ヨソ様の最新記事一覧はこちらでどうぞ(´・ω・`)

なんたらかんたらを見て2ちゃんねるに行きたくなった方はこちらをどうぞ

2008年07月04日

やる夫で史記を学ぶ【范雎伝】 中編

http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1214825232/

【司馬遷伝】  【管仲伝】  【驪姫伝】  【重耳伝(前編)】  【重耳伝(後編)】
【范雎伝(前編)】  【范雎伝(中編)】 ←いまココ 【范雎伝(後編1)】  【范雎伝(後編2)】

1 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:27:12.80 ID:YdNSUeIU0
お久しぶりです。

おそらく私を覚えてる方は居ないでしょう・・・

そのため、初めて読む方はしたのまとめブログをお読みください。

お願いします。

なんたらかんたら様

【范雎伝(前編)】
http://nantara.seesaa.net/article/78321789.html

3 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:29:22.86 ID:pEkMIL9b0
ほい、お久しぶり

今回も期待

2 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:28:07.97 ID:YdNSUeIU0
【范雎、秦の宰相へ】

王稽に高い評価をもたれた范雎は、無事に秦の都に到着する。
王稽は秦の王「昭王」に帰国の挨拶をするため王宮に入る。

      / ̄ ̄ ̄ \
    /  ⌒  ⌒  \
/⌒)./u.(●)  (●) ヽ
| リ´ |::*⌒(__人__)⌒*:: | 王稽、役目を果たし帰国したぞ。
|.|  \  `ー´   /
|.|   /ソ/W\ヾヽ\          
|:|  ///WWWW,ヾヾヾ


4 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:31:25.75 ID:YdNSUeIU0

               _. -−- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′    ご苦労さま。
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |


5 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:32:01.57 ID:YdNSUeIU0
そして魏の国から連れてきた范雎の話を切り出した。

         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                  
        <       (◎)   〉                 
        \ =======,/            
            /~`ー===ィヽ                    
         /   (●)  (●)ヽ                     
        |  :::⌒(__人_)⌒::|    王様。魏国で張禄と言う男に会いました。
          \    `ー´  ,/        この男、見た目はゲスですが、頭はいいかと・・・           
             >ー‐∠ハゝく         一度、会ってみては?            
          /'≒ソ =。i@r\__∩                
           (  く    。i ト、_{ニ)                  
          ヽノノ'ー─‐┤   ̄                
.            |   /  /                    
               |__/ __/                     
              └一‐一 


6 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:34:33.54 ID:YdNSUeIU0
しかし、昭王はあまり快く思っていなかった。

:,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/
ヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/
ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /   弁舌の徒は目立ちたくて大きなことを言う。
:ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /      しかたない、あなたの顔を立て会ってあげる。
::::::,-一 ` 、       _, < |イ::::: /  '
:::/;;;;;;;;;;;ノ.  ` ‐r-‐<    'l::: /
`|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;-、_;-´;;;;;;`i´  .',/
 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;へ;;};;;;;;`i;;;;;;;;;;;;;}\


7 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:35:21.26 ID:YdNSUeIU0
だが昭王は王稽を信用せず、最下級の宿舎を提供しただけであった。

. 0ニニニニニニニニニニニニニニニ)      
.   L| |_____|____| |       
    l | |.__/,,/  ̄ ̄ \ ,: 
 ,  l \ヽ/,//::       \      最下級って鉄板の上かよ・・・
 :, ____l_| |/⌒":::..        |⌒ヽ ;
  |\゙;三/  /、:::::...       /ヽ \ ;'    
  |\\( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒  ),;'  ;'
  |、 \\`ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー" ;    
  0ト、\\\;'三三;'三三三;''三三,;'\
    \\\| 炎炎炎炎炎炎炎炎炎 |      
      \\| 二I二二I二二I二二I二 |
       \LI二二I二二I二二I二二」
        0」            0」


9 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:37:46.61 ID:YdNSUeIU0
こうして1年が経過する。

     /⌒ヽ |l|l|l|l|l|l  //
   / _  ヾ|l|l|l|l|l|l / /
∠二_/ _\ ヾl|l|l|l|/ /__
     \二  _ノ  ヽ、_  二/           
 ミ ミ ミ .彡 ゚((●)) ((●))゚oミミ     ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒彡::::⌒(__▼__)⌒:::ミミ    /⌒)⌒)⌒)
| / / / 彡   |r┬-|   ミミミ (⌒)/ / / //     
| :::::::::::(⌒)    | |  |    /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ    ∧ |  /|   \  /  )  /
ヽ    /     `ー─‐'     .ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


10 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:38:35.05 ID:YdNSUeIU0
ある日范雎は王稽の屋敷を訪れる。

          ____
        /⌒  ⌒\  
      / (●) (●)\    もう1年たったお。早く王様とやらに会わせろよ。
     /    (__人__)   \   俺はソーローなんだお。そろそろ限界なんだお。
     |       `ー'     |
     \             /
     /            \
   /              \
   (   丶- 、    、-丶    )
    `ー、_ノ      l、 _、ー` 


12 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:42:53.66 ID:YdNSUeIU0

            ___
          /ノ^,  ^ヽ\
         / (・))  (・)) ヽ   あwwわりぃwww王様忘れてっかもwwwww
        / ⌒(__人__)⌒::: l 
   ⊂ ̄ヽ_|   |r┬-|    |
    <_ノ_ \   `ー'´    /
        ヽ  ̄V ̄ ̄ ⌒,
        /____,、ノ /
        /    (__/
       (  (   (
        ヽ__,\_,ヽ
        (_/(_/


