ヨソ様の最新記事一覧はこちらでどうぞ(´・ω・`)

なんたらかんたらを見て2ちゃんねるに行きたくなった方はこちらをどうぞ

2008年07月04日

やる夫で史記を学ぶ【范雎伝】 後編2

【司馬遷伝】  【管仲伝】  【驪姫伝】  【重耳伝(前編)】  【重耳伝(後編)】
【范雎伝(前編)】  【范雎伝(中編)】  【范雎伝(後編1)】  【范雎伝(後編2)】 ←いまココ

119 :1:2008/07/03(木) 20:29:59.91 ID:6q6NSpQF0
魏に帰国した須賈は、すぐさま魏王になりゆきを話した。

           /:::::::::|:::::::::::|:::::::::::丶,,::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
          /:::::::::::::: |::ヽ:::::::|:ヽ:::::::::::ヾ,:::::::::::::::::::::
         /::::: |::::::::::::|::::ヽ::::::i \::::::::::::ヽ,,::::::::::::::::
         /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ‖::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ‖::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ‖:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::   魏斉の首を差し出さないと
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/    王都に侵入して貴族皆殺しすると言うのか。
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ


121 :1:2008/07/03(木) 20:31:02.40 ID:6q6NSpQF0
      / ニYニヽ
    / (●)(●)ヽ
   /   ⌒`´⌒\       そうみたいッス。
 /    ,-)   (-、\    俺の家来だった范雎が秦の宰相になってました。
 |      l  __  l |    やつは俺たちに恨みがあるから本気ですぞ。
 \     ` ⌒´   /      
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


122 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 20:31:44.47 ID:HWzAnxapO
でっていう帰国できたのかwwwww

125 :1:2008/07/03(木) 20:32:27.43 ID:6q6NSpQF0
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/   魏斉は我が国の宰相であり、
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′   わが一族だ。
:、l:|ハ     、____    /::i/'′   その条件はのめないな。
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                     
N|`ヽ   ヽ、    , '´      
``'''‐- ..,_   iT"´  


126 :1:2008/07/03(木) 20:33:25.78 ID:6q6NSpQF0
魏斉が声をあげる。

       /\___/ヽ  
 .    /;:''''/ '''' \'''';\ 
..     |::::::(●)  ,、(●)::::::|   王様、その条件をのまないと魏は滅びるぞ。
    /    (__人__)    \
    |      ` ⌒´    .  |
    \     ∩ノ ⊃    /
    (  \ / _ノ   |  |
    .\ “  /___|  |
     . \ / ____ /


128 :1:2008/07/03(木) 20:34:53.05 ID:6q6NSpQF0
               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,   といって、
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',    お前の首を出すわけにはいかない。
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ


132 :1:2008/07/03(木) 20:40:56.84 ID:6q6NSpQF0
    /\__/ヽ  ( ;;;;(
  /;:''''/ '''' \\ ) ;;;;) 
  |::::::(●)  ,、(●)/;;/
 /    (__人__)  l;;/´   俺は趙の平原君のとこに亡命するよ。
 |     ` ⌒´    |   俺がいなけりゃ災いはさけられるからな。
/      ∩ ノ)━・' /         
(  \  / _ノ´ .|  |
.\  " / .__|  |     
  \ / ___ /


140 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 20:46:53.85 ID:HWzAnxapO
平原君って趙の人だったんだ

138 :1:2008/07/03(木) 20:43:50.78 ID:6q6NSpQF0
そのころ秦では、范雎を魏から連れてきた王稽と、友人の鄭安平を范雎自ら王に推挙し
それぞれ昇格させていた。

         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                  
        <       (◎)   〉                 
        \ =======,/            
            /~`ー===ィヽ                    
         /   (●)  (●)ヽ                     
        |  :::⌒(__人_)⌒::|    河東の太守になったぜ。              
          \    `ー´  ,/                   
             >ー‐∠ハゝく                     
          /'≒ソ =。i@r\__∩                
           (  く    。i ト、_{ニ)                  
          ヽノノ'ー─‐┤   ̄                
.            |   /  /                    
               |__/ __/                     
              └一‐一 


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  将軍になったのはいいが・・・出番少なすぎだろ・・・
  |     ` ⌒´ノ   常識的に考えて…
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


141 :1:2008/07/03(木) 20:47:07.88 ID:6q6NSpQF0
       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o     てめぇら俺に恥かかせんなよwwwwww
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |    (⌒)
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ
                  ̄`ー‐---‐‐´


142 :1:2008/07/03(木) 20:47:49.80 ID:6q6NSpQF0
しかし秦には厳しい法がある。
推薦した者が罪を犯した場合、推薦者も同罪になるものである。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    なんかちょっと不安になってきたお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


146 :1:2008/07/03(木) 20:51:03.96 ID:6q6NSpQF0
それから時は流れ・・・

           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/    宰相、魏斉の居場所がわかった。
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//    趙の平原君にかくまわれている。
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ


150 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 20:53:54.20 ID:K1p/Uzpo0
こわい情報網だな

148 :1:2008/07/03(木) 20:52:58.17 ID:6q6NSpQF0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    趙にですかお。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


151 :1:2008/07/03(木) 20:54:30.64 ID:6q6NSpQF0
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\   あの男だけは許せないお!!
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       Σ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


153 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 20:55:20.44 ID:HWzAnxapO
だよな…

154 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 20:56:11.00 ID:QGvXKBY10
便所に…だもんな

155 :1:2008/07/03(木) 20:56:19.05 ID:6q6NSpQF0
      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//   わかってる。
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /   だから、私が手を貸してあげる。
         `ヘ lヽ  """       "" 厶 ./
             ', {.代ト、     ´   , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   王様、ありがとうだお・・・。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


