『そういえばそれでちょっと気になってたんだけどさ』

(*‘ω‘ *)「ぽっ?」

(*゚ー゚)『それって、恩返ししたいってだけの気持ちなのかな?』

(;*‘ω‘ *)「ええ、え?」

(;*゚ー゚)『いや、分からないなら良いんだけどね……』

(;*‘ω‘ *)「な、何なんだっぽ? 分からないならそれで良いって言われても……」

361 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:15:31.49 ID:MmiTHfycO
 ちんぽっぽは、初めてクーに会った時のあの変な感覚を思い出す。
 妙に寂しい、この感覚は一体何なんだろう、と思い返す。


(*ぅω‘ *)「わかんないっぽ……自分でもよく、何をすれば良いのかとか、自分が何を考えてるのかとか……わかんないっぽ……」

(;,,゚Д゚)『え、ちょ、泣かなくても…………だ、大丈夫か?』

( ・∀・)『あーあギコが空気読まないから』

( ´∀`)『空気嫁モナ』

(*゚ー゚)『KY』

(;,,゚Д゚)『えぇ!?』

363 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:19:57.61 ID:MmiTHfycO
 *  *  *


「おかあさん、おかあさん、なんでわたしたちはこんなせまいところにすんでいるのですか」

「……わかってます、それはね……、それは……」

「おかあさん?」

「ごめんなさい、おかあさんがもっとしっかりしていればよかったのにね」

「なかないで、おかあさん」


 おかあさんは つぎのひ いなくなった。
 おとうさんは もともと いなかった。

 ひとりぼっち ひとりぼっちは さびしいよ。


「……ス、ワカッテマス」

( <●><●>)「……ん?」

364 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:22:22.17 ID:MmiTHfycO
川 ゚ -゚)「ほら、起きろ、あと体温計」

( <●><●>)「あ、あ、分かりました」

川 ゚ -゚)「ちんぽっぽはちょっと前に散歩行ったからな」

( <●><●>)「そうですか」

川 ゚ -゚)「良い子じゃないか」

(;<●><●>)「だからそういう訳じゃ……」

川 ゚ -゚)「ああ、分かってるさ」

365 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:26:01.20 ID:MmiTHfycO
川 ゚ -゚)「……さて、私はそろそろ帰るとするか」

( <●><●>)「今日はありがとうございました」

川 ゚ -゚)「礼には及ばないさ、後で奢ってくれたらの話だが」

(;<―><―>)「分かりましたよ……」

川 ゚ー゚)「楽しみにしているよ……じゃあまた」


 がちゃんばたん、とクーは家から出て行って。
 そこにはワカッテマスが一人だけ。

366 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:30:17.19 ID:MmiTHfycO
( <●><●>)(……一人、ですか)

( <●><●>)(何だか、思い出せそうだったのに)


 ワカッテマスは、ちんぽっぽの存在を昔から何処かで知っている気がした。
 ただ、そこで何かがつっかえて、なかなか思い出せないでいる。
 と、そこでクーと入れ替わるかの様にちんぽっぽが帰ってきた。


(*‘ω‘ *)「ただいまですっぽ」

( <●><●>)「おかえりなさい」

368 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 23:34:43.81 ID:MmiTHfycO
(*‘ω‘ *)(ゔー…………)

( <●><●>)「…………ちんぽっぽさん?」

(;*‘ω‘ *)「あ、はい?」

( <●><●>)「いえ、何だか顔色が悪かったので……何かあったのですか?」


 何かあった、むしろ大アリだ。
 とも言えず、ちんぽっぽはただ誤魔化す。


(;*‘ω‘ *)「そ、そんな事無いですっぽ! ちょっと外が寒かっただけで……」

374 :VIPがお送りします:2008/11/24(月) 00:00:33.48 ID:oWhQ8Bi/O
( <●><●>)「……そう、ですか」

(;*‘ω‘ *)「…………」

( <●><●>)「では私は、もう一眠りしますね、おやすみなさい」

(;*‘ω‘ *)「おっおやすみなさいっぽ!」


 何かが狂い始めて、何かが動き出す。


(*‘ω‘ *)(明日……ここを出て行くっぽ)

375 :VIPがお送りします:2008/11/24(月) 00:03:55.34 ID:oWhQ8Bi/O
これにて四日目終わり。

まあ、なんだ、さっきから同じタイミングでさる食らってる気が……。
本当申し訳無いです、そして支援ありがとうございました。

また明日っていうか今日の朝昼夜に分けて投下出来たら良いなあと思っとります。
なので明日の夜辺りが最終回になりますです。ではでは!


376 :VIPがお送りします:2008/11/24(月) 00:06:33.84 ID:ndExbyLzO
乙!また明日待ってるよ

332 :VIPがお送りします:2008/11/23(日) 22:03:11.01 ID:1zvuIll40
ttp://imepita.jp/20081123/793160

381 :VIPがお送りします:2008/11/24(月) 00:13:40.24 ID:oWhQ8Bi/O
>>332
ありがとうございますマジで、速攻で保存しました


383 :VIPがお送りします:2008/11/24(月) 00:18:48.53 ID:66gob31oO
ひとまず乙ー
続きwktkして待ってるんだからなっ!

ttp://imepita.jp/20081124/009860

384 :VIPがお送りします:2008/11/24(月) 00:22:26.21 ID:oWhQ8Bi/O
>>383
!? ありがとうございますありがとうございます……


385 :VIPがお送りします:2008/11/24(月) 00:29:30.99 ID:/NgxmCYG0
出遅れた、乙ー
にゃんこ好きにはたまらない

ttp://boonpict.run.buttobi.net/cgi-bin/up/src/boonpic_0346.jpg

386 :VIPがお送りします:2008/11/24(月) 00:33:25.04 ID:oWhQ8Bi/O
>>385
なん……だと……素敵な絵をありがとうございます!







後編もどうぞ


posted by キティ at 21:29 | このエントリーを含むはてなブックマーク | Comment(4) | TrackBack(0) | 〆(・ω・ ) ヨミモノ
(「・ω・)「 お世話になってるヨソ様ー
海の幸 (VIP)
山の幸 (etc)


この記事へのコメント
  1. 余裕の一桁
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年11月26日 21:41
  2. 1桁とかどうでもいい

    好きだわこの話
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年11月26日 23:27
  3. うん、こういうの好きだなあ
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年11月27日 00:44
  4. まさかの渡辺さんktkr!!!!
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年11月28日 02:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



最近業者のスパムが多いので『://』を禁止にしました。
コメントにURLを載せたい方は『http://』を抜いたアドレスでお願いいたします。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。