13 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:43:23.49 ID:YdNSUeIU0
                ____
              /      \
            / ─    ─ \
           /   (●)  (●)  \    約束がちげぇじゃねーか。
           |      (__人__)    |   もういい。死にたくねーなら、俺の書いた書簡を届けろ。
           \     ` ⌒´     / (   
|( ● )| i\     _,,ノ|、  ̄/// / \     /i |( ● )|
\_ノ ^i | _,,..r''''" ノ | \`', /  /  / ̄`''ー | i^ ゝ_ノ
 |_|,-''iつl/´    ヽノ| /\   / 、│     l⊂i''-,|_|
  [__|_|/〉ヽ、  / |/ );;;;/\/   'く    /〈\|_|__]
   [ニニ〉  ',  ヽ. | /⌒| /   ゚/    / 〈二二]


14 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:47:26.55 ID:YdNSUeIU0
翌日。王稽は昭王と面会し、書簡を提示する。


      / ̄ ̄ ̄ \
    /  ⌒  ⌒  \
/⌒)./u.(●)  (●) ヽ
| リ´ |::*⌒(__人__)⌒*:: | 王様。范雎から書簡を預かってきました。
|.|  \  `ー´   /
|.|   /ソ/W\ヾヽ\          捨てますか?
|:|  ///WWWW,ヾヾヾ


15 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:48:12.69 ID:YdNSUeIU0
.        /     .: / .:.:.:.:.: /.:.:.:. ;イ.:.:.: j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::\.:.:.:.:.:.:.:.:\ .:.:.|.:.:.:.:.:.  |.:.:.:.:.:.:ヽ
       / /  .:.:/ .:.:.:.:.:.:.:l.:.:.: / .|.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l\.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|.:.:.:.:.:.  |!.:.:.:.:.:.:.:\
       ,′ l  .:.:.l  :.:.:.:.:.:.: j:.:. /  |:.:. | ヽ .:l\.:.:.:.:.:.:.|  \.:.:.:.:.:.:.',:!.:.:.:.:.:.   |:l:.:.:.:.:.:. ト ヽ、
        l :/|   :.:.:|  :.:.:.:.:. /|:.:/   !:.: |.  ヽ:{  \.:.:.:.:|    \ .:.:.:.l|.:.:.:.:.:  i |.:.l:.:.:.:.:.:.| `ーゝ
        | / !   :.| l::.:.:.:.:.l V    l:.:.l    \   >┼ ── \‐:.! .:.:.:.:. i |.:.:.l.:.:.:.:.:|
        レ'  l   l l:.:.:.´丁 j ̄ ̄ `ヽ{     \´  >l _ -==r 、│.:.:.:.:. i |.:.:.:|:.∧:.l
           l   |ハ ヽ .:.:.:|〃チ不テミ、ヽ       ァ彳゚ア千.ハヾ}! :.:.:.:. i |ヽ:.:|/ V
           ヽ  .|i.: ヽ\:.:lヾハ_j::::::::ハ           | _j:::::::::} j " |.:.:.:.:.: i | }j:|
           \∧:.:l \ヽl  う、:::イi|          'う、:::::イ./  j :.:.:.:.: / レ':/リ
            ヽヽ|:.:.:. \l. _ヽ辷_リ           ゞ 辷='  l.:.:.:.:. / ∧/    ・・・・せっかくだから見る
            /::/ l:.:.:.:.: 小          ,           ,'.:.:.:.:./ / 
              /::/  l:.:.:.:.:.:.lハ                       /.:.:.:.,イ ∧
        _, -、 /::/__,ム:.:.:.:.:.l::.:lゝ       −        , イ.:.:.:./ j/  }
ー-、厂 ̄了::::/:: ̄::::::::::::∧ :.:.:.:l:.:|  丶、             / /.:.:. /∨   l
  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ :.:.:l.:| ヘ {{> _        イ  ./:. /  }    |
  {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:l:| ヘヽ|l  /:`irー-r<.     /:/   /   |
  ll::::::::: /' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \八   |l  /:/ /  〉    /    /     |
- ヾ}:::::: j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:> |l // ノ   /            /       |
ー‐‐ヘ_/ー<:::::::::_二>─-、::::::::::::: {  |l //          , -‐'´        |
       /::/  ̄      `ー‐一ヘ__jレ∧  \   ,,-‐'´             |


17 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:50:33.54 ID:YdNSUeIU0
書簡の内容はこうだ。


「名君は功あるものにに賞を、能ある者には官を与え、労苦の多い者には禄を厚くし、
 功績の多い者には爵位を与えます。
 わたくしは王様のお役にたてると、いささか自信を持って秦に参りました。
 ですが未だにお目通りを許されませぬ。
 私がいやしい民ゆえでございますか?
 それとも推挙した王稽どのが信用に値しない人物だからでしょうか。
 お暇な時に一度わたくしの意見をお聞き下さいませ。
 それが良いと思われるなら採用なされ、悪いと思うならお捨て下さいませ。
 そのためには首を刎ねられても後悔はいたしませぬ。
 

                      PS:鉄板熱いです。

20 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:02:14.85 ID:/hrppkYc0
P.S吹いたwww

18 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:53:36.30 ID:YdNSUeIU0
この書簡を見た昭王は、ついに范雎と面会をすることを決意。

               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                    `ヘ:ゝ    .'    小/      最後のPSは余計だけど・・・会ってみる。
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
              /  | l:l   l     l   l::l l
               l  ヽハ    l    l  //  |
            ハ  ヾヽ  l   l  // l l
               | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|
             ノ  \|  `ト,\V/|   │ 、|
            {/ ̄>‐ァ、  j__≧i≦ !,ィ彡三>ヽ
           j  /{ `ヘ三三三ミ=彡<_/  }
           {   >ー‐'"ト-- (^ー'⌒ 〉 __ノ
           `ー‐イ      | { { {T'┬='ーく |
                | |    ∨  〉〉〈( j    }|
                K_/x'⌒{\'-' ‐}>└r‐xヘ}|


19 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 20:58:18.32 ID:YdNSUeIU0