158 :1:2008/07/03(木) 20:58:28.37 ID:6q6NSpQF0
そして昭王は平原君に書簡を送った。

     / ̄⌒⌒ヽ
      | / ̄ ̄ ̄ヽ
      | |   /  \|
    .| |    ´ ` |
     (6    つ /   平原君さま、いったいなんと言って参ったのです?
    .|   / /⌒⌒ヽ
      |    \  ̄ ノ
     |     / ̄


159 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:00:27.21 ID:HWzAnxapO
あなごさん何やってんすかwwwwwww

160 :1:2008/07/03(木) 21:00:57.73 ID:6q6NSpQF0
         r―-<_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
         !::. : : : : :`丶、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       _,.イ'!::::. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    r'"´:::::::/:!::::. : : : : : : : : : : : :ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    |::::::::::::/::::!::::. : : 、: : : :ヽ、: : : : : \: : : \ : : : : i : : : : : : ヽ
    |:::::/:::/::::ハ:::::. : : \: : : : \: : : : : :\: : : ヽ: : : :!: :ハ : : ヽヽ
     |:::/::::f:::,イ ヾ::::.ト、: : \: : : : :\: : : : : :ヽ : : ヽ: : :!:.!:::}: : : :!: !
.   /::/:::::!::f::::! ヾ:::k \: :ヾ丶、: : : ヽ __,.,_: :丶: : :! : !Z_::!: : : ト、ヽ、
   /::::f:::::::!:::!::::! .,,_ヾ:ヽ  \ヽ、_,,.><"ゞ、: : : :ヾ: : !: :ト、ヾ: : i :! `ーヽ
.  /::/!:::::::!:::!:::::ヽ, `Y::{   ヾ´ r',.ィ-zュァ\: : ヾ: :!: :ヒ_ ,〉 /: !    秦に来て話がしたいみたいですとさ。
 //  !:::::::!::ト、::::::ヽf弋ヾ、    ´、ゞ-‐'   ト、 !ヽ! lノ/ ./| /
     !::::ハ::! ヾ::::::::!`¨´ j`          |: :ヾ: : ,.ト' / ,イ.|/
       !:::! ヾ ヾ:::::::!.  /              |: : : : :,イ: :/ fヾr 、
      ヾ|    ヾ:::::ヽ〈.,__           |: : : :/ !::ハ:: :!/   \
            \:::i丶、` __,       |: : :/ /  >、!   /ヽ、
               ヾj   \ ー      ./|: ://  /    /   \
                      丶、.__,,.イ  ,|/'´  /    /     \
                   _,///_>'´   /       /        ヽ、
               _,.ィ'"´ / /Aヽ    /      /          `丶、
             ,.イ   /  /f⌒ヽ  /        /            _,,..,,_ \
            / .!  <    { !  .!/        ./        , -'"´    `丶\


161 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:02:28.03 ID:QGvXKBY10
平原君こいつかw

163 :1:2008/07/03(木) 21:04:21.29 ID:6q6NSpQF0
     / ̄⌒⌒ヽ
      | / ̄ ̄ ̄ヽ
      | |   /  \|
    .| |    ´ ` |
     (6    つ /   行くのですか?
    .|   / /⌒⌒ヽ
      |    \  ̄ ノ
     |     / ̄


  l::::::::::::」::::::::::l:::::::ト.:::|:::::::::::ヾ::l.::\:::::lヾ:::::::| ヾ、:.、
   〉:::::::l::|:::::::::::l:::::|:.ヾ!:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ヽ.\l:.|::、:::|   `
.  ' |:、:::|:::',::::::::::ヾ::|: : `: : : : : : : : ノ: : : l::l.∨
   1 l:;:ヾ、ヾ:::::::::N         _  /::!     行くしかないでしょう。
     リ ヾ:::`ト.、:::|       -=ニ -' ,イ|::|    昭王の腹は読めてます・・・
       ∨リ ヾト、       ´ ./l| `    それに、行かねば戦の口実を与えてしまいますしね。
          /ー 、._ ` ` - 、_   _/
       r、     `  ‐ 、.._ 7ニ´
       /:.:.:`ヽ 、     `7 ト、
     ,<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ 、  /'´: :ヽ‐、.._
     ':.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽヘ: : : : :ヽ:.:.:.:ヽ


164 :1:2008/07/03(木) 21:06:20.69 ID:6q6NSpQF0
こうして秦に向かった平原君。
秦に到着すると昭王は大歓迎し、宴会を開いた。

        , -‐: ¨: ̄: ̄:~`¨:ー‐-. .、
       / : : : : : : : : : : : : : : 、 : : : :\
     /: : : : : : : : : : : :\: \ : \: \: \
    /: : : : : : : : : : : : ヽ :ヽ :ヽ : : ヽ : ヽ:ヾゝ
   /: : : : : : : : : /: !: :| : :| : : L.;,ム: : : }: : ト、|
   |: : : : : : !: : : |: :ム:」∨!: :∧| ヽ: : |: ! :| リ   ようこそ秦へ。歓迎する。
   | : : : : : |: : : :!ノ V  lノ  イチリ>レi: ハノ
   |: : : :ヽ |: : : :|,,イテカ     ゞ:」  |レ:|
  .ノィ: : : :` !: : : !`ゞ:::」     ,    }: /.|
    ヾ!: : : ヽ: : :ヽ       rァ   /:/ リ
      \: : : \: :ヽ        /: :|
       リヽNレゞヽゝー--┬‐_' !ハ|
       ,,==ヘ^ヾヘ \   l ヾヽー-- 、
     /::::::::::::\\\ `く ̄t―-、| | |\
     /::::::::::::::::::::::ヽ ヽ } r'ミ/7) `</:::::|
     |:::::::::::::::::::::::::::| | | ヽ〈 ヾ   }:::::::::\
     {:::::::::::::::::::::::::::! ヾ\ L ___   /\:::::::::|
     ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ \〈:::::::::::ヽ! /^ヘ::ヽ


168 :1:2008/07/03(木) 21:07:56.18 ID:6q6NSpQF0
             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、   ありがとうございます昭王様。
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


169 :1:2008/07/03(木) 21:09:36.07 ID:6q6NSpQF0
 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !    ところで平原君。
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_      周の文王は呂尚を得て太公とし、
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ       斉の桓公は管仲を得て仲父とした。
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´     今の宰相は私にとって叔父同然。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


171 :1:2008/07/03(木) 21:11:28.16 ID:6q6NSpQF0
            ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄く
        / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.      /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
 、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
   ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.    l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
   l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
   l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
    ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′
.      ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
.       j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/
         V: :lヽ、   _     /j/!/    宰相の仇はあなたの家にいる。
          ヽ: ! >   __.. ィ         使いを送ってその首を取ってもらいたい・・・
       rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  ! 
      ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
    /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
    ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│ ポキポキ
    ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
   | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
    ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ


172 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:12:13.30 ID:K1p/Uzpo0
ちょwもはやマフィア

174 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:13:06.18 ID:S6QRBnri0
やっぱり外交の最重要ファクターは軍事力だなww

175 :1:2008/07/03(木) 21:13:27.66 ID:6q6NSpQF0
  l::::::::::::」::::::::::l:::::::ト.:::|:::::::::::ヾ::l.::\:::::lヾ:::::::| ヾ、:.、
   〉:::::::l::|:::::::::::l:::::|:.ヾ!:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ヽ.\l:.|::、:::|   `
.  ' |:、:::|:::',::::::::::ヾ::|: : `: : : : : : : : ノ: : : l::l.∨
   1 l:;:ヾ、ヾ:::::::::N         _  /::!    もし・・・お断りしたら・・・?
     リ ヾ:::`ト.、:::|       -=ニ -' ,イ|::|
       ∨リ ヾト、       ´ ./l| `
          /ー 、._ ` ` - 、_   _/
       r、     `  ‐ 、.._ 7ニ´
       /:.:.:`ヽ 、     `7 ト、
     ,<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ 、  /'´: :ヽ‐、.._
     ':.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽヘ: : : : :ヽ:.:.:.:ヽ


177 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:14:28.45 ID:HWzAnxapO
ゴクリ…

178 :1:2008/07/03(木) 21:15:07.48 ID:6q6NSpQF0
      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄     あなたを帰さない。
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l           
    ノ | ! │   | /_// //  /::::,' ∧ / |  / j   l│               _ ,,, - '''  
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ /::::/∠ニ「厂! / ,/  / リ           _ ,,, - '''   _ ..-
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ::::::〃イ孑代勹 イ } /        _ ,,, - '''   _ ..-:.:.'':.:.:.:.:.:
.        Vハ  |::::: r';;_zj :::::::::::::::::::: r';;zリ::::/ , '//   ,,,,,,,- ''''     _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        ヽ ',  |         、     /  /     |     _ ..-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
         `ヘ lヽ       _      厶 ./      |,,..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             ', {.代ト、          , イ | /       :i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./       .|:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            / ヽj       {`ヽ   ′       |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        _ /  「´       _ _\     _ _ ._|;」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:;;:.:.- '''
    _, -‐ ´     l   ,,<´-i'' 丶\ ∠ー^i `i ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶''
. r<\\       ,r-/ ̄ i  l.  ヾ ̄-−´  l l  |:.:.:.:._:. - ''.
 y⌒ヽ \\     l-=|,,-=ト-==|===|      |,,」,,- ''\
 |     \\   |,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,;ネ ,,,, - '''      ヽ


180 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:16:15.37 ID:HWzAnxapO
こえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!

181 :1:2008/07/03(木) 21:17:12.19 ID:6q6NSpQF0
              ____
             , '´::::::::::::::::::, ' - 、:: ̄ ̄二 - '´
           /_:::::::::::_:::::::::/::,_:::::::::`ヽ`゙ヽ
         , '´~:::::::::::::/`ヽ/:::::::ヽ:::::::::ヽ、::::ヽ.
         /::::::::::::::::::l:::::::::::!,ヘ::::、::::\   ヾヽ',
        l:::::::::::::::::::::l  | l'''''ヘ ヽ   ヽ::::::::ヽ ヽ.
        j::j     _l:::::::l!.|  ヽ_::ト、::ォ'´:::::トヘ
        /イ::::::::::::::ノ }:::::::ハ.!, ''´,_〉、! ゙?:::::::| ヽ.
        ′リ:::::::::::/ .ハ:::::::l ヽ <ゞ' `ヽ、Y、:::l   魏斉はわたしの友人です。
         ヘ::::|// .ム-,..,.j  ` ´    ノヘ:/   そのようなことはできない。
         ノイ.ヽ! ' ' ! ヽ     , ィ'|    それに魏斉はもうわたしの所にはいませんよ。
          |フ入     l    ー'ィ'ヘl
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ノ、 `
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉


182 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:18:30.27 ID:QGvXKBY10
ええええ?