         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                  
        <       (◎)   〉                 
        \ =======,/            
            /~`ー===ィヽ                    
         /   (●)  (●)ヽ                     
        |  :::⌒(__人_)⌒::|    ありがとうございます王様。              
          \    `ー´  ,/                   
             >ー‐∠ハゝく                     
          /'≒ソ =。i@r\__∩                
           (  く    。i ト、_{ニ)                  
          ヽノノ'ー─‐┤   ̄                
.            |   /  /                    
               |__/ __/                     
              └一‐一  


21 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:02:18.92 ID:YdNSUeIU0
:,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/
ヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/    だけど、会うのは離宮で。
ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /     重臣を差し置いて他国の人と
:ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /         会うとやっかいだから。
::::::,-一 ` 、       _, < |イ::::: /  '
:::/;;;;;;;;;;;ノ.  ` ‐r-‐<    'l::: /
`|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;-、_;-´;;;;;;`i´  .',/
 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;へ;;};;;;;;`i;;;;;;;;;;;;;}\


23 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:04:18.47 ID:YdNSUeIU0
こうして范雎はやっと謁見が許され離宮にむかう。

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\      やっと許しがでたお。
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \    まったく1年またせるなんてどんだけSなんだお。
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |  (u)  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


24 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:07:40.21 ID:YdNSUeIU0
だが、范雎はわざと通路を間違えたふりをして大奥に入り込む。

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)     頭きたから、大奥で一発ヤッテから行くおwwww
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


25 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:11:30.28 ID:YdNSUeIU0
しかし、すかさず周りの者に気づかれる。

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |    おいおい、いいのかい
      | │                   〈   !      ホイホイ入ってきちゃって。
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ    ここがどこだかわかるかい?
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


26 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:12:36.46 ID:YdNSUeIU0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\      お?ここは大お(ry
/    (●)  (●) \    離宮じゃないのかお?
|       (__人__)    |   (あの顔はヤバイだろ・・・色んな意味で・・・)
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


27 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:15:10.15 ID:YdNSUeIU0

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ     ははは、面白いねぇ・・・気に入っちゃたよ。
             ト.i   ,__''_  !     だけどここは離宮じゃなくて大奥だよ。
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


28 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:16:02.81 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\     そうですか。どこかで間違えたみたです。じゃ!
 /    (●) (●) \        (知ってるよ)
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


29 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:20:14.57 ID:YdNSUeIU0
その様子を見ていた昭王が声をかける。

               _. -−- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′   なんの騒ぎ?
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |
.       /    '、  ! /    .イ           ,!
      |       \l/ ィ´ ./        /
      |    / 〉t'^ヽ! ./           ,′
.      ,|   /  ,//|.  ∨          ,′
     /   \ノ/ !l /        /
.    /     / /  |.l/        /.|


30 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:20:52.23 ID:YdNSUeIU0
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }   王様だ。頭が高い、頭を下げろ。
    |! ,,_      {'  }  
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、   
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \   
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |
    l !        |       l  / |


32 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:24:49.99 ID:YdNSUeIU0
この時、范雎はとんでもないことを口に出す。

         ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ  秦に王なんていねーおwwwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   太后と穣公がいるだけだおwwwww
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //   バ
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      ン
|     ノ     | |  |   \  /  )  /    バ
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     ン
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


33 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:25:41.40 ID:YdNSUeIU0
その言葉に昭王をはじめ、まわりが一瞬身を引く。

  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐'::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: / 〃 7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ト \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl W|::::::::::::::::::::::::::::::/
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{


34 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:26:30.05 ID:YdNSUeIU0
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }   おいおい、いくらなんでも言いすぎだぜ。
    |! ,,_      {'  }   とりあえず厠に行こうか。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、   
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \   
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |
    l !        |       l  / |


35 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:30:07.79 ID:YdNSUeIU0

          /                             \
.        / /    /   /         \         丶
.      / /  /  /   , /  .i        丶    ヽ    ヽ
      //.:   / ::/  .:::/ .:|  .::l  、   .::.  :ヽ   ::..:',    .ハ
.     〃/.::/ .:/ .::,' .::::/ .::!  :::{   ::\ .::ヽ::.  ::l   :::::::l: :. .  ハ
      l.::,' : .:l :::::l ::::::l ::::{  ::::ヽ ::::::::\:::::ヽ::.. ..::l  :::::::::l::: :: :::. :l.:l
        |:/! :.:::| ::::ハ : ::∧::::八. .:::::i\..::::::l \::::\::::l  :::::::::l::::::::::: ! |
        |{│.:.::::| ::::::ハ ::l ヽl  ', :::::|  ヽ::::l  _\{-ヽ|  :::::::::|:::::::::::: i::l
       ! ! :. ;小、.:::::{ 代ート、 ヽ ..::l   >七´__,ィ=-、.」  :::::::::j::::::::;::: l:,'
        ', :::: l:: \::ムx≠于=ミ、\ヽ x=≠旡丁 `ドレ!  ::::::::;イヽ ::i:::::リ
          ヽ:::::lヽ::::\<ヾハ{.::::ヽヽ _ {    V、::::::.}├|  :::::∧ l:::,' .::/  待って!
         \l ∨::{!ハ  Vzイ} {!⌒ヘ}    r'zィリ / l .:::/ } ,ノ/l:::/     あなた・・・張禄先生?
           `  ',:::ゝム   ー' /   ヽ、   ̄ノ' | ::/ フ´::/ ル′
              ヽ::::`ヘー ‐ '´ '      ̄      |.::/´;::〃/
              ヽ::::{\      ャ‐、         jl:/::/:/ ″
               \:ヘ ヽ 、    ¨        //イ::/V
                 \!  ヽ>,、     , イ 〃:|::ト、
                     ヽj父rー<: : : : : : : {::l) ヽ、
                    /...::::::| : : :    : : 'y'     \
                   / .::::::/ノ      : : /        \
                  / .:::::::::::{′    : : : : :/           \