184 :1:2008/07/03(木) 21:19:47.74 ID:6q6NSpQF0
           __, -──- 、
        / /        `ヽ
          / ,'           \
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ    いない?それなら趙王に書簡を出す。
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//
        ` レヽ ! ̄   ' └' //
          `ヘ |>、  ‐   , イ/
            ,∨- ≧ー≦´W
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__
         /::::\ , ――┘、/, ―‐┤
         /::::::::::|  ̄ ̄ ̄ iー 'i    , !、
         /::::::::::::レ┐    |  |   {  l
         〈:::_/::{  ]    |  |  └,ヘ
       /::´::::::::::>ー'    │ !     !::} 
        {::::::::::/::|_____|_|_, ---':ソ
       `ー‐フ:::::::::::::::|/廾、ヽ:::|`ー‐ ´
          /:::::::::::::::::|∨| || V::::|
           l:::::::::::::::::::| ̄| || |:::::::〉
         >┴┴┴'   VV┴ ヘ
       /    ∧   ∧  \


186 :1:2008/07/03(木) 21:22:35.71 ID:6q6NSpQF0
秦王は趙王に書簡を送った。
この時、趙の孝成王は即位したばかりであった。

       __           _
       |:::`ヽ       ,イ::::/    __
       Y⌒ヽ     / |::/   /:::::::::::::`ヽ
        ヽ, -' ̄ ̄`ー' /    /:::::/´⌒ヽ:::::',
        /.{:::}   {:::::} { . .  /:::::/     }::::|    王よ・・・秦からなんと言ってきたのです?
         { } __`__ . ,-、 |     {::::::{     /::::::',
        \ ヽノ  ヽノ.|    ',::::::',    /:::::::::}
         ヽ-,    --'--,   ',:::::',   {::::::::::/
         , -{  ,、  /⌒'、   ',::::::',   ヽ_ノ
 , --、_, -‐''"_, -'、_| |_/ /`ヽ `ヽ、, --,::|
{ ̄ ,、  , --'"   /_  く  {⌒ー'" -,-'::|
`ー'(  /    ,-レ':::::::ヽ/`ヽ_ヽノヽ  ',:::/
   `′    /  |:::::::::::{    ヽ::::::::::ヽ_ノ,'
        ',  l::::::::::ヽ     |::::::::::::/
         ヽ `ー 、::::\   |, --'
          }  |  ̄ ̄`ヽ  ',
         ノ  {       〉 l
      , --'  ,--'      { ,  ',
      'ー{__ノ       /   ヽ
                 ヽ__人__ノ


188 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:23:39.17 ID:HWzAnxapO
吹いたwwwwww

187 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:23:11.90 ID:S6QRBnri0
段々キャラがカオスにwww

189 :1:2008/07/03(木) 21:24:23.32 ID:6q6NSpQF0
   |  |            ノ   /
   ∨ ヘ、_, --―;―- 、/  /
    ヽ //   /    く  /
      / l     i′   ` イ    えらいことになった・・・。
    _,レ┴─‐┴- 、_   ,」    魏斉の首を差し出さなければ、
    //`ー―――一'^ー、´ ヘ    平原君を帰国させず
   //(●)  (●)    L_ヘ    合戦を開くと・・・。
  ,l に  ・   ニ    |   ヘ
 ∠.人(__人__)       ├‐ ''゙´ヘ
    >`⌒ ´       _人___ノ
    〉 /⌒ヽ` ̄二 ̄,ヘ
    /_,ヽ@.ノイ´   / l


190 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:24:54.23 ID:VjwzN3zf0
にゃんwwwwwwwww

192 :1:2008/07/03(木) 21:25:20.20 ID:6q6NSpQF0
                    , -‐'">
                , -‐''"  /´
   <:´:`:ヽ        {   、 /           ,..-'7
     フ:::::)_,..-、     ヽ,  ヽ、    ,,    _,>:::{
     {:::::::::::::::::::}   , -‐'"   _,/   ,/::| ,, /´::::::::::::::::)
     `ー‐、::::::::::ヽ ,|     ,/':`  /:::::∠  }:::::::::,:-‐'
       /:::::::::::::/:.:|     .'`l:.:.:',//:::::::::::::::::::´:::}    合戦ですと!!!!!!
       ',:::::::::::/-{     /`l |:.ヽ|::::::::::::::::::::_:_:_:ノ
     /:::::入_|:r':|ヽ  l .l'、・ノ::|:.、.:|::::::::::、::::::::::`ヽ、_
  ,..-‐::/    ',:./:.',;、'''7ヽ‐'ノ、:.:./::|::ヽ、´ ̄ヽ::::/::::}`ヽ
  l::::::{       ヽ:.:|:.:.Y:.:.:.:'l:.:.:.:.:.〉::/::::::/  /::::|::::::/:::::::}
  !:::::::|      _|:l、:.:|:.:.:.:.:.:.:r'::::/ ̄`<、  |:::ノ ヽく::::::/
 |:::::::::|     /:::::::\::''''-::::-':/::::::::::::`ヽ::`ヽ、   ヽ/
 `'ヽ/    /::/:::::::::::゙ー─'"::::::::::、::::::::::::::::ヽ,--、ゝ
        ̄/::::::_/::::::::,:::::::::::::::::l:::::::::',ヽ、::::::::::::\
       /:::/ /:::::/ |::::::::::::::/ヽ::::::::', `ー-、:::::',
      ∠_ノ   |:::/  l:::::::::::/  \:::',    ゙ー'
            レ'   |:::::::::l     `'
                l::::::l
              .  l:::::l
                ∨


193 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:25:42.35 ID:zin2hvu90
魏斉疫病神すぎる

195 :1:2008/07/03(木) 21:27:07.56 ID:6q6NSpQF0
   __   __
   | r、'ー/´  `ヽ_, ---、
   .l ',::/{ ,-、 __,   r'´://
  . 〉 '  ヽ__ノ    .ヽ//     王さま、秦との合戦は不利です。
 __/r'⌒ヽ    _, --、 〈     ここは、いいなりになるしかないですよ。
.ヽ_ { {:::○} }  /r'::⌒', ', ._|__
  |゙ー‐' __ ヽ○::ノ ノ  _)
 . ',   ヽノ  ゙ー‐'  /
  /`ヽ、        ノ
   ̄ ゙̄ー─-、-く´
          ヽ__ゝ


   |  |            ノ   /
   ∨ ヘ、_, --―;―- 、/  /
    ヽ //   /    く  /
      / l     i′   ` イ
    _,レ┴─‐┴- 、_   ,」    それしかないな・・・よし魏斉の首を刎ねろ。
    //`ー―――一'^ー、´ ヘ
   //(●)  (●)    L_ヘ
  ,l に  ・   ニ    |   ヘ
 ∠.人(__人__)       ├‐ ''゙´ヘ
    >`⌒ ´       _人___ノ
    〉 /⌒ヽ` ̄二 ̄,ヘ


196 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:28:55.36 ID:QGvXKBY10
魏斉カワイソスになってきた

197 :1:2008/07/03(木) 21:29:29.19 ID:6q6NSpQF0
兵がすぐさま平原君の屋敷に向かったが
すでに魏斉は屋敷を抜け出し、魏の信陵君の下に向かっていた。

魏では・・・

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_ 
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''  
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',    なんです?
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',   元宰相の魏斉さんが救いを求めてると?
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l


199 :1:2008/07/03(木) 21:31:19.45 ID:6q6NSpQF0
                 __
           _,,. -< _,.二 `丶、
        ,. '´,. ‐ ニ二>ト、   `ヽ`ヽ、
      /__∠ -‐ァ¬' |ヽ`丶、  \ \
     /´/// / / { { \`ヽ、`ヽ、 ヽ ヽ __,
    /  ,  !.!  / | ヽ\  \ \   ヽ ヽ    はい、秦の昭王は趙の平原君を人質にとり
    ,'/ /| 小、/  |、 ヽ \`丶、  ヽ  | | |!    魏斉の首を求めて参ったそうです。
    .{ ! /ハ.!  / |  { \ \ \  `ヽ ll ノ| リi{    趙にいたら迷惑がかかるため
    ヽ{ |ヽヽ ||   ヽヽ ゝ ヽ ヽ丶 ヽ  | | }    楚に亡命すると言ってます。
   ー-久 |\{{ ヽ ヽ \\ ヽ | | | ! || | /
    ノ{ r┐ |ト、l、 ヽ.- ゝ r:テフ} } }  ノ l/ /
      / /ハ ト'ゝ`ヽ\.  ̄´ ノノノ_ イ/ // {
    .//´}ヽヘヽ   }        /ノイ ト ゝ
r‐-、f⌒!{ {ヽゝヽ   ヽ ‐       / | || ||ゝ
. l  l.  l |  ``\  {ニ=‐   , '  |リ ^
!r }. |  |. | ,. -─`ヽ、   /     !`丶、
ヽ{ _|{_.ノ  |       { `ー'´       !   ヽ
. └/   /─ 、   /|       / ヽ|


201 :1:2008/07/03(木) 21:33:18.49 ID:6q6NSpQF0
                               、_、
                        `"ーニー- 、,_ ゛`=、
                        _,,,,-‐=二`:::::::`::‐、ミヽ
                    _,、-‐"´ ̄.::::::::_,::::::::::=、:::::::::::ヽ
                  ,/´,:-ー ..::::::::::  ̄::::::::::::::::::ミ:::::::,:: !、_
                 ,,=‐':´::::::::,:::::,::::::::::,:::∠´:: ..:::::::::::::ハ:::::::::`=、
               -"´/::/:/::::´::〃..:::: ..::::::::::::::ノ:::!::i:ヾ::::::::i,`、
                ,i':::彡:::,::::::/:::/.::: .,::::::::::::://:::::::::::::::i:::::リ::',
              ン:::::::::/::::::/:::::: ..:::::::::::::::::::::::::ン'"/::::::::::: /:::::: :::i,
            __,.='''゙´,/::::::::::l/::::::::::::./::::::::/-//'/:::::ノ:: ∧:::::: l::i
               /' /::::::: .::::::: .ィ::::::::::ン''! (;;;)i,丶:::./;ノ./、'i::::::l:::|
              / ,/:::: /:::::::/::::::/:/ `'‐-=  /,.:シi.(;)i|:::::ノ::i    楚に亡命させるのは簡単です。
               ,/::/i::/:::::::〃::::::!:::∧|        '::: ヽ =ノl::::l:h::l    しかし秦に露見したら・・・
             /'´,!/::::://:::::::::i::::,'リ       :::: ' ノ  i:::::!! l:|
             '  /::::/:::/:::::::::::::l::l             ,i::::|  !
                    / /::::::ハ::::h::::::::i゙l,      ‐=二7   /、::l' ´
              '",::::サ:::::::::::::リ,l:::ii::l ! ヽ、    '‐-   ,イ' '/
                 ,/: /::::/" 'i:l'l:::::!  :::::'i:、,     /!::i  !
          _,、=ー ,、''"´    !i ヾ:!   :::::::`'::、、,,,/  i!  '
       _,、=ニ、    ヽ\     ヾ丶    ::/!::/     '


203 :1:2008/07/03(木) 21:35:42.35 ID:6q6NSpQF0
                 __
           _,,. -< _,.二 `丶、
        ,. '´,. ‐ ニ二>ト、   `ヽ`ヽ、
      /__∠ -‐ァ¬' |ヽ`丶、  \ \
     /´/// / / { { \`ヽ、`ヽ、 ヽ ヽ __,
    /  ,  !.!  / | ヽ\  \ \   ヽ ヽ
    ,'/ /| 小、/  |、 ヽ \`丶、  ヽ  | | |!    秦は魏を攻めたがってます。
    .{ ! /ハ.!  / |  { \ \ \  `ヽ ll ノ| リi{    露見すれば
    ヽ{ |ヽヽ ||   ヽヽ ゝ ヽ ヽ丶 ヽ  | | }     侵攻の良い口実になってしまいますね。
   ー-久 |\{{ ヽ ヽ \\ ヽ | | | ! || | /
    ノ{ r┐ |ト、l、 ヽ.- ゝ r:テフ} } }  ノ l/ /
      / /ハ ト'ゝ`ヽ\.  ̄´ ノノノ_ イ/ // {
    .//´}ヽヘヽ   }        /ノイ ト ゝ
r‐-、f⌒!{ {ヽゝヽ   ヽ ‐       / | || ||ゝ
. l  l.  l |  ``\  {ニ=‐   , '  |リ ^
!r }. |  |. | ,. -─`ヽ、   /     !`丶、
ヽ{ _|{_.ノ  |       { `ー'´       !   ヽ
. └/   /─ 、   /|       / ヽ|