36 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:30:49.42 ID:YdNSUeIU0
       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  まぁ、そうですが別名があるお。それは(ry
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ


37 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:31:44.64 ID:YdNSUeIU0
               _. -−- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′   私が昭王。奥まで行きましょう。
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |
.       /    '、  ! /    .イ           ,!
      |       \l/ ィ´ ./        /
      |    / 〉t'^ヽ! ./           ,′
.      ,|   /  ,//|.  ∨          ,′
     /   \ノ/ !l /        /
.    /     / /  |.l/        /.|
   /      / /   ./           / |
.   l    / ./|  ./         /   ヽ


38 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:33:25.07 ID:YdNSUeIU0
       ____
     /      \
   / ─    ─ \    はい。あの別名は聞かなくていいのかお?
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



     ,. - 、
    イ,i  , ',      ・・・・結構。
    ハリ, i, ,i.リ
    ,ィ-"`''、'
  .ノ::::|i__ iハ
  r'::::ノ:::::::::V::::',
  '-ク::::::::::::'iヽ;::ヽ、_  _
  ( ::::::::::::::::ヽ`-,_;;タァi.|
  y"7i ̄ `マ、',  // |.|
  ti ̄`7ー-ァラ // .|.|
   ',  |i:: !´ //   |.|
    i .i.! .| //   .|.|
    |__.',i _',//    | |
    {::::::!';:::::',     |:.|
    .i:::::! i::::::!    .|: |
    !:::i/,';::::!    .|::.|
    |:::|/ i:::|    ..|:: |


39 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:36:23.65 ID:YdNSUeIU0
奥に着くと、昭王はさっそく范雎に話しを聞こうとする。

.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. W',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l    話を聞かせて・・・
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V            先生・・・
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ
      ーー ´,r'⌒', く.|_j      l/    ∠
     /、  ./     ',   ` ー‐ ´|     _ノ
    /   オヽ- /ヽ',      >-− ´
   / //  ./   ` ー-‐ ´
   ー'´ / /


41 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:39:44.14 ID:YdNSUeIU0
しかし范雎は黙ったままだった。

       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ


42 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:40:25.83 ID:YdNSUeIU0
范雎が話さない理由は、周りに昭王の側近が何名もいたためである。
説各の一番難しいところは、知識の全てを見せてしまうとその手柄は
横取りされ、失敗すればその全ての責任を負わされることである。

        ____
      / \,, ,,/\
    /( ●)  (●)||\   (参ったお・・・
   /::::::⌒(__人__)⌒::::U\   俺の秀才かつ美徳な策を横取りされたくないお・・・
   | U    |r┬-|     |    昭王、気づいてくれお!)
   \      `ー'´     / 


45 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:42:59.58 ID:YdNSUeIU0
范雎が一瞬、チラリと側近たちに目を向ける。
昭王はそれに気づいた。

                      ___
                  , . . .´. . . . .`.v−―- ..、
                 /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヽ、
                 /./. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
           ヽ_..イ. ./. . /. . /. . . . . . . . . .ヽ . . . \ . \
            /. ././. . /. . . ./. . . . . i. . . . . . .ヽ. . . . .', . . \
              /. . ././. . /. . . ./. .l. . . . .|. . . . . . . ヾ. . . . .',. .',. .ヽ
          /. . ././. . /./. . .j. . .|. . . . .|. . . . . . . . .',. . . . .',. .',ヽ._\
            j . ./ ..|. . .|. |. . . |. . .|. . . . .|, .ヽ . . . . . .', . . . ..l. . l
            | ./. /.|. . .|. |. . . |. . .|. . . . .|ヽ. . \. . . ..l. . . . .|. . |
            'イ. ./. |. . .|-|−-l- 、|\.. . |  \z‐ヽ−|. . . .:.| . ハ
            |. .l!. .|. . .|. |._ | . / ヽヽ. | '´ \. . ヽ!. . .:.:.|. .| |
            |. .|l. .|. . .|.く.イ.干≧ミ  ヽl  ィ≦干下>. . . j. / j
           Yハ..|. . .|   代ュ ::}.l 、   ,r .代ュ ::}.lイ. . . イ./     彼方たち、下がりなさい。
             ハ ..小イ 弋辷ソ  }_{.   辷匕リ }. //.レ
             , イハj. ハ、     リ⌒ヽ.     rォ/ ̄ ̄ ヽ
           /: :.| ;;;|∧ >==''′-  `==イ| |! こつん |
         _/: : : : | ;;;;  V  l > .. _ .. <  |._.| ト、ー―‐へ
       / 〃: : : ヽ: :l .;;;;    |ー 、     , -rf 1 j ヽ.V;; /: /}
      /: : : :_ : : ヽハ. ;;;;    |ー‐、    z‐| !     }//://
     //: : : ―--:: ニュ:ハ. ;;;;.   |二ヽ.\/z二ト、   /}〃: :/へ
   /: : : : : : : : 二>'  V:\ ;;;.  |  \二/ ∧ :  ̄: : : :V-く: : :/
   ヽ : : : : : : :二:く     V: :\ ;; ヽ      /  }、: : : : /: : :/:イ
     \ : : : : : : : :.\,r.、 V: : : ヽi、 \ rA / ,,;; く: : ̄ : : : : /: : |


46 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:45:25.96 ID:YdNSUeIU0
側近は何も言わず立ち去る。そこでやっと口を開いた。

              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \     王様は太公望の話知ってる?
           /   (●)  (●)  \   昔、周の文王が太公望に会ったのは渭水のほとり
           |     (__人__)      |  太公望が釣りをしていた時だお。
           \   mj |⌒´     /   釣りっていっても魚を釣る釣りのことね
              〈__ノ
             ノ   ノ