206 :1:2008/07/03(木) 21:39:05.27 ID:6q6NSpQF0
信陵君はしばらく考える。

              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\    (魏斉は母が違うが我が一族・・・
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`    趙の平原君は私の姉の夫・・・
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー     どうすれば・・・)
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}
  |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
  | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ i
  |  |         ヽ`i | `「|'′  /  へ        |  i/ ! ! ヽ\!
  ヽ  l          ヽ !. l.  |:|  ./  ヽ  ヽ     |   ! | |   ヽ !
             | |  |:| _ム rへ     ヽ   | |  !| | |   /!.!|
             | |  |:| {っ iニYニv‐、\ ヽ  |/ / | | |、 // |
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ー'^'''^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


207 :1:2008/07/03(木) 21:41:36.67 ID:6q6NSpQF0
                 __
           _,,. -< _,.二 `丶、
        ,. '´,. ‐ ニ二>ト、   `ヽ`ヽ、
      /__∠ -‐ァ¬' |ヽ`丶、  \ \
     /´/// / / { { \`ヽ、`ヽ、 ヽ ヽ __,
    /  ,  !.!  / | ヽ\  \ \   ヽ ヽ      どうしますか?
    ,'/ /| 小、/  |、 ヽ \`丶、  ヽ  | | |!
    .{ ! /ハ.!  / |  { \ \ \  `ヽ ll ノ| リi{
    ヽ{ |ヽヽ ||   ヽヽ ゝ ヽ ヽ丶 ヽ  | | }
   ー-久 |\{{ ヽ ヽ \\ ヽ | | | ! || | /
    ノ{ r┐ |ト、l、 ヽ.- ゝ r:テフ} } }  ノ l/ /
      / /ハ ト'ゝ`ヽ\.  ̄´ ノノノ_ イ/ // {
    .//´}ヽヘヽ   }        /ノイ ト ゝ
r‐-、f⌒!{ {ヽゝヽ   ヽ ‐       / | || ||ゝ
. l  l.  l |  ``\  {ニ=‐   , '  |リ ^
!r }. |  |. | ,. -─`ヽ、   /     !`丶、
ヽ{ _|{_.ノ  |       { `ー'´       !   ヽ
. └/   /─ 、   /|       / ヽ|


209 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:42:53.54 ID:HWzAnxapO
どうするんだ…

210 :1:2008/07/03(木) 21:43:05.12 ID:6q6NSpQF0
             ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、、:::::::::
            i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
          i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
             !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ:::::::::::::: 
.           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::   ・・・助けましょう。
             i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::
            !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::
                /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::
             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
         ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
         f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
         ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
   ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/
   /   iヽ `'ヾー "{ノ ノ    `  ヽ.         |.  ヾ、:/


211 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:44:24.92 ID:QGvXKBY10
おお

212 :1:2008/07/03(木) 21:45:00.85 ID:6q6NSpQF0
しかし、魏斉は信陵君がなかなか出てこないため、思いつめてしまい自害したのである。
仕方なくその首は秦に届けられた。

         ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||    宰相、この首が
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ       あなたを辱めた人で間違いない?
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ


213 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:45:59.06 ID:K1p/Uzpo0
自害か。最後追い込まれまくったな

215 :1:2008/07/03(木) 21:46:33.34 ID:6q6NSpQF0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  はい・・・この顔わすれたことないお・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


216 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:47:50.92 ID:HWzAnxapO
よかったなやる夫…

217 :1:2008/07/03(木) 21:48:57.31 ID:6q6NSpQF0
         , ‐'´            `ヽ、
        _/   /    /         \
     ー=ァ'´/ /.., ´  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ
     /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,′   ..:ハ::..  :::::::::
     〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l
      /' ,′.:::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:.  ::::|::::::::::::::.....|   
     | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|
     l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l
     ∨N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八
         l :::::lヽゝー'       rf;;j /リ::,' :::/:/l:!    胸のうち・・・晴れた?
        ハ::::::l ///    '    ''‐ ' /:::/:::/}/. リ   
        _,∧ .::ト、     _    ///:::/:::/ノ      
         ,∧:ヽ \        ィ':/;イ(: 、
            \l/}iヽ、 _,, <〃::/ "


        ___
      /      \
   /          \   はいですお。これで恥もそそげましたお。
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /


218 :1:2008/07/03(木) 21:51:15.39 ID:6q6NSpQF0
首が届いたため、平原君は帰国を許された。
范雎は昭王を天下人にするため次々と手を打っていく。
まず、韓を南北に分断し、そして戦国時代最大の合戦といわれる
秦と趙の『長平の合戦』がはじまる(詳しくは違う列伝で紹介します)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : ...: : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::: : : : : : : : : : : : ...: : : : : .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::: : :  : : : .: : : : : : :: : : ::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: : : ::::::::: : : : : : : : :  : : :    :   : : : : : :::::: : : ::: : ::::::::::::::::
;;;;;;;::;;;::::::::::::::::::::: : :__、::::::: : : :     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    : :  : : : ::::::::::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
::. : : .: .: ...: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :,_,,,,、: : : : : : : : : :::::::::::::::::、-'く`、
i、、、::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:,_.、,、、:::::,、./'"``:`ヽ‐-、...、::::::::::::、、-‐´.、.,i、、
、:::`丶-、,、: : : : : : : :::: : ::::::::::.:、、、"゙"`;:::、`、、::、`:::`ヽ`.、:,.、`:`、'∴::.、-、、``'l゙;
、::;、:::::::;.:、`、:::: ::::::::: :::_.._:‐':`;;;;`丶;、:、…`:.,ヽ‐`ヽ.,::,:.ヽ"'''.…"`゙、`:゙丶:
、:、、:、::`、ヽ.`ー-.、,._:、、''゙"、`.`丶ヽ:.:`":、`;、;;、;``ヽ、r,!":、::``ヽ`'``…`;:;`、.,、:;;;:
::冫、、``:;;..`:ヽ、:`;`.、,.ヽ、‥:::``:::::;`;;;`;;``;丶`;丶`、;.,`,、゙、``;`;;;;;;:::.:、;;``;:
::::,.'.`、丶.:.゙ン```/:、゙"-`: : : 、,''、、.:..;;.、、、;.:‐:、,;、.:、.丶:":`;;;'."、;;;;.‐..、、‐:.、;;;;;;;;
;;;'゙ヽ:``';':`_,、``:"'!,ヘ::::`、:;;;`'、`ヽ.`'、;``゙、,:'/゙゙`;;```;`;';;、丶`ヽ`";`;:::`;;;:;;:;;;;:
;:::```、;.;``;'";;;;;;;;;;;'":、:.'`:,、:`:`.'冫'``:`'.、/,!":":`、、、-、.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;:::::::;;:
;;::::;:丶;:,;'ヽ丶::;;;;丶.;'.、丶:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;`;;`;`;`;;;`;;;`;;;;`´```;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
: : : : : : : : : : : : : : ```: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


220 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:52:49.22 ID:HWzAnxapO
長平の合戦って、白起が活躍した戦だよな

222 :1:2008/07/03(木) 21:54:04.42 ID:6q6NSpQF0
その後昭王は、鄭安平に趙の首都を攻めるよう命じました。
鄭安平は二万の兵を引き連れましたが、趙軍に包囲され降伏。
さらに河東の太守、王稽が諸侯と内通していることがわかり処刑されました。

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ
      / ,イ  / /  /  /::レ'::/::::|/|::|    \__,.<      |     ',


224 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:55:05.89 ID:HWzAnxapO
白起カットかwww

226 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 21:57:21.53 ID:HWzAnxapO
やらない夫内通すんなよwww

225 :1:2008/07/03(木) 21:55:44.34 ID:6q6NSpQF0
范雎は秦の法にのっとり、自分に処罰をするよう王に言いましたが
王はこれをとがめませんでした。
その間に秦は西周を滅ぼしました。(周王朝滅亡[前256年])
しかし、范雎の気持ちは晴れません。
そんな時、蔡沢(さいたく)という説客が秦にやってきました。

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ
      / ,イ  / /  /  /::レ'::/::::|/|::|    \__,.<      |     ',


227 :1:2008/07/03(木) 21:57:57.05 ID:6q6NSpQF0
そして、范雎と対面した。

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  先生、俺は5帝3代の歴史、百家の学問すべて知ってるお。
  |    mj |ー'´      |  その偉大な俺に何を教えてくれるのかな?
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  人間の・・・運命・・・吉と凶だ。
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


229 :1:2008/07/03(木) 21:59:42.96 ID:6q6NSpQF0
            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   宰相さまは秦にきて一気に出世街道を駆けあげた。
          |     (__人__)    まさに「青雲直上」の人だ。
             |     ` ⌒´ノ    しかし「物事を極めれば次は衰えるだけ」と言う。
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


231 :1:2008/07/03(木) 22:01:40.54 ID:6q6NSpQF0
        / ̄ ̄\      その昔、楚に呉起という人物がいて、国のため多いに働き強くした。
      /       \    だがその時の王が亡くなった後、不満のたまった臣が呉起をねらう。
      |::::::        |   呉起の運命は絶望的だ。
     . |:::::::::::     |   呉起は王の死体にかぶさり、針鼠のようになって死んでいった・・・。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


230 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:00:53.96 ID:HWzAnxapO
ふむ…

234 :1:2008/07/03(木) 22:02:59.75 ID:6q6NSpQF0
            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)    今、宰相は昭王から厚い寵愛をうけている。
             |     ` ⌒´ノ    まさに生前の呉起と同じだ。
              |         }    もし、王がなくなっても今のままでいられると思うか?
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


236 :1:2008/07/03(木) 22:04:13.31 ID:6q6NSpQF0
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |      俺が言いたいこと・・・わかったよな・・・
     . |:::::::::::     |     常識的に考えて・・・
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


238 :1:2008/07/03(木) 22:05:29.23 ID:6q6NSpQF0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\    な〜る。身を引けってことかお。
/    (●)  (●) \  それもいいお。余生をのんびりと暮らしたいし。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


239 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:06:19.02 ID:QGvXKBY10
ものわかりのいいやる夫だなあ

240 :1:2008/07/03(木) 22:08:02.21 ID:6q6NSpQF0
こうして范雎は宰相の座を退いた。
後任は蔡沢に任せ、自分はのんびりと余生を満喫した。
知恵者らしい身の処し方である。
この後すぐ、始皇帝で有名な秦王朝が誕生するのであった。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━-┓
┃ ┌────────────────────────ーーー┐ ┃
┃ │            / ̄ ̄\                      │ ┃
┃ │          /  ヽ_  .\                    │ ┃
┃ │          ( ●)( ●)  |     ____            │ ┃
┃ │          (__人__)      |     /      \          .| ┃
┃ │          l` ⌒´    |  / ─    ─   \       │ ┃
┃ │         . {         |/  (●)  ( ●)  \      .| ┃
┃ │           {       / |      (__人__)      |     │ ┃
┃ │      ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/__      .| ┃
┃ │     / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ、   │ ┃
┃ │    /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト、 . │ ┃
┃ │       _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) ).│ ┃
┃ │       >_,フ      /               }二 コ\  Li‐' .| ┃
┃ │    __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |   . | ┃
┃ │                l                   i   ヽl   . | ┃
┃ └ーーー────────────────────────┘ ┃
┗-━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            ○年△月×日 辞職・就任記念