                ____   ,
              /     \  -    彼らは初対面だが、
            / ―   ― \`    文王は太公望の話を聞くや太師と仰ぎ
           /   (● ) (● )  \  自分の城へ迎え入れた。それというのも、
           |     (__人__)      |  太公望の話が文王の心に響いたから。
           \ .   `⌒´     /   そんで王者になったお。
.           mj~i
           〈__ノ
          ノ   ノ
                ____
              /     \
            / ⌒   ⌒ \    もし文王が太公望をただの釣り人と軽んじていたら
           /   (●)  (●)  \  王者になれなかったろうね。
         _|__    (__人__)      |
       /   \    `ー'´     /
 /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ ピトッ
 |  |  | { .::::::●:::::  }
 |  |  |  \ ::::::::::::::/
 ヽ ヽ ヽ   `ー一'´


47 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:49:31.03 ID:n/4M8h4f0
今北
>>1どんだけ中断してんだよwwww
逃亡したと思ってたわww

48 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:51:11.38 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \        ところで、俺は王から見ればよそ者。
   /  ─    ─\       信頼もなにもないお
 /    (●) (●) \     これから俺の話は政治の姿勢を正すこと。
 |       (__人__)    |    肉親の間をどう正すか重大な問題だお。
 \     ` ⌒´   /      だが、王の本心がわかりかねる。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     故に、俺はお答えしなかったんだお。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


49 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:54:02.67 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\       俺は何も処罰を恐れてそう言ってるわけじゃない。
 /    (●) (●) \     俺の意見で政治が正されるなら、明日処刑してもいいお。
 |       (__人__)    |    なぜなら、俺は政治を正したという名誉が後世に残るからな。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


50 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:54:57.52 ID:YdNSUeIU0
   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l  先生、何を言うの。
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   我が国は僻地、それに私も愚か者。
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙    そこに先生が来てくれたのは正に天意・・・。
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


51 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:58:00.00 ID:YdNSUeIU0
              、
               |ヾ丶 、
               | ヾ  ` .-─- 、
              ヽ ,.゙.-: ´: : : : : : : ン- 、
              ノ: : : /;r: : : : : ´: : : : ヽ __
             ア: : : :/L〃: //: :,.: : : : : :.l   `.ニァ
            /: : : : / l/l゙ト:,l/!: / /: :./: : :.l.. ‐ ´ ,/
            7r'7 /7:::ミ l/ ∨ト'、: /: : : : l  /
            7ハl |〈:::::/    、_'^|:ソ: : /: : : l´    太后、重臣のこと、なんでもいい。
     ィli.     ,.イl´| | `′,   /:::::ヽ: :./: : : 从    本当のことを教えて。
    イヘヘヽ1  /:::::| | ト.| 、 、   ヽイ /t: : j:/ `       私を信じて・・・
    ミヾミミtヽ. |:::::::| | |  ,ヽ、_    //ノ/イ1
     ` -こヘ.l1|:::::::| | |  |__   /¨Z.-' 」"´
         ヽヘヘ|:::::::| |. l. | ヽ//,r'´/::/
       _/\._|::::::ヘ. 、.∨  /// /::::/
      ,l.  厂:::::|::::::::ヘ ヘ| ,/'ノ/::::::/
    r←,.ー':::::::::::l:::::::::::ヘ | /´/::::::::∧ヽ_
    |  l::::::::::::::::::!::::::::::::ヽム'::::::::::/::::ヽ__|_
   ┌'¨フ::::::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::/::::::::::::::|  |
   | l:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|:::::::::/::::::::::::::r'`7
    ソ`ヽ、:::::::::::::::|:::::::::/::::::::/::::::::::::::::| /
     \ ,/ ̄`ヽ人::::/:::::/_:::::::::::_/ ,!
      ヾ___〔   | ̄ヽ __`¨´|  _/
       \     `´ 7ー'^ ヽ._ | l´
        ヽ.    /     / `´
          ` ー'ー-‐ ´


52 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 21:58:42.03 ID:YdNSUeIU0
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \     わかったから、その目線やめてお。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


53 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:00:58.29 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\       秦は四方を自然に囲まれた国。
 /    (●) (●) \     守ってよし、攻めてよしの王者の地ですお。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


54 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:01:40.70 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\       この国力を背景に諸侯にのぞめば
 /    (●) (●) \     覇を唱えることはたやすいことで
 |       (__人__)    |     今まで斉国には兵をだそうとしなかった。
 \     ` ⌒´   /      これは王の身内の穣公のやり方にもんだいがあり、
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.       王の責任でもあるお。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


55 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:04:39.50 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\       ところが今頃になって穣公は
 /    (●) (●) \      韓・魏を乗り越え斉に攻め込み
 |       (__人__)    |     自分の領土にしようとしてるお。
 \     ` ⌒´   /       これは得策と言えず、愚策ですお。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


56 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:05:26.51 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\       少しばかりの兵じゃ斉をいためるのは無理だお。
 /    (●) (●) \     といって大軍をくりだせば本国の秦が危険ですお。
 |       (__人__)    |    俺の考えは、王は少しだけ兵を出し、韓・魏には
 \     ` ⌒´   /      全兵力を出すつもりでしょう?
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


57 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:06:12.86 ID:YdNSUeIU0

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│   そう。
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ    (急にまじめになったわね・・・)
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ  〃イ孑代勹 イ } /
.        Vハ  |   r';;_zj      r';;zリ / , '//
        ヽ ',  |         、     /  / 
         `ヘ lヽ       _      厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l


58 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:09:33.65 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\      それは見通しが甘いお。
 /    (●) (●) \    他国の領土越しに戦争をはじめてどうするんだお。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


60 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:13:31.80 ID:2UEj69ZY0
この時点の国力だと 秦=斉>魏・趙・楚>韓・燕 くらい?