241 :1:2008/07/03(木) 22:10:17.60 ID:6q6NSpQF0
以上で【范雎伝】は終了です。

たくさんの支援レス及び、ご観覧ありがとうございます。

次回からはまた違う人物の列伝に入ります。

よかったらまた見てくださいです。

243 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:11:21.50 ID:K1p/Uzpo0
最後はよかったんだな。前半が壮絶だったけど
>>1乙でした

245 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:12:58.51 ID:S6QRBnri0
>>241
面白かった。こいつのおかげで秦の基盤が整えられたって感じで理解したらいいのかな?
今度までに纏めサイト読んどく。

247 :1:2008/07/03(木) 22:15:43.99 ID:6q6NSpQF0
>>245
その通りです。
「遠交近攻」は秦の基本戦略になりましたし。

ただし、法の基盤は商鞅が作くりました。

252 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:21:16.63 ID:S6QRBnri0
>>247
そっかー、このおかげで秦が統一できたのかw
商鞅って人の話もやってくれるの?
法整備とか外交理論とか、昔の中国の文化は立派だねー。

なんかギリシャローマで中世暗黒時代になったヨーロッパみたいに、
立派な文明→現在中世真っ最中って感じだなー。

254 :1:2008/07/03(木) 22:23:21.37 ID:6q6NSpQF0
>>252

商鞅もやるつもりですので

よかったら見てやってくださいorz

244 :1:2008/07/03(木) 22:12:41.39 ID:6q6NSpQF0
最後に、戦国時代の地図を載せますので

国の場所がわからない時ご覧下さい。

20080704a244.jpg

246 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:15:28.53 ID:5sL+6kE80
乙!
>>244の地図は范雎が宰相になるより少し前の地図だね

248 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:15:51.56 ID:LOlGjIpg0
おお。お疲れ!!>>1

今回も勉強になったぜ・・・!
しかし、紀元前から手に汗握る外交・戦争をし続け、
それが詳細な書物に残されてる中国ってすげーな・・

それにひきかえ日本は、貴族の恋歌やら腐女子の小説やら春画やら・・・・・

249 :1:2008/07/03(木) 22:17:49.66 ID:6q6NSpQF0
>>248
中国の古代歴史は素敵で刺激があるので興味深いです。

日本は戦国時代が一番好きですね。

251 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:19:36.16 ID:5sL+6kE80
次は誰の列伝をやるつもり?

253 :1:2008/07/03(木) 22:21:53.32 ID:6q6NSpQF0
>>251
それは秘密です・・・

もう製作に入っていますが見たときのお楽しみということで。

255 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:23:47.76 ID:5sL+6kE80
>>253
藺相如あたりと予想してwtkして待ってます!

256 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:25:36.91 ID:S6QRBnri0
>>254
楽しみにしてるよ。
ちなみに始皇帝の時代にも法家で有名な人いなかったっけ?
はめられて、投獄されて殺されたような気がするんだけど。

257 :1:2008/07/03(木) 22:27:46.94 ID:6q6NSpQF0
>>256
それはおそらく韓非ですね。
韓非は自殺ですね

258 :VIPがお送りします:2008/07/03(木) 22:31:01.32 ID:S6QRBnri0
>>257
あー、この人だ!!
韓非子って方で聞いたような気もするけど。
有難う。>>1はこの時代の研究してる人?

259 :1:2008/07/03(木) 22:32:58.07 ID:6q6NSpQF0
>>258
いえ、中国古代歴史が大好きな歴史オタクです・・・

でも、今の中国はあまりす(ry
ん?誰かきたみたいだ



posted by キティ at 12:02 | このエントリーを含むはてなブックマーク | Comment(13) | TrackBack(0) | (´・∀・`) ヘー
(「・ω・)「 お世話になってるヨソ様ー
海の幸 (VIP)
山の幸 (etc)


この記事へのコメント
  1. おもしろかったwww
    次回も期待www
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月04日 13:19
  2. 1とまとめのおかげで史記読んだ
    ・・・おかげで今は立派な春秋戦国好きになりました
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月04日 13:28
  3. 逃亡したんじゃなかったのか
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月04日 16:05
  4. お疲れちゃーん
    ちなみに地図の秦から韓にある函谷関は、箱根八里にも歌われてる天下の関所でした。食客三千の孟賞君の「鶏鳴狗盗」の舞台は、この函谷関。


    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月04日 18:25
  5. 面白かった。乙!
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月04日 22:53
  6. 次あたり韓非だとうれしいかも
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月05日 00:19
  7. 春秋戦国をやる夫でやってる人居たんだな
    春秋戦国といえば宮城谷昌光だと思うんだが>>1さんは読んでいるのかなぁ
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月05日 01:41
  8. 最後の>>1吹いたwww
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月05日 14:20
  9. やっぱり弱い者いじめはしちゃ駄目だな。
    魏斉みたいに仕返しされる可能性は常にある。
    須賀は宴席で箸とテーブルをもらえず、
    衆人環視の中で犬食いさせられたんだったか。
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月05日 15:34
  10. 商鞅か……半ば自業自得とはいえ、最後が悲惨なんだよなぁ、あいつ……
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月07日 01:49
  11. 横光史記持ってて全部知ってるけど面白かった。
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月08日 10:17
  12. 孫子伝更新されてないな
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月10日 14:12
  13. 白起でなく范雎を選ぶあたり、うp主とは良い酒が呑めそうだ
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年08月26日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



最近業者のスパムが多いので『://』を禁止にしました。
コメントにURLを載せたい方は『http://』を抜いたアドレスでお願いいたします。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。