61 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:14:07.59 ID:YdNSUeIU0
>>60
そのくらいですね。

67 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:23:34.58 ID:2UEj69ZY0
>>60-61
斉が楽毅に攻め込まれた後なら
秦>趙>斉・楚>魏>韓・燕 ぐらいだな
話をぶった切ってスマヌスマヌ

73 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:50:20.46 ID:WIoUGX920
東周英雄伝でも読むか・・・・・・・・

76 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:51:57.04 ID:/hrppkYc0
>>73
kwsk

82 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:58:15.45 ID:WIoUGX920
>>76
あまぞんでサーチしてみてくれ。史記の漫画だ。超オヌヌメ

62 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:15:01.82 ID:YdNSUeIU0
              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \     斉国にこんな話があるお。
           /   (●)  (●)  \  斉のビン(※)王の時代、南の楚まで攻め込み
           |     (__人__)      | 千里四方の領土を手に入れたお。 しかし、
           \   mj |⌒´     /   せっかく手に入れた領土を守りきれず敗走したお。
              〈__ノ
             ノ   ノ          ※さんずいに『昏』


                ____   ,
              /     \  -
            / ―   ― \`    その結果、国は長い戦で疲弊しただけだお。
           /   (● ) (● )  \   そこに楽毅ひきいる5カ国連合軍に攻められ
           |     (__人__)      |    大敗したお。
           \ .   `⌒´     /
.           mj~i
           〈__ノ
          ノ   ノ


                ____
              /     \
            / ⌒   ⌒ \     ビン王はこの責任を孟嘗君になすりつけて  
           /   (●)  (●)  \   孟嘗君は亡命したんだお。
         _|__    (__人__)      |
       /   \    `ー'´     /
 /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ ピトッ
 |  |  | { .::::::●:::::  }
 |  |  |  \ ::::::::::::::/
 ヽ ヽ ヽ   `ー一'´


64 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:18:48.21 ID:YdNSUeIU0
       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  ここで見落としてはいけないのは、
  |    mj |ー'´      |  大国の斉がなぜ、そうなったかということだお。
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ


66 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:19:32.15 ID:YdNSUeIU0
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   斉が遠く楚を攻めている間に、燕、魏、韓、趙は
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\  戦力を充実させてしまったんだお。
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


74 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:51:20.28 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\      これでわかったと思うが、
 /    (●) (●) \    遠国と結んで近国を攻めるのが最上の策だお。
 |       (__人__)    |    一寸の地をとれば一寸の得、
 \     ` ⌒´   /     一尺とれば一尺の得
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.      それを捨てて斉を攻めるのは間違いもはなはだしいお。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


78 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:54:12.97 ID:YdNSUeIU0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\       もし王が天下に号令しようと思うなら、まず天下のかなめにある
/    (●)  (●) \     韓・魏と親交を結んで、楚・趙に圧力をかけるんだお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


80 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:55:57.65 ID:YdNSUeIU0
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  楚が強ければ趙を、趙が強ければ楚を味方につけ、
  |     |r┬-|       |  / 楚趙の両国を味方につけりゃ
  \     ` ー'´     //   斉は恐れて友好を求めてくるお。そうなりゃ、
  / __        /      韓・魏も俺たちのものだお。
  (___)      /


81 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 22:57:04.78 ID:YdNSUeIU0

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//    悔しいけど、すべてもっとも。
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /      私も魏とは手を握りたいとは思ってたけど
         `ヘ lヽ  """       "" 厶 ./         心変わりのしやすい国で信用できない。
             ', {.代ト、     ´   , イ | /     
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./             ・・・どうしたらいいの?
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l


83 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:01:08.26 ID:YdNSUeIU0
      ____
     /\  /\      まず腰を低くして友好を求め、
   /( ●)  (●)\     聞き入れれば領土を割いて与えるんだお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /


84 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:02:16.87 ID:YdNSUeIU0

        , -‐: ¨: ̄: ̄:~`¨:ー‐-. .、
       / : : : : : : : : : : : : : : 、 : : : :\
     /: : : : : : : : : : : :\: \ : \: \: \
    /: : : : : : : : : : : : ヽ :ヽ :ヽ : : ヽ : ヽ:ヾゝ
   /: : : : : : : : : /: !: :| : :| : : L.;,ム: : : }: : ト、|
   |: : : : : : !: : : |: :ム:」∨!: :∧| ヽ: : |: ! :| リ
   | : : : : : |: : : :!ノ V  lノ  イチリ>レi: ハノ      もし友好に応じなかったら?
   |: : : :ヽ |: : : :|,,イテカ     ゞ:」  |レ:|
  .ノィ: : : :` !: : : !`ゞ:::」      ,    }: /.|
    ヾ!: : : ヽ: : :ヽ      c   /:/ リ
      \: : : \: :ヽ        /: :|
       リヽNレゞヽゝー--┬‐_' !ハ|
       ,,==ヘ^ヾヘ \   l ヾヽー-- 、
     /::::::::::::\\\ `く ̄t―-、| | |\
     /::::::::::::::::::::::ヽ ヽ } r'ミ/7) `</:::::|
     |:::::::::::::::::::::::::::| | | ヽ〈 ヾ   }:::::::::\
     {:::::::::::::::::::::::::::! ヾ\ L ___   /\:::::::::|
     ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ \〈:::::::::::ヽ! /^ヘ::


87 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:05:11.36 ID:YdNSUeIU0
        ___
      /      \
   /          \    その時は征伐すればいいお。
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /


.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 '    イ孑テフ イ } /        よくわかった。
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//     先生の言うとおりにする。
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /        こ、これからもよろしく・・・
         `ヘ lヽ ////   _  /// 厶 ./
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー-


85 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:04:20.67 ID:Mv437WSf0
> これでわかったと思うが、遠国と結んで近国を攻めるのが最上の策だお。

これって当時としてはそんなに凄い考え方だったの?

89 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:06:12.97 ID:YdNSUeIU0
こうして范雎は客卿(かくけい)として迎えられた。
范雎はこの時、用心して外交策だけを説いた。
その後、『遠交近攻』は秦の基本戦略となる。



         ____/ ̄ ̄
          / │ ̄\__     ゴゴゴ・・・
            /

        ..     、      ,_
        ̄\_/ ̄ ̄\/ ̄     ゴゴゴゴゴゴ・・・
    ___/ ̄へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_
    ´        /   \


      _   ./ ̄ ̄ ̄\    /
    __ `ソ/ ─  ─  \/ ̄/
      \/゚ (●)。 (●)  \/ rへ,ノ   ・・・・・・
 __>-へ| i     (__人__)    |ノ  :.\_
      .:/从へ、.゚` ⌒´o.ノ从rーヘ_
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \
          .::┘   :│   ゚


91 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:07:46.22 ID:wOQNLSOh0
こいつが遠交近攻を考えたのか。やっぱ中国すごいな。

90 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:07:24.30 ID:YdNSUeIU0
秦王はさっそく魏に友好を求めたが、魏は応じなかった。

               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、    何?秦王が友好だと?却下だ。
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,     
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l


93 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:08:45.36 ID:YdNSUeIU0
秦は武力を行使し、魏の壊城を落とした。

          / ̄ ̄\
        / ─  ─\
        /   (●) (●)ヽ
       .|    (__人__) .|   武とは、こういうことだよ・・・
       |      ` ⌒´  |
       ヽ         / ___ ___... ---、_
       _L⊥┴  ̄  ̄ 7:l=ト、「「 ,-…¬:、l 「 ll\
   _. ‐' ´7/´. : : : : : : : : :l: llXl.:.l.l |i r=, l||||トr'|
一7´: : : ://: : : : : : : : : : : l: |lX|:.l | ||_'‐'_」 ト|||| | |
`ソ.: : : : ://: :_:_: : - … .二L」lXヒ| | ト-‐…くノ-く r'r'
/ニ二_"´「 "´ ,-‐ ¬T_ゝ、__]二L_`仁ニて ̄\_-ヘ.
\ー-┘_> -‐_ヽ二 ̄-‐イl¬…‐-|`ー¬\r'´_>ヘ.ヽ
_/仁,ー!l _凵-, l |i⌒Y|二H¬…‐-[ニ、___[_ Y- ‐‐┴0
  仁Y!l {-‐¬! ド- '仁ニH¬…‐/  >‐、- V    / l
  仁-!l {-‐¬l |i⌒'仁ニH¬…‐l. / __L. 」二=ミY |
___仁'-Ll/'''7ニl.ド-イL-┴'ァァ=h l/´/´/´しイ| !L/
-rヘ_/~/_/ ̄/テ二「 「l  | | Fl l.l | ,' ,' ,' tニノノ´
| /   __// r┴| l |  l | L! |.l l l. l. | l.__! } |
.l ハ,ニ ̄-‐、ヽl_,. イ. | l || r1」ノ_ハ ', ',. '、,__,ノノ
l 」ハ t‐t¬、ヽヽ-ヘヽヽ ヽ`二「「 ̄ヽ、ヽ._ヽニン
>、l=ハ ヽゝ┘」 `ーr ⌒「  ̄工   l   「`TT ̄
┐T `ー、二 ̄`<r'⌒l  / ハ  l'…‐L//
7!. l  _,...ト、 ̄ヽヽ__  l  l _.」 l_!…‐l‐'
/|._仁´-‐イ ヽー'¬' ̄仁.l  | 仁」_¬キ


94 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:10:14.25 ID:9k6t41HMO
>>93
うそつけwwww

95 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:10:41.91 ID:YdNSUeIU0
ある日、范雎はひそかに離宮をおとずれた。

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  えへへっ
    |┃  |r┬-|     |⌒)遊びに来たお!
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)


96 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:11:42.85 ID:YdNSUeIU0

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,    何か用?
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l  
    ノ | ! │   | /_// //  /::::,' ∧ / |  / j   l│               _ ,,, - '''  
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ /::::/∠ニ「厂! / ,/  / リ           _ ,,, - '''   _ ..-
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ::::::〃イ孑代勹 イ } /        _ ,,, - '''   _ ..-:.:.'':.:.:.:.:.:
.        Vハ  |::::: r';;_zj :::::::::::::::::::: r';;zリ::::/ , '//   ,,,,,,,- ''''     _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        ヽ ',  |         、     /  /     |     _ ..-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
         `ヘ lヽ       _      厶 ./      |,,..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             ', {.代ト、          , イ | /       :i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./       .|:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            / ヽj       {`ヽ   ′       |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        _ /  「´       _ _\     _ _ ._|;」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:;;:.:.- '''
    _, -‐ ´     l   ,,<´-i'' 丶\ ∠ー^i `i ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶''
. r<\\       ,r-/ ̄ i  l.  ヾ ̄-−´  l l  |:.:.:.:._:. - ''.
 y⌒ヽ \\     l-=|,,-=ト-==|===|      |,,」,,- ''\
 |     \\   |,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,;ネ ,,,, - '''      ヽ


98 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:13:11.13 ID:YdNSUeIU0
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \     は、はい。できればお人払いと、
    |      ` ⌒´    |        そのナタをしまってくれお。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


99 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:15:31.43 ID:YdNSUeIU0
           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||    みんな出て行って。
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ     
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ


108 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:22:36.02 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \        それじゃ話させてもらうお。
   /  ─    ─\      俺はかつて東国にいていろいろと諸侯の話を聞いたお
 /    (●) (●) \     斉について孟嘗君の名を聞いても王の名を聞いたことがないお。
 |       (__人__)    |    そんでこの秦も、太后、穣公、華陽君などの名を聞いても
 \     ` ⌒´   /      王の名を知らなかったお。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


110 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:23:46.69 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\      王というのは国の実権を握ってこそ王というんだお。
 /    (●) (●) \     利害も手の内にあって、
 |       (__人__)    |     生かすも殺すも思いのままになるのが『王』だお。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

       ____
    /      \
   /  ─    ─\      だが秦では太后は王を無視し、勝手振る舞い、
 /    (●) (●) \     穣公は勝手に諸国と約束を取り決め、王に報告もしてないお。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


112 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:25:33.04 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\     王が何の決定権も持たないから将兵も王を無視してるお。
 /    (●) (●) \   こんなことでいつまで王位が保てると思ってるんだお? 
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


114 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:28:00.46 ID:YdNSUeIU0

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\       王というのは国内では威勢を固め、
     /    (__人__)   \      他国からは重視される。
     |       |::::::|     |      これを理想の君主と言うんだお!!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       Σ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


116 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:29:45.45 ID:YdNSUeIU0
     ____
   /      \ 
  /  ─    ─\    この国では穣公が勝手に軍勢を動かし諸侯を意のままに操り
/    (●)  (●) \   戦に勝って領土を取れば自分の領地にし、
|       (__人__)    |   負ければ責任は王に押し付けてるお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


118 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:31:22.40 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\      周りの国をよく見るんだお。
 /    (●) (●) \    斉の重臣「崔杼」は主をしのぐ実権を握り
 |       (__人__)    |     崔杼は主君荘公を殺したお。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


119 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:33:24.69 ID:YdNSUeIU0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\      ところで、我が国にも太后、穣公などが
/    (●)  (●) \    政治の全てを動かしていて
|       (__人__)    |    秦には王がいないのと同じだお。
/     ∩ノ ⊃  /      これでは崔杼と同じ事件が起こっても
(  \ / _ノ |  |       不思議じゃないお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


121 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:35:33.80 ID:YdNSUeIU0

        ノ L____
       ⌒ \ / \      王はこれをどう考えてるんだお?
      / (○) (○)\     地方の役人から官廷の官支、
     /    (__人__)   \   左右の近習まで全て穣公の息のかかった者ばかりだお
     |       |::::::|     |    王は一人孤立してると思わないのかお!?
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       Σ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


124 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:37:53.02 ID:YdNSUeIU0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\      これじゃ次の秦王は
/    (●)  (●) \      王の子孫がなってるかわからなくなるお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



       ____
    /      \
   /  ─    ─\     骨肉の争いは嫌だろうが、王というのはどうなのか
 /    (●) (●) \   よく考え、決断してくれお。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


126 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:39:07.19 ID:9k6t41HMO
なんで上から目線なんだよwwww

127 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:39:31.49 ID:YdNSUeIU0
           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/     先生の言うとおり・・・
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//       だけど、母や叔父は私を王位つけてくれた。
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/        少し考えさせて・・・
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ


129 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:42:13.43 ID:YdNSUeIU0
       ____
    /      \
   /  ─    ─\      あせることはないお。
 /    (●) (●) \    今は乱世、じっくり考えるんだお。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


131 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:44:17.78 ID:YdNSUeIU0
この3日後、昭王は自分が実権を握ることを決意し太后、穣公などを領地に隠居させる。
そして、范雎は昭王の命により宰相になる。
こうして范雎は強国『秦』の宰相まで上り詰めたのである。

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\      便所に放り込まれた俺がここまで出世したんだお。
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \    みんなもがんばればきっと出世できるお!
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |  (u)  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


                                       〜fin〜


133 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:46:33.80 ID:2UEj69ZY0
乙!
よく穣公は反乱をせず隠居したよな

136 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:48:39.77 ID:WIoUGX920
乙!!

治世のニートも乱世の姦雄・・・・かもしれない、ということか!

134 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:47:44.01 ID:YdNSUeIU0
以上で中編は終了です。

長い間待たせてしまったこと、規制にかかり迷惑をかけたこと

大変申し訳ございませんでした。

皆様が支援したおかげで、なんとか終了できたことをお礼申し上げます。

ありがとうございました!!

137 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:49:44.38 ID:YdNSUeIU0
次回は後編です。

おそらく今回よりは速く終わると思います。

よかったら見てくださいです・・・

では!

ノシ

138 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:49:48.88 ID:pEkMIL9b0
さるに襲われるのはスレ主の定めさね。あんまりキニスンナ

次回はいつ頃を予定してるんだ?

139 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:51:01.76 ID:YdNSUeIU0
>>138

出来れば7月上旬を予定してます。

まだまだ忙しくて・・・

申し訳ないです。

140 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:51:57.39 ID:2UEj69ZY0
>>137
後編は長平の戦い・白起との確執だな!
楽しみにしてるぜ!

141 :VIPがお送りします:2008/06/30(月) 23:52:52.96 ID:9k6t41HMO
気長にまってるよ!






【司馬遷伝】  【管仲伝】  【驪姫伝】  【重耳伝(前編)】  【重耳伝(後編)】
【范雎伝(前編)】  【范雎伝(中編)】 ←いまココ 【范雎伝(後編1)】  【范雎伝(後編2)】





米欄で「史記」やってるよと言われるまで全然気付かなかったです/(^o^)\
>>47と同じく、逃亡したものと思ってましたwwwww


posted by キティ at 11:51 | このエントリーを含むはてなブックマーク | Comment(1) | TrackBack(0) | (´・∀・`) ヘー
(「・ω・)「 お世話になってるヨソ様ー
海の幸 (VIP)
山の幸 (etc)


この記事へのコメント
  1. おおwww
    遂に更新ktkr
    Posted by 名乗るのマンドクセ('A`) at 2008年07月04日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



最近業者のスパムが多いので『://』を禁止にしました。
コメントにURLを載せたい方は『http://』を抜いたアドレスでお願いいたします。